macOS Catalinaの不具合、アプリの動作不良、各種問題報告まとめ

アップデートは慎重に!アプリが最新macOSとの互換性がなく、起動できない場合も

Spark doesnt work on catalina01

macOS Catalinaにアップデートすると「Office 2011」などの32bitアプリが起動不能になることを伝えたが、64bit対応アプリでも起動できない場合やクラッシュしてしまう場合がある。

本記事ではmacOS Catalina」にアップデートすることによって現時点で分かってる起動できないアプリや各種クラッシュ、不具合などを分かる範囲でまとめたので、アップデートを検討している人は参考にどうぞ。

なお、本文中に書ききれていない内容もあるので、コメント欄に皆さんが投稿して頂いた不具合情報もあわせてチェックするべし!

【不具合情報、随時募集中】
「このアプリは起動しなかった」「これはクラッシュした」「これの動作がおかしい」などの報告があれば本記事のコメント欄やTwitterなどで連絡をもらえれば本記事に随時追加します。

macOSのバージョン(今後アップデートもあるので念のため)、Macのモデル(例:MacBook Pro 2019 15インチ)などの情報も添えていただけると読む皆さんに伝わりやすいかと思います!ご協力お願いします!

Photoshop/Lightroom Classic:一部プラグインが動作不可

Adobeによると、「Photoshop」および「Lightroom Classic」は一部プラグインが正常に動作しないことが公式情報として発表されている。

不具合が報告されている機能を利用している場合、問題が解決されるまで「macOS Catalina」へのアップグレードは一旦見送り、現行のmacOSバージョンのまま様子を見た方が良いかもしれない。

また、現時点で報告されていない不具合も出現する可能性があるため、ペンタブやプリンタなど、作業に必要とするハードウェアも含めて正常に利用できるかどうかを確認した上でアップデートすることをおすすめする。

Photoshop 20.0.6

Photoshop Save As dialog

  • ファイルを保存するのダイアログボックスでファイルの拡張子を変更しても正常に反映されない。ファイル名を変更することによって一時的に回避可能。
  • 一部プラグインが動作しない。 「ファイルが見つかりませんでした」や「統合性を検証できないためプラグインが開くことができない」などのエラーメッセージが表示されてしまう。
  • 古いバージョンで作成されたドロップレット(32bit)が動作しない。
  • 「ExtendScript Toolkit」が動作しない。理由は32bitであるため。
  • 「Len Profile Creator」が動作しない。理由は32bitであるため。64bitアプリへの移行も検討中。

Adobe公式の情報はこちらからどうぞ

Lightroom Classic 8.4.1

  • Nikon製カメラとのテザリングが動作しない。
  • 「Len Profile Creator」が動作しない。

Adobe公式の情報はこちらからどうぞ

iTunes:XMLファイルのサポート終了

The Vergeによると、「macOS Catalina」では新しいライブラリフォーマットを使用しているため、XMLファイルがサポートされないことを明らかにしている。

これにより「iTunesライブラリXMLをほかのアプリケーションと共有」が利用できなくなり、iTunesのライブラリデータを他のアプリで連携して使用していたDJに影響しているとのこと。

なお、Appleはこれを「macOS Catalina」で対応するつもりはないようで、XMLファイルを必要とする場合は使用しているアプリが新しいフォーマットに対応してくれることを待ち、アップデートを控えるように推奨している。

Spark:アプリがクラッシュする【解決済み】

アップデートが配布され、無事動作するように。

メールアプリ「Spark」は起動せず、クラッシュしてしまう。アップデート直後は特に問題なく動作していたが、「Spark」からカレンダーに予定を追加したところクラッシュ。

以後、起動できないループに陥り、アプリの完全削除→再インストールしても起動できず。

Chrome:プラグインが原因で起動しない可能性

一部では「Google Chrome」がクラッシュするという不具合が報告されている。現状、僕は問題なく利用することができているため、プラグインが干渉している可能性がありそうだ。

本体が異常に熱くなる・ファンが周り続ける

本体が異常に熱くなったり、ファンが回り続ける不具合も報告されている。僕の「MacBook Pro 2019」もどちらも遭遇しているが、アプリケーションが正常に最適化されていないのか、アップデート後にバックグラウンド処理を行っているのか、原因は不明。

少なくとも「写真」アプリはアップデート後にリコメンド機能を最適化するためにバックグラウンド処理が行われるため、しばらくの間はファンが回っている。また、その最適化が優先され、写真の同期が後回しにされるようだ。

コメント投稿者によると、メモアプリがCPUを専有しているとの情報もあり。

Google Chromeのフォントが崩れる、太字になってしまう

Chrome Fonts 01

「macOS Catalina」では「ヒラギノ角ゴPro/ProN」が削除されたため、Google Chrome」のフォントが崩れてしまい、明朝体で表示されてしまう問題を報告している人が多数。これは、Sans Serifフォントが未設定状態になってしまうことに起因するようで、暫定的に「ヒラギノ角ゴシック」などを設定すれば元通りになる模様。

設定方法は、「Chrome」の設定から「フォントをカスタマイズ」を表示し、「Serif フォント」と書かれている箇所を「ヒラギノ角ゴシック」に指定すれば良い。

この明朝体問題とは別に、フォントが全体的に太字になってしまう問題が見受けられる。フォントをあれこれ変更してみたが、Safariのような洗練された見た目にならない。
Font Comparison 01
左がChrome、右がSafari

これは「Chrome」の問題なのか、「macOS Catalina」の問題なのかは分かっていない。

Docker for Macが起動しない【解決策あり】

「macOS Catalina」ではDocker for Macを起動してもすぐ停止してしまう不具合が起きているようだが、すでに対処法が公開されていた。

Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除」が動作しない

いくら待っても動作しない。「macOS Mojave」のMacでは問題なく動作するので、やはり「macOS Catalina」になにか問題があるのではないかと疑っている。

アーカイブユーティリティで展開後、アーカイブがゴミ箱に移動しない

Another set of catalina bugs 01

アーカイブユーティリティでzipファイルを展開後、「アーカイブをゴミ箱に入れる」設定が有効化されていても、正常に機能していない。アーカイブを展開しても、アーカイブは残ってしまうため、手動で削除する必要がある。

Alfredで同じアプリが2回表示される【最新バージョン購入で解決】

Another set of catalina bugs 02

アプリランチャー「Alfred」でアプリを検索すると、同じアプリが2回表示される。

これを解決するためには僕が使用している「Alfred 3」ではなく、最新版の「Alfred 4」にアップグレードすることによって不具合が解消されるとのこと。

Time Machineが故障、プレイリストがすべて削除

コメント欄のユーザーによると、「Time Machine」が故障し復元不可になったことに加え、クリーンインストール後、iTunesライブラリにあったプレイリストがすべて消えたとの報告がある。

環境依存なのか、実際にバグなのかは分かっていないが、クリーンインストールは一旦控えた方が良さそうだ。詳細は以下からどうぞ。

別のコメント投稿者からの情報によると、通常アップグレード後、「iTunes」フォルダと新たに出来た「Music」フォルダをバックアップした後、「macOS Catalina」をクリーンインストールした上でミュージックフォルダに戻した結果、プレイリストを含めて元通り環境が再現できたとのこと。

Time Machineが破壊されてクリーンインストール後復元できませんでした。 また、クリーンインストールした際、iTunesライブラリをMusicライブラリに読み込ませたところ、プレイリストが全部消えました。

完全初期化した状態でiTunes Storeで購入したものだけをダウンロードした後、別途保存していたMP3を取り込んでもiPhone/iPadに同期取れていません。

…なんか、これまでになくシステムにバグが残っている感じがするので、クリーンインストールはしない方がいいと思います。

Mojaveからのアップデートの場合、iTunesライブラリはちゃんと反映されますが、AppleTVやPodCastは反映されませんでした。ただ、iPad mini5との接続ができない(Finder上で出たり消えたりをくりかえして実質なにもできない状態になりました)という症状が起きていたので、ある程度落ち着くまではアップデートしないというのがいいかな、と思いました。

(この現象はMacBook Pro 15″ Lata 2013で起きてますが、MacBook 12″(2017)では起きてません)

iPhone/iPadのRemoteアプリから、ミュージックアプリのリモート操作が不可に

コメント欄のユーザーによると、iPhone/iPadのRemoteアプリから、ミュージックアプリのリモート操作ができなくなっているとの報告がある。プレイリストの中身は見えるものの、再生や停止などのコントロールがグレーアウトになって操作できないとのこと。

iPhone/iPadのRemoteアプリから、ミュージックアプリのリモート操作ができなくなってしまいましたね。
β版の頃から明らかになっていた問題のようですが、プレイリストの中身は見えるものの、再生や停止などのコントロールがグレーアウトになって操作できない状況です。

使えなくても致命的な問題ではないものの、使えると地味に便利なので、早めに対応してもらいたいところです。
Appleの純正アプリでもあることですし…

Bluetoothの動作が不安定、キーボードの入力遅延、クリップボードアプリの不具合

コメント欄のユーザーによると、以下の症状を報告している。

  • Bluetoothが不安定(キーボード入力に大きな遅延や「っっっっっっっっあ」と言った同じキーを押し続けたような動作)
  • クリップボードアプリ「Copied」にてiCloud同期の不具合
  • 正常にコピーを記録できない、重複して同じものが複数表示されるなどの不具合

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) にてv10.15にアップデート後、Bluetoothが不安定になりました。
スリープやスクリーンセーバーからの復活後や一定時間が過ぎたタイミングで反応が鈍くなり、
マウスがスムーズに動かなかったり、キーボード入力に大きな遅延や「っっっっっっっっあ」と言った同じキーを押し続けたような動作をしてしまいます。
Bluetoothをオフ→オンすることで一時的に正常に戻りますが、やはり同様の現象を繰り返します。
他社製IME (Google) や BetterTouchTool 等が干渉しているのかとも思いましたが恐らくBluetoothが原因かと。
試していませんがNVRAMリセットやBluetoothの設定ファイル再構築等で治るかもしれません。

次に、
クリップボードアプリ「Copied」にてiCloud同期の不具合がありました。
管理していた全てのリストと履歴が消えてしまい、一度同期をオフ→オンにすることで再同期をしてくれましたが
その後、一部の保存した履歴がまた消えていることに気づきました。
同期先のiPhoneやMBPでも消えているのでiCloudデータ上から完全に消失したようです。
また、正常にコピーを記録できない、重複して同じものが複数表示されるなどの不具合も(実際には該当のテキストではない・中身が存在しない)。

いずれの不具合も常用しているものだけに遭遇すると致命的。
スニペット用にしてた記録消えたのは死にたい…

一部のフォルダアイコンが白紙になってしまう問題

コメント欄のユーザーによると、一部のフォルダアイコンが白紙になってしまう不具合に遭遇したという。セーフモードで起動しても白紙、そのまま再起動して通常起動しても変わらないとのこと。

こちらの環境だけでしょうか、Catalinaにアップデートしてから、一部のフォルダアイコンが白紙になってしまいました。セーフモードで起動しても白紙、そのまま再起動して通常起動しても変わりません。
外付けHDDを3つ(うち1つはTimeMachine用)使っていますが、2つともその症状が出ています。あまりアクセスしないフォルダが白紙になるんでしょうか。。。

ボリュームをマウントできても変なメッセージが表示される問題

コメント欄のユーザーによると、ボリュームをマウントできてもメッセージが表示さっれたり、アンマウントできない問題に遭遇しているとのこと。

VeraCrypt、MacFUSEのせいかマウント出来ても変なメッセージが出る。またボリュームをアンマウント出来ない。

写真アプリのキュレーションが終わらない問題

コメント欄のユーザーによると、「写真」アプリのキュレーション機能が10時間立ち上げたままであるのにも関わらず、終わらない、という現象が起きている模様。なお、枚数は写真は4,905枚、ビデオは362本だそう。

僕も同様にいつまで経っても終わらないと感じた。ほぼ丸1日かけて終わったような気がする。

「写真」がずうっとキュレーション中で、終わりません。ちなみに10時間以上「写真」を立ち上げたままです。

別のユーザーによると、プログレスバー7割から10日以上動かないと報告している。

写真アプリの整理が終わらない問題
写真26,000枚、ビデオ3個
プログレスバー7割くらいからから10日以上動いていません
MBP2019、iMac2017両方とも再現中です

Mac App Storeの購入履歴が全く表示されない状態に

コメント欄のユーザーによると、アップデート後、Mac App Storeの購入履歴が全く表示されない状態になったと伝えている。

なお、Time Machineバックアップを利用し「macOS Mojave」に復元したところ、問題なく表示されたとのこと。よって、Apple IDではなくOS側の問題ではないかと推測されている。

Catalinaにアップグレードした後に、Mac App Storeの購入履歴が全く表示されない(購入なし)状態になりました。

Time MachineバックアップからMojaveに復元したところ、特に問題なく表示されますので、Apple IDの状態は問題ないようです

これについて、別のコメント投稿者によると、15分ほどして再度開くと正常に表示されていたとのこと。少し待った方が良いのかもしれない。

その後、上記コメント投稿者から進捗状況があったそうなので、以下に追記しておく。

先日『Mac App Storeの購入履歴が全く表示されない状態に』を報告したものです。
その後、進展がありましたのでご報告をさせて頂きます。

当方の環境はMacBook Pro(2018)で、Mojaveが動作していた環境です。

3回ほど初期化+クリーンインストールを行っても上手くいかず、暫く待とうかとも思いましたが、
4回目で上手くいったようで今のところ特に問題がなさそうです。
当方が行った手順は以下の通りです。

1 Catalinaのインストール用メディアをUSBメモリに作成
2 インストール前の状態で、以下のアプリ・設定について、それぞれApple IDをサインアウト
 ・メッセージ
 ・iTunes
 ・iCloud
 ・Mac App Store(当方3回目まで、これだけサインアウトをしていませんでした・・・)
3 ディスクユーティリティでシステムディスクを初期化
4 USBメモリでのブートを許可に設定
5 optionを押しながら起動して、インストールメディアを起動ディスクに指定し、Catalinaをインストール
6 起動前の各種初期設定(ここでApple IDにサインイン)
7 起動後、(こちらのサイトや他のサイトでも見ていたので)写真アプリの起動を行い、キュレーションが終わるまで放置
  (当方そんなに画像の枚数が多くないのか、2時間ほどの放置で終わりました。)
8 USBメモリでのブートを拒否に設定
9 再起動して、Apple IDのサインイン状態を確認(全てサインインされているか)
10 Mac App Storeの購入履歴を確認(全て表示されるか)
11 各種アプリ等を再インストール

恥ずかしながら、インストール前にApple IDを全てきちんとサインアウトしていなかったため
Apple IDのサインイン?アウト?の状態が中途半端になっていたため、今回の事象が起きたのかもしれません・・・。
それに加えて、ネットインストールで上手くいかなかったりということも考えられ、4回目はインストール用メディアを作成してインストールしました。

なんとかなったのも、こちらの報告の投稿やAppleのサポートの方など、いろいろな方のお陰だと思っております。
どうもありがとうございました。失礼いたします。

マイフォトストリームが更新されないバグ

コメント欄のユーザーによると、「写真」アプリで写真を削除時の警告メッセージウィンドウが文字化けするという。

また、マイフォトストリーム が更新されなくなる不具合にも遭遇したものの、一度オフにして再度オンにした結果、同期がされることが稀にあるとのこと。

最新モデルのMacBook Air です。写真で、削除時の警告メッセージウィンドウが文字化けする他マイフォトストリーム が更新されなくなりました。マイフォトストリームをオフにして再びオンにすると同期されることが稀にあります。

CDから取り込んできた楽曲が全く反映されない不具合

コメント欄のユーザーによると、これまでCDから取り込んできた3万曲以上の楽曲データが新しい「ミュージック」アプリに反映されず、プレイリストも反映されなかったと報告している。

MojaveからCatalinaにアップグレードしたら、これまでCDから取り込んでコツコツと溜めてきた3万曲以上のiTunesのミュージックライブラリが、新しいミュージックアプリに全く反映されませんでした。もちろんプレイリストもです。
iTunesの環境設定では「iTunes Mediaフォルダを整理」と「ライブラリへの追加時にファイルをiTunes Mediaフォルダにコピー」にしてたのですが、アップグレードする前に更に「ライブラリを整理」しとけばよかったのかもですね。取り敢えずTime MachineでMojaveに戻したので、決心が付いたらやってみようと思います。
ちなみにApple Musicには入ってません。自分でコツコツと貼り付けていったアートワーク込みで、僕の大事な3万曲がどうなっちゃうか色々怖いので(笑)。

暗号化ZIPファイルが解凍できなくなる不具合

コメント欄のユーザーによると、暗号化ZIPファイルが解凍できなくなる不具合が発生しているとのこと。暗号化されていないZIPファイルは特に問題はない模様。

「xxx.zipをxxxに展開できません。(エラー22 – 引数が無効です)」というエラーメッセージが表示されるとのこと。また、ZipCloakで既存zipファイルにパスワードを設定しようとすると、「zipcloak warning: Local Entry CRC does not match」というメッセージが表示されることから、暗号化自体はできているそうだ。

暗号化ZIPファイルが解凍できなくなりました。暗号化していないZIPファイルは問題なく解凍できます。
Finderで暗号化ZIPファイルをダブルクリックすると、
「xxx.zipをxxxに展開できません。(エラー22 – 引数が無効です)」
というポップアップが表示されます。
WinArchiver LiteやZIPANGなどで新たに暗号化圧縮することはできます。

関係あるのかどうかわかりませんが、ターミナルを立ち上げて、ZipCloakで既存zipファイルにパスワードを設定しようとすると、
zipcloak warning: Local Entry CRC does not match
というメッセージが表示されます。
暗号化自体はできているようです。

これについて、別のコメント投稿者は以下のように解説している。どうやらZIPファイルの中にShiftJISの文字コードで日本語ファイル名が一つでも含まれていると解凍できなくなるとのこと。

zipが解凍できないのは暗号化とは関係ありません。zipの中にShiftJISの文字コードで日本語ファイル名が一つでも含まれていると解凍できなくなります。以前は文字コードを自動判定していたのがなくなったようで、UTF-8以外の文字コードだとエラーになります。つまるところWindowsで作成されたzipの多くでエラーになるということです。The Unarchiverなどサードパーティの解凍ツールを使いましょう。

システム環境設定のアラートが表示され続ける

コメント欄のユーザーによると、システム環境におけるアラートが消えない不具合が発生しているという。具体的には新しいiCloud利用条件に同意する必要があるとのことで、他のユーザーからも同様の報告を受けている。

以下のようなエラーメッセージが何度も表示されるそうだ。

ICloud Error message

MojaveからCatalinaにアップグレードしたらシステム環境設定のアラートが消えません。新しいiCloud利用条件に同意する必要があります。が、何度同意しても反映されず、アラートが出っ放しです。

iTunesのいくつかのアートワークがなくなりました。

許可していないのに、Bluetoothキーボードやマウスからスリープ解除ができてしまうバグ

コメント欄のユーザーによると、「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能する」のチェックを外しているのにも関わらず、接続しているBluetoothキーボードやマウスでスリープ解除ができてしまう不具合があるとのこと。

Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能するのチェックを外しているのに、キーボードやマウスからスリープ解除ができてしまいます。

GT100との接続に関する不具合

コメント欄のユーザーによると、GT100tの接続に関する不具合が確認されているとのこと。

BOSS TONE STUDIOでGT100との接続ができなくなった。
steinbergやGT100などUSB接続の機器が認識しなくなった。
謎の不具合でスリープ中に再起動が勝手に行われている。
現状わかってるのはこれくらいですね

スリープ状態のときにMac本体が温かくなる問題、勝手に電池が減っている問題

コメント欄のユーザーによると、アップデート後、スリープ状態であるのにも関わらず、本体が温かくなる不具合が見受けられるとのこと。

これは僕自身も遭遇していて、本体が「macOS Mojave」の頃と比べて発熱しているだけではなく、スリープ状態にしているはずなのに勝手に電池が消費されてしまう問題が見受けられる。

例えば、僕が外出する直前に電源を抜き、スリープ状態にして持ち出したはずが、約2時間後に開いてみるとなぜか電池が42%まで減っていた。

macOS Catalinaにアップデート後スリーブ状態の時にPC本体が暖かくなる。ちょっと暖かいかなといった感じです。
何かバックグラウンドで動作しているのかもしれませんが確認の仕方が分からないので不明です。
ディスプレイを開いて作業を始めると暖かくなくなるのが不思議です。

ファイル共有に関する不具合

コメント欄のユーザーによると、ファイル共有時において、サーバーへの接続後共有フォルダをダブルクリックすると、「”共有フォルダ名”のオリジナルの項目が見つからないため、操作を完了できません。」と表示され、接続が切れてしまう問題が発生しているとのこと。

ファイル共有で、サーバーへの接続後共有フォルダをダブルクリックすると、「”共有フォルダ名”のオリジナルの項目が見つからないため、操作を完了できません。」と表示され、接続が切れてしまいます。

Finderのメニューから[移動」「サーバへ接続」を行うと、Finderウィンドウに選択したボリュームのタブは作成されますが、中身は表示されません。
この状態でも、画面共有は支障なくできており、該当するフォルダも開けます。

サーバー、クライアントともCatalinaです。

Safariのタップ済みリンクのカラーが変わらない不具合

コメント欄のユーザーによると、Safariの未タップリンクをタップして戻っても、本来紫色に変わるはずのリンクが変わらない不具合が発生しているとのこと。

safariのリンク(青)を踏んで戻ってもリンク(紫)に色が変わらない。探し物をしている時どこまでリンク先を見たかわからなくなっている。Mojaveも同じ現象があったがMojave最終版くらいにやっと色が変わるようになったが、Catalinaにして再発している。地味に不便。

iTunesについては、通常アップグレード後「iTunes」フォルダと新たに出来た「Music」フォルダをバックアップ後Catalinaをクリーンインストールしミュージックフォルダに戻しました。プレイリストも元どおり反映してます。

HDMIが出力できなくなる不具合

Mac mini 2018」を4KディスプレイにHDMI経由で出力できなくなってしまう問題が発生している模様。USB-C経由で出力し、PRAMクリアとSMCリセットによって一部解決するものの、シャットダウン後、再度起動すると同じ問題が起きてしまうようだ。

Mac Mini 2018で4Kモニタを繋いでいるとHDMI出力が死亡します。
回避(復帰)策はUSB-C経由で映したあとPRAMクリア+SMCリセット。
ただしシャットダウンするとまた元に戻ってしまう

Dockが表示されない、消える不具合

「macOS Catalina」ではDockが正常に表示されない不具合が発生していると報告されている。この問題は予想以上に多くのユーザーが遭遇しているようで、下記動画のように「Dockを自動的に表示/非表示」を切り替えてもDockは表示されず消えたままになってしまう模様。

他にも外部ディスプレイ接続時に消えたり、Dockのサイズを小さくすると消えたり、本来表示されたままになるはずのDockが急に表示されなくなってしまっている模様。

メールアプリが重い、遅い、データ消えるなど不具合続出

純正の「メール」アプリを使っているのであれば、「macOS Catalina」は間違いなくアップデートを見送った方が良さそうだ。

メールデータが消えてしまうという不具合海外で報告されている。セットアップが成功したように見えてもデータを確認するとメッセージが消失または不完全な状態で表示されるバグが発生しているとのこと。

メールボックス間でメッセージをドラッグ・アンド・ドロップまたはAppleScriptで移動させる場合、空白のメッセージになる問題も報告されている。メッセージがサーバーにあるフォルダに移動されると他のデバイスではメッセージが削除されたと認識され、メールを操作したMacでも最終的に削除されたと認識されてしまうようだ。

他にも「メール」アプリの動作が重い問題や、CPUを異常なまでに専有する問題なども報告されている。

15インチ型MacBook Proでスリープから復帰できないバグ

dGPUを内蔵した「MacBook Pro」の15インチモデルにおいて、スリープから復帰後、勝手にMacが再起動してしまう不具合がApple Communityで200件以上報告されている。

解決策としては「システム環境設定」の「省エネルギー」にある「グラフィックスの自動切り替え」を無効化することによって暫定的に対処することができる模様。ただし、「MacBook Pro」の場合、これを無効化することによって電池持ちが悪くなってしまう(iGPUではなくdGPUのみを使う設定になってしまう)ため、注意が必要。

なお、dGPUを内蔵したiMacでも同様の問題が250件以上報告されている

写真アプリを起動する度にライブラリの修復が開始される不具合

コメント欄のユーザーによると、「写真」アプリを起動後、ライブラリの修復が開始してしまい、最新の「macOS Catalina 10.15.1」を適用すると「“写真”でライブラリ“写真 Library”を開けませんでした。(1000)」とのエラーメッセージが表示されるとのこと、。

結果的に「写真」アプリが使えないと報告している。なお、僕はアップデート後、特に問題なく「写真」アプリを起動することができている。

写真アプリ起動の度、ライブラリーの修復が始まります。
本日10.15(19A602)追加アップデートすると。
「“写真”でライブラリ“写真 Library”を開けませんでした。(1000)」と表示されるようになり。
写真アプリが使えません。

別のユーザーによると、ライブラリの修復をするために24GBのデータで処理完了に6時間掛かったと報告している。さらに、個々の写真に「写真のダウンロードエラー(この写真の大きいバージョンを編集用にダウンロード中にエラーが起きました。後でやり直してください。)」と表示され、サムネイル表示に時間がかかっていると報告している。

OSの再起動を数回行うと、写真アプリが起動できましたが、やはりライブラリの修復が始まり24GBのデータで処理完了に6時間かかりました。

写真アプリ起動後、個々の画像に「!」マークが右下に表示され
「写真のダウンロードエラー(この写真の大きいバージョンを編集用にダウンロード中にエラーが起きました。後でやり直してください。)」と表示されています。

写真サムネイルの表示がとても遅いです。

スリープ状態で放置すると「問題が発生したので再起動」

コメント欄のユーザーによると、「MacBook Air」において、スリープ状態で2時間程経過すると勝手に再起動し、「問題が発生したので再起動しました」と表示される不具合があるとのこと。

MacBook Airを閉じ、スリープ状態で2時間程経過すると、勝手に電源がシャットダウンし再起動されます。
再起動後「問題が発生したので再起動しました」のメッセージが表示されます。
ほぼ100%の再現率

音楽CDが読み込めなくなる問題

コメント欄のユーザーによると、音楽CDが読み込めなくなったとのこと。「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした」とメッセージが表示されるそうだ。

Premiere Elements 2019やVirtual Boxの仮想OSが起動不能などの不具合

コメント欄のユーザーによると、「Premiere Elements 2019」が起動しないという不具合や、「Virtual Box」の仮想OSが通常起動せずヘッドレス起動でしか使用できない問題を確認していると報告している。

– Premiere Elements 2019が起動しない。正確には起動はするが編集画面に進まない。
– Virtual Boxの仮想OSが通常起動しない。ヘッドレス起動でのみ使える。
という症状が出ています。クリーンインストールしたMacBook Pro 13”です。

【不具合情報、随時募集中】
「このアプリは起動しなかった」「これはクラッシュした」「これの動作がおかしい」などの報告があれば本記事のコメント欄やTwitterなどで連絡をもらえれば本記事に随時追加します。

macOSのバージョン(今後アップデートもあるので念のため)、Macのモデル(例:MacBook Pro 2019 15インチ)などの情報も添えていただけると読む皆さんに伝わりやすいかと思います!ご協力お願いします!

コメントを残す(82件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(82件)
  1. 通りすがりの読者

    MacBook Pro 2017 TouchBar無しです。
    USBメモリ内のWord,Excelファイルを開いた後に取り出しを行おうとすると「Finderで実行中」となり取り外しが行なえません。Mojaveのときは起こっていませんでした。

  2. terucid46

    MacBook Pro(2017)で、Sparkの最新版を入れていますが、環境設定で「テンプレート」を選択するとクラッシュしちゃいますね…

    みんなは再現していないんでしょうか?

  3. keru

    >> システム環境設定のアラートが表示され続ける
    これは再起動すれば治りました

  4. じんべえ

    zoomを使ったオンラインのレッスンを受けているのだが、画面共有が使えなくなり、大変困った。
    もう元のモジャヴに戻そうと思っている。

  5. かつ

    macbookpro15_2013lateで、差しっぱなしのsdカード(jetdrive)が、閉じていた液晶を開いた後のスリープ復旧後の画面で、「スリープ中に取り外しされました。」的なメッセージが出ている。

    また、同じ原因によるものか、finderの「よく使う項目」に登録していたsdカード内のフォルダーが消えていたため、再登録しても、いつの間にか消えている。(その間、スリープ状態にしていない場合でも、いつの間にか消えている)

  6. 通りすがりの読者

    MacBook Air2017で2分以上スリープ状態にすると、スリープをうまく解除できなくなる。電源は入って異様だが、画面はブラックアウトのままになる。

  7. 通りすがりの読者

    Catalinaにノートン360をインストールして以降、Macの起動時にファンが回りっぱなしになったのでアクティビティモニタで確認をしたところ、com.symantec.mes.systemextensionのCPU利用率が100%超になっていました。
    そのプロセスを手動停止したところ、プロセスの再起動後はファンが回らなくなりましたが、その後の起動でも同じ状態が何回か続いたので、ノートンを公式サイトの削除ツールで完全アンインストール後、再インストールを行ってみましたが、状態が変わりませんでした。

    情報がないかノートンのサポートに問い合わせてみたところ、シマンテックにも既に同様の事象が発生しているという報告が複数来ており、情報は上げているので、そのうち対応されるのではないかとの事でした。
    現状は、発生時にアクティビティモニタを開いて、com.symantec.mes.systemextensionのCPU利用率が100%超の場合はプロセスを手動停止してくださいという回答でした・・・。

  8. 通りがけの読者

    バッテリー消費が異様に早い

  9. 通りすがりの読者

    プレビューからpdf書き出しもエラーが出てできなくなりました。
    正直困ってます

  10. 通りすがりの読者

    MacBook Pro(2018)の写真をi(Pad)OS13のiPhone XS、iPad Pro(2018,11)に同期させるとき発生。
    写真を同期するとき、「選択したアルバム」にチェックをいれ、取り込みたいピープルだけにチェックをいれたにも関わらず、チェックをいれていないピープル も入っている。

  11. SU(3)

    chromeが起動しない問題は、プラグインを抜いたり、セキュリティソフトを無効化しましたが、解決しませんでした。catalina公開後のパッチ適用後も状況は変わらず。chrome 78betaをインストールしたところ、問題が解決。chrome本体の問題と思われます。

  12. 文鎮化

    キーボードがバグってしまいテキスト入力ができなくなりました。
    一応入力はできますが、チャタリングが起こります。
    またセレクトボタンもクリックするとすぐに消えるので、PCが文鎮化してます。
    (MacBook Pro 13インチ 2017)

  13. 通りすがりの読者

    MacBook Airを閉じ、スリープ状態で2時間程経過すると、勝手に電源がシャットダウンし再起動されます。
    再起動後「問題が発生したので再起動しました」のメッセージが表示されます。
    ほぼ100%の再現率

  14. 通りすがりの読者

    USBハブから iPhone を充電が出来ない事が度々あります。
    それと、外付け ディスプレイ の縦 表示が電源 オン からだと横 表示 に戻っている事があるので毎回、設定しなおさなければいけないです。
    最近の Apple は 機器、アプリ、プログラム など不具合、今ひとつ のような事が多い事。

  15. Rriver

    Alfredの不具合の件ですが、Alfred 3でも「reload」と入力すれば解決するようです。公式のTroubleshootingサイトに書いてありました。またSettings → Advanced → Clear Application Cacheでも同じように解決するはずです。

    ちなみに、Alfred 3を使っている場合は3.8.3+にアップデートするように書いてあります。また、3ではMini Playerが使えないそうです。

    https://www.alfredapp.com/help/troubleshooting/catalina/#double

    1. g.O.R.i

      ええええええええええええええもっと早く知りたかったあああああ笑

  16. 通りすがりの読者

    写真アプリのデータはAirMac Extremeに接続したSSDが保存先です。
    MacBook Air OS再起動の度に「ライブラリーの修復」が始まります。
    (24GBデータで修復完了までに毎回6時間かかります)
    OSの再インストールしましたが状況は同じ。

    写真アプリ起動後、多くのデータが表示できない(サムネイル がグレー)
    使用中に固まり、数分経過しても回復しない。「アプリケーションの強制終了」を開くが
    「反応なし」の表示も出ていない。

    写真アプリメニューの「終了」がグレーで正常に終了できない。
    (強制終了しかない)

  17. 通りすがりの読者

    Intel® Power Gadget 3.6.1 for MacOS
    のインストールに失敗します
    MBP2019、iMac2017

    1. g.O.R.i

      それ、僕macOS Catalina以前にmacOS Mojaveでも失敗してましたが、正常に動作してました……?

      1. 通りすがりの読者

        MacBookProでは3.60 3.59
        と正常でした
        Catalinaにしてからクロックが取得できなくなり
        ちょうど新しいバージョンがあったのでインストールしようとしたら失敗したままです

  18. 通りすがりの読者

    写真アプリの整理が終わらない問題
    写真26,000枚、ビデオ3個
    プログレスバー7割くらいからから10日以上動いていません
    MBP2019、iMac2017両方とも再現中です

  19. 二次元的なずんべら坊

    alfredでmacに初めから入っているアプリケーション(「計算機.app」「メール.app」「メモ.app」など)が検索できない

  20. 通りすがりの読者

    画面共有(Screen Sharing)の動作が以前よりもだいぶモッサリになった気がします。
    明らかに違うのは、マウスカーソルが2個表示されることです。リモート側のマウスカーソルと、ホスト側のマウスカーソルの両方が表示されるので、マウスが2個あるように見えます。以前は、(たぶんホスト側だと思いますが)1個だけしか表示されていなかった。遅延が低い同一LAN環境でも違いが明らかです。

    OSは 10.15で、Macは Mac Mini (2018) です。

    Sidecar実装に伴うデグレか?と勘ぐってしまいます。勘違いだったらすみません。

  21. 通りすがりの読者

    音楽CDが読み込めなくなりました
    「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした」とメッセージが出ます
    昨日まで読み込めたのに・・・

  22. Wag

    他にも
    – Premiere Elements 2019が起動しない。正確には起動はするが編集画面に進まない。
    – Virtual Boxの仮想OSが通常起動しない。ヘッドレス起動でのみ使える。
    という症状が出ています。クリーンインストールしたMacBook Pro 13”です。

  23. 通りすがりの読者

    全てのデーターで感じた事、アップデート前の既存データーの移行が上手く行っていないように思います。早く普通に使いたい。

  24. 通りすがりの読者

    非表示になっている写真のアルバムが表示されない
    非表示アルバムを表示が選択できない

  25. MOEMI

    ファイルを選択するとき、Shiftキーを押しての複数選択が出来ない
    コマンドを使用しては出来る
    Shiftキーの信号が出てないとかはない。
    文字を大文字、エクセルのセルをShiftにて複数選択可能です。
    パラレルズの仮想WindowsではShiftキー使用してのフォルダ選択可能です。

  26. MacOSからOSXに移行した時よりも、完成度が低いと感じるユーザー。

    OSの再起動を数回行うと、写真アプリが起動できましたが、やはりライブラリの修復が始まり
    24GBのデータで処理完了に6時間かかりました。

    写真アプリ起動後、個々の画像に「!」マークが右下に表示され
    「写真のダウンロードエラー(この写真の大きいバージョンを編集用にダウンロード中にエラーが起きました。後でやり直してください。)」と表示されています。

    写真サムネイルの表示がとても遅いです。

  27. 通りすがりの読者

    先日『Mac App Storeの購入履歴が全く表示されない状態に』を報告したものです。
    その後、進展がありましたのでご報告をさせて頂きます。

    当方の環境はMacBook Pro(2018)で、Mojaveが動作していた環境です。

    3回ほど初期化+クリーンインストールを行っても上手くいかず、暫く待とうかとも思いましたが、
    4回目で上手くいったようで今のところ特に問題がなさそうです。
    当方が行った手順は以下の通りです。

    1 Catalinaのインストール用メディアをUSBメモリに作成
    2 インストール前の状態で、以下のアプリ・設定について、それぞれApple IDをサインアウト
     ・メッセージ
     ・iTunes
     ・iCloud
     ・Mac App Store(当方3回目まで、これだけサインアウトをしていませんでした・・・)
    3 ディスクユーティリティでシステムディスクを初期化
    4 USBメモリでのブートを許可に設定
    5 optionを押しながら起動して、インストールメディアを起動ディスクに指定し、Catalinaをインストール
    6 起動前の各種初期設定(ここでApple IDにサインイン)
    7 起動後、(こちらのサイトや他のサイトでも見ていたので)写真アプリの起動を行い、キュレーションが終わるまで放置
      (当方そんなに画像の枚数が多くないのか、2時間ほどの放置で終わりました。)
    8 USBメモリでのブートを拒否に設定
    9 再起動して、Apple IDのサインイン状態を確認(全てサインインされているか)
    10 Mac App Storeの購入履歴を確認(全て表示されるか)
    11 各種アプリ等を再インストール

    恥ずかしながら、インストール前にApple IDを全てきちんとサインアウトしていなかったため
    Apple IDのサインイン?アウト?の状態が中途半端になっていたため、今回の事象が起きたのかもしれません・・・。
    それに加えて、ネットインストールで上手くいかなかったりということも考えられ、4回目はインストール用メディアを作成してインストールしました。

    なんとかなったのも、こちらの報告の投稿やAppleのサポートの方など、いろいろな方のお陰だと思っております。
    どうもありがとうございました。失礼いたします。

  28. 通りすがりの読者

    写真アプリ起動の度、ライブラリーの修復が始まります。
    本日10.15(19A602)追加アップデートすると。
    「“写真”でライブラリ“写真 Library”を開けませんでした。(1000)」と表示されるようになり。
    写真アプリが使えません。

  29. 通りすがりの読者

    Mini Late2012のユーザーです。Catalinaへのアップデート後,プレビューを使っての,JPGからPDFへの複数ページの一括変換ができなくなりました。プリント画面でPDFで保存を選ぶと,「プリント中にエラーが発生しました」という」メッセージが出ます。「PDFとして書き出す」で,JPG1枚をPDFで1枚に変換するのはできるのですが。

  30. 通りすがりの読者

    同じく殆どの不具合に遭遇して丸々3日ぐらい設定と再起動、クリーンインストールでPCがまともに使えない状態です。icloudもおかしくなるし、今も更新がきたのでアップデート中ですが、アップデート中に画面がカタリナに変わって「システムを変えようとしてますが許可しますか?」の画面に遭遇。MacBook2017とMacBookpro2015です。カタリナのアップデートやめた方がいいと思います。2019.10.16現在

  31. 通りすがりの読者

    ペンタブで操作した時にポインタが画面上で動かなくなりました。ドライバーのソフトで、筆圧やタップ、座標を検出しているのは確認できました。ポインターが動かない…まだ詳しく調べてないですが、アップデートするとペンタブは動かなくなるものなの?(笑)ちなみにドライバーは削除して、再インストールしてみましたがダメでした。ま〜そのうち直るのかな?

  32. 通りすがりの読者

    Mac Book Pro 2016 Touch Barなしモデル
    Catalinaにアップデート後、起動してしばらくするとファンが勢いよく鳴るようになった。
    しばらくするとおさまる。

  33. 通りすがりの読者

    MAC OSをCatalinaにしたら動かないソフトがあったのでTimeMachineで復元しようとしたら保存先のNASのシステムが壊れた。時計の設定すら出来なくなった。
    どうしてくれるんだ!って思う。

  34. 通りすがりの読者

    Mac Book pro 2016年モデルで、Logicool options がインストールできなくなりました。インストール中の表示が出たままで終了しません。古いバージョンの Logicool options は Logicool optionsアンインストールツールでアンインストール済みです。

  35. 通りすがりの読者

    アップデートして以来、「ミュージック」アプリが勝手に起動しています。この症状って、他の方では出ていないんでしょうか?

  36. 通りすがりの読者

    アプリ・QBlocker の機能が働いていない感じがします。

  37. Apple大好きマン

    MacBookAirの2018年モデルのファンが前より音が大きくなった気がしますね・・・
    今までと負荷は変わらないと思うのですが・・・

  38. 通りすがりの読者

    >Mac App Storeの購入履歴が全く表示されない
    うちの場合も最初は表示されず、再ログインを要求されましたが、15分ほどして再度開くと正常に表示されていました。
    >本体が異常に熱くなる・ファンが周り続ける
    うちのiMacではメモを開くとファンが回り始めます。プロセスモニタを見てもメモアプリがCPUを使いっぱなしです。

  39. 通りすがりの読者

    MacPro 2013(macOS Sierra)アップデートするのが怖かったのでディスクユーティリティーでパーテーションを2つにしてCatalinaをクリーンインストールしました。
    少し使って起動ディスクをSierraにし再起動させたときにはCatalinaのSSDがデスクトップに表示していた。
    一旦電源を落とし次に起動した時にCatalinaのSSDが表示されていないことに気付きマウントしていないだけかなと思いディスクユーティリティーで確認したらパーテーションが1つに(容量も元に)戻っていた。

  40. 通りすがりの読者

    zipが解凍できないのは暗号化とは関係ありません。zipの中にShiftJISの文字コードで日本語ファイル名が一つでも含まれていると解凍できなくなります。以前は文字コードを自動判定していたのがなくなったようで、UTF-8以外の文字コードだとエラーになります。つまるところWindowsで作成されたzipの多くでエラーになるということです。The Unarchiverなどサードパーティの解凍ツールを使いましょう。

  41. PC日々ドキドキ

    アップデートしたことによるのかは確実ではありませんが、excelの表が裏返しになってしまっています。あり得ない状況に困惑。入力できるけれど、裏返しでは作業が難しい。xlsxがそうなるのかも?xlsxのファイルをxlsファイルで保存したら、正常に表示されました。

  42. ネムラス

    AirPodsがiOS 12で正常に動作しなくなったので、iPhoneをiOS 13にアップデートしたが、Mac OSをCatalinaにアップデートしないと同期ができなくなってしまった。本当に不便であり、アップデートしたことを後悔したが、Catalinaは今のところ正常に起動している。

  43. 通りすがりの読者

    Mac Mini 2018で4Kモニタを繋いでいるとHDMI出力が死亡します。
    回避(復帰)策はUSB-C経由で映したあとPRAMクリア+SMCリセット。
    ただしシャットダウンするとまた元に戻ってしまう

  44. あおい

    safariのリンク(青)を踏んで戻ってもリンク(紫)に色が変わらない。探し物をしている時どこまでリンク先を見たかわからなくなっている。Mojaveも同じ現象があったがMojave最終版くらいにやっと色が変わるようになったが、Catalinaにして再発している。地味に不便。
    iTunesについては、通常アップグレード後「iTunes」フォルダと新たに出来た「Music」フォルダをバックアップ後Catalinaをクリーンインストールしミュージックフォルダに戻しました。プレイリストも元どおり反映してます。

  45. まさ

    ファイル共有で、サーバーへの接続後共有フォルダをダブルクリックすると、
    「”共有フォルダ名”のオリジナルの項目が見つからないため、
     操作を完了できません。」と表示され、接続が切れてしまいます。
    Finderのメニューから[移動」「サーバへ接続」を行うと、Finderウィンドウに
    選択したボリュームのタブは作成されますが、中身は表示されません。
    この状態でも、画面共有は支障なくできており、該当するフォルダも開けます。
    サーバー、クライアントともCatalinaです。

  46. AirPodsの左耳

    AirPodsと、MacBook Pro13(2018)を使っているのですが、iPhoneとMacとを切り替えるときに
    Mac側で接続されている表示になっているのにも関わらずAirPods側で再生されず、Mac本体でも音が出ない状況になっています。AirPodsをリセットすれば使えるようになるのですが、私だけの問題でしょうか?

  47. すーたん

    MacBook Airなんですけど、パスワードを入れると合っているのにはじかれます。打ち間違いとかそういうものではなく、はじかれてしまいます

    1. i2Labo

      私のiMac2017 27-inchも同じ障害が出ています。なぜか、パスワードキー入力をする前に 英数キーでワザと英数モードを再設定するとパスワードが入ります。当然、もともと英数モードになっているのですが。

  48. んちまみ

    意外と新機能のsidecarには無い…て事は完全64ビット化によるものが原因かな(´・ω・`)

  49. 通りすがりの読者

    Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能するのチェックを外しているのに、キーボードやマウスからスリープ解除ができてしまいます。

  50. ドレス

    MojaveからCatalinaにアップグレードしたら動画ファイルのサムネがどうやっても表示できなくなりました。Finderの再起動とセーフモードで復旧を試みましたが改善されず!!!

  51. 通りすがりの読者

    MojaveからCatalinaにアップグレードしたらシステム環境設定のアラートが消えません。新しいiCloud利用条件に同意する必要があります。が、何度同意しても反映されず、アラートが出っ放しです。

    iTunesのいくつかのアートワークがなくなりました。
    今回のアップデートは酷いです。お勧めできません。

  52. たい焼き

    Alfredで同じアプリが2度表示される不具合ですが、Alfred 4.0.4にアップデートするとこの問題は解消されました(Alfred 3を使っている場合はアンインストールし、Alfred 4をインストール)。

    ↓詳しくはこちらに書いてあります。
    https://www.alfredapp.com/help/troubleshooting/catalina/

  53. BOSS TONE STUDIOでGT100との接続ができなくなった。
    steinbergやGT100などUSB接続の機器が認識しなくなった。
    謎の不具合でスリープ中に再起動が勝手に行われている。
    現状わかってるのはこれくらいですね

  54. 通りすがりの読者

    MacBook Pro 2018 13インチを使っています。macOS catalina をインストールしたところ、ウインドウの選択状態が、解除されたり、選択されたりを繰り返しています。
    どの、ウインドウを表示しても、それを繰り返します。
    何が原因なのか、分からず困っています…
    何を確認すれば、対処が出来るのでしょうか?

  55. Utoo

    macOS Catalina をインストール後、
    ウインドウの選択状態が、解除されたり、
    選択されたりを繰り返しています。

    どのウィンドウを表示しても、それを繰り返します。何が原因かわかりません。
    何処を確認すれば、対処が出来るのでしょうか?

  56. 周人

    macOS Catalinaにアップデート後スリーブ状態の時にPC本体が暖かくなる。ちょっと暖かいかなといった感じです。
    何かバックグラウンドで動作しているのかもしれませんが確認の仕方が分からないので不明です。
    ディスプレイを開いて作業を始めると暖かくなくなるのが不思議です。

  57. 通りすがりの読者

    暗号化ZIPファイルが解凍できなくなりました。暗号化していないZIPファイルは問題なく解凍できます。
    Finderで暗号化ZIPファイルをダブルクリックすると、
    「xxx.zipをxxxに展開できません。(エラー22 – 引数が無効です)」
    というポップアップが表示されます。
    WinArchiver LiteやZIPANGなどで新たに暗号化圧縮することはできます。

    関係あるのかどうかわかりませんが、ターミナルを立ち上げて、ZipCloakで既存zipファイルにパスワードを設定しようとすると、
    zipcloak warning: Local Entry CRC does not match
    というメッセージが表示されます。
    暗号化自体はできているようです。

  58. 通りすがりの読者

    ネットワークに接続できない。

  59. macoto

    MojaveからCatalinaにアップグレードしたら、これまでCDから取り込んでコツコツと溜めてきた3万曲以上のiTunesのミュージックライブラリが、新しいミュージックアプリに全く反映されませんでした。もちろんプレイリストもです。
    iTunesの環境設定では「iTunes Mediaフォルダを整理」と「ライブラリへの追加時にファイルをiTunes Mediaフォルダにコピー」にしてたのですが、アップグレードする前に更に「ライブラリを整理」しとけばよかったのかもですね。取り敢えずTime MachineでMojaveに戻したので、決心が付いたらやってみようと思います。
    ちなみにApple Musicには入ってません。自分でコツコツと貼り付けていったアートワーク込みで、僕の大事な3万曲がどうなっちゃうか色々怖いので(笑)。

  60. アポー

    失礼します。
    メニューバーでダークモードのオン/オフ切り替えができる「NightOwl」というソフトがあるのですが、ウインドウだけダークモードにできない問題が発生しています。Dockとメニューバーはダークモードです。アンインストールしたところ直ったので、OS側の問題だと思います。

  61. 回転力

    最新モデルのMacBook Air です。写真で、削除時の警告メッセージウィンドウが文字化けする他マイフォトストリーム が更新されなくなりました。マイフォトストリームをオフにして再びオンにすると同期されることが稀にあります。

  62. 通りすがりの読者

    突然全てのアプリが終了してしまう

    1. g.O.R.i

      詳しく教えてください!どのアプリでも突然、使っていると終了してしまう、ということですか??具体的にどのようなアプリを使われているかどうか教えていただけますと助かります!

  63. 通りすがりの読者

    Maptureの保存が効かなくなってしまった。
    仕事用に便利だったのに・・・・

  64. 通りすがりの読者

    写真のキュレーションはゲージが2割くらいの時点で進まなくなったのでアプリ終了してしばらくほっといて、また起動したら完了してました。正直よく分からないです

    1. g.O.R.i

      あーそれ僕も同じですね……同じ方法で無理やりおわらせました…謎すぎる…

  65. 通りすがりの読者

    Catalinaにアップグレードした後に、Mac App Storeの購入履歴が全く表示されない(購入なし)状態になりました。

    Time MachineバックアップからMojaveに復元したところ、特に問題なく表示されますので、Apple IDの状態は問題ないようです。

  66. すぐアプデする派

    「写真」がずうっとキュレーション中で、終わりません。ちなみに10時間以上「写真」を立ち上げたままです。

    1. g.O.R.i

      ちなみに写真の枚数はどれぐらいありますか??

      1. 通りすがりの読者

        写真:4,905枚、ビデオ362本です。

  67. 通りすがりの読者

    VeraCrypt、MacFUSEのせいかマウント出来ても変なメッセージが出る。またボリュームをアンマウント出来ない。

  68. 通りすがりの読者

    こちらの環境だけでしょうか、Catalinaにアップデートしてから、一部のフォルダアイコンが白紙になってしまいました。セーフモードで起動しても白紙、そのまま再起動して通常起動しても変わりません。
    外付けHDDを3つ(うち1つはTimeMachine用)使っていますが、2つともその症状が出ています。あまりアクセスしないフォルダが白紙になるんでしょうか。。。

    1. 通りすがりの読者

      自己レス。
      Appleコミュニティに解決方法が書かれていました。
      https://discussionsjapan.apple.com/thread/250719026

  69. 通りすがりの読者

    iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) にてv10.15にアップデート後、Bluetoothが不安定になりました。
    スリープやスクリーンセーバーからの復活後や一定時間が過ぎたタイミングで反応が鈍くなり、
    マウスがスムーズに動かなかったり、キーボード入力に大きな遅延や「っっっっっっっっあ」と言った同じキーを押し続けたような動作をしてしまいます。
    Bluetoothをオフ→オンすることで一時的に正常に戻りますが、やはり同様の現象を繰り返します。
    他社製IME (Google) や BetterTouchTool 等が干渉しているのかとも思いましたが恐らくBluetoothが原因かと。
    試していませんがNVRAMリセットやBluetoothの設定ファイル再構築等で治るかもしれません。

    次に、
    クリップボードアプリ「Copied」にてiCloud同期の不具合がありました。
    管理していた全てのリストと履歴が消えてしまい、一度同期をオフ→オンにすることで再同期をしてくれましたが
    その後、一部の保存した履歴がまた消えていることに気づきました。
    同期先のiPhoneやMBPでも消えているのでiCloudデータ上から完全に消失したようです。
    また、正常にコピーを記録できない、重複して同じものが複数表示されるなどの不具合も(実際には該当のテキストではない・中身が存在しない)。

    いずれの不具合も常用しているものだけに遭遇すると致命的。
    スニペット用にしてた記録消えたのは死にたい…

    1. 通りすがりの読者

      MacBookProですが、Catalina関係無く以前から同様のBluetooth不調ありました。
      色々試したけどダメで、修理も出したくないので放置しています。なんとなくハードな気がしていましたが・・・。
      一時的な対策としては・・・USB接続などの外付けBluetoothアダプタを使い、そちらを使うようにMacを設定する。または、すべてのアクセサリを有線接続で利用する。

  70. 通りすがりの読者

    iPhone/iPadのRemoteアプリから、ミュージックアプリのリモート操作ができなくなってしまいましたね。
    β版の頃から明らかになっていた問題のようですが、プレイリストの中身は見えるものの、再生や停止などのコントロールがグレーアウトになって操作できない状況です。

    使えなくても致命的な問題ではないものの、使えると地味に便利なので、早めに対応してもらいたいところです。
    Appleの純正アプリでもあることですし…

  71. 通りすがりの読者

    うちの環境依存なのかもしれませんが、Time Machineが破壊されてクリーンインストール後復元できませんでした。

    また、クリーンインストールした際、iTunesライブラリをMusicライブラリに読み込ませたところ、プレイリストが全部消えました。

    完全初期化した状態でiTunes Storeで購入したものだけをダウンロードした後、別途保存していたMP3を取り込んでもiPhone/iPadに同期取れていません。

    …なんか、これまでになくシステムにバグが残っている感じがするので、クリーンインストールはしない方がいいと思います。

    Mojaveからのアップデートの場合、iTunesライブラリはちゃんと反映されますが、AppleTVやPodCastは反映されませんでした。ただ、iPad mini5との接続ができない(Finder上で出たり消えたりをくりかえして実質なにもできない状態になりました)という症状が起きていたので、ある程度落ち着くまではアップデートしないというのがいいかな、と思いました。
    (この現象はMacBook Pro 15″ Lata 2013で起きてますが、MacBook 12″(2017)では起きてません)

    もし、この手の対応方法があれば紹介していただけるとうれしいです。

    1. 通りすがりの読者

      Silkypix 8 は、ウインドウの描画が不正(ウインドウの上辺から描画がなされず、ウインドウの高さの半分程の位置から描画されてしまう。)で、実質、何もできなくなります。すでに保守の切れているバージョンですので、新しいバージョンのライセンスを購入するか、Catalinaは見送るか、いずれかを選ぶ必要ありです。

「macOS Catalina」新着記事
トレンド検索