macOS Mojave:アプリ単位でeGPUアクセラレーションが利用可能に

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 11

macOS Mojave 10.14」の「Beta 5」では、アプリ単位でeGPUアクセラレーションが利用可能になっていると9to5Macが伝えている。

これはeGPUさえMacに接続さえしていれば、外部ディスプレイに出力している場合だけではなく、Macの内蔵ディスプレイ(つまり、外部ディスプレイを繋いでいない状態)でも利用できるとのこと。

ワンクリックでeGPUを優先的に使用するオプションが有効化可能に

アップデート内容によると、eGPUが対応する「MacBook Pro」または「iMac」に接続されている場合、アプリの「情報を見る」にeGPUを優先して使用するオプションが追加されている模様。

Prefer External GPU macOS Mojave 2
【image via 9to5Mac

先日紹介したMacアプリでeGPUを利用可能にするスクリプト「set-eGPU」にもある通り、機能そのものは「macOS High Sierra 10.13.4」から用意されていたが、その機能を有効化するためには「ターミナル」アプリで操作する必要があった。

macOS Mojave」の最新ベータ版ではチェックボックス1つで有効化できるようになり、使い勝手が向上。GPU負荷の高いアプリケーションは内蔵のものではなく、よりパワフルな外付けのものを使わせるようにすることができる。

Appleは、Apple公式サイトが「Blackmagic eGPU」の取り扱いを開始するなどeGPUの使用環境を整えつつある。今後は、Macのグラフィック性能を強化する手段としてeGPUの利用を促進したいのかもしれない。

もっと読むmacOS Mojaveまとめ