macOS Big Sur 11.2、正式リリース Bluetoothの信頼性が向上

最新バージョンでは多くの不具合や問題も修正されている模様

Macos big sur 11 2 updare

Appleは2月2日、macOS Big Sur 11.2を正式にリリースした。

macOS Big Sur 11.2では、Bluetoothの信頼性が向上。M1 Mac miniで発生していた外部ディスプレイの不具合、システム環境設定で管理者パスワードを入力してもロックが解除されないバグなど、様々な問題を修正している。リリースノートは以下のとおり。

macOS Big Sur 11.2のリリースノート

macOS Big Sur 11.2を適用すると、Bluetoothの信頼性が向上するほか、以下の問題が修正されます:

  • Mac mini(M1、2020)にHDMI-DVI変換アダプタを使用して外部ディスプレイを接続すると、画面が真っ暗になる場合がある
  • “写真”アプリケーションでApple ProRAWの写真の編集内容が保存されない場合がある
  • iCloud Driveのオプションで“‘デスクトップ’フォルダと‘書類’フォルダ”を無効にすると、iCloud Driveがオフになることがある
  • システム環境設定で管理者パスワードを入力してもロックが解除されない場合がある
  • 地球儀キーを押しても“絵文字と記号”パネルが表示されない場合がある

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。
このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT211896
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

関連情報
カテゴリmacOS Big Sur
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:595195)

    このバージョンアップは、M1 Macの場合、更に快適になった気がします。不具合は今のところ感じられません。

「macOS Big Sur」新着記事
トレンド検索