MacBook Pro 13inch 2018 Review

MacBook Pro 2018 13インチ レビュー

gorime-bar-onecolumn

eGPUとの組み合わせで「高性能」と「携帯性」を両立した理想的なモデル

長年15インチ型「MacBook Pro」を愛用してきた僕だが、2018年モデルで13インチ型「MacBook Pro」に乗り換える決意をした。

2018年モデルは見た目こそは2016年モデル2017年モデルと変わらないものの、CPUがIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」から第8世代Coreプロセッサ「Coffee Lake」にアップグレードされ、13インチモデルはデュアルコア(CPUのコア数が2つ)からクアッドコア(CPUのコア数が4つ)に!

今回購入したのは、13インチ型「MacBook Pro 2018」の「Ultimate」モデル。Apple Storeで購入できる構成の中で最もスペックが高いものだ。具体的なスペックは下記の通り:

  • 第8世代の2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プ ロ セッサ(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
  • True Tone搭載Retinaディスプレイ
  • Touch BarとTouch ID
  • Intel Iris Plus Graphics 655
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 1TB SSDストレージ
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • バックライトキーボード – 英語(米国)

結論から言うと、僕は13インチ型「MacBook Pro 2018」がすっかり気に入った。2018年モデルになり、懸念していたパワー不足が解消され、15インチ型「MacBook Pro 2017」に劣らないパフォーマンスを発揮しながらもよりコンパクトになり、僕のライフスタイルにマッチしたデバイスに進化している。

本記事では15インチモデルから13インチモデルに乗り換えた理由15インチモデルと比較した時のパフォーマンスの違い13インチモデルならではの強みなどについて解説したので、「MacBook Pro 2018」の購入を検討している人は参考にどうぞ!

15インチモデルではなく、13インチモデルに乗り換えた理由

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 07

13インチモデルより15インチモデルを買うべきであると強く主張してきた僕だが、突然、13インチモデルにピボットしたには理由がある。

まずは僕の基本的なライフスタイルについて紹介する。

僕が普段仕事場としているのは自宅だ。自分自身の部屋を設けさせてもらい、その部屋には僕が仕事を快適にするための作業環境が整っている。4Kディスプレイを2枚設置し、Mac本体を3枚目のディスプレイとしたトリプルディスプレイ環境を構築している。

取材などで移動する場合、作業するのはたいてい電車の中やカフェなどが多い。スピード感が求められるため、取材現場の机の上で書き上げることもあり、作業時間はそれほど長くはない。また、写真の現像や編集をするものの、それほど高負荷な作業は行っていない。

僕は基本的にいつでも「MacBook Pro」を持ち運ぶようにしている。家族で出掛ける時も、必要に応じて取り出してはササッと記事を書いたり、記事を修正したりすることもある。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 34

娘が生まれたことをきっかけとして、意識的に自宅にいる時間を長くしているため、自然と自宅で作業する時間が圧倒的に長くなっていた。一方、取材時はカメラ機材を同時に持ち運ぶため荷物を減らしたいという思いが常にあり、家族と出掛ける時も荷物を必要最低限にしたいという思いがあった。

自宅の作業環境で快適に仕事ができる性能があり、持ち運ぶ時は軽くてコンパクト。僕にとってこの2つのバランスが最も取れていたマシーンは、15インチ型「MacBook Pro」だった。

ところが、13インチ型「MacBook Pro 2018」は、13インチモデルの欠点であったパフォーマンスを大幅に改善した。さらに、「Blackmagic eGPU」によって13インチモデルの長年の欠点だったグラフィック性能を大幅に強化することができるようになり、15インチモデル以上の性能を発揮できるようになったのだ!

パフォーマンスは期待以上!ベンチマークスコアでは15インチモデルを上回る

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 05

ついに「MacBook Pro」にも32GBのRAMが搭載できるようになった時には一瞬の迷いもなく「RAMの32GBは必須だろう、間違いない」と購入を確信していた。夢に見た最強スペックマシーンがついに登場した、と。

ところがその後冷静になってから、「MacBook Pro 2017」で作業的に行き詰まったことは一度も無いことに気がついた。以前、「MacBook Pro 2016」のRAMは”プロ”でも32GBは必要ない理由を解説したが、高速化されたSSDによって16GBでも十分快適に動作するように設計されている。

そもそも32GBのRAMを使い切るほど重いようなマルチタスクを行うこともない。32GBなどを必要とするのは「Final Cut Pro」で4Kの動画素材を扱いながら「Adobe Photoshop」で複数レイヤーを持つ数十MB単位の画像編集を同時進行で行うような人だ。それは、僕ではない。

CPUの6コアに関しても同様。4コアでコア数の不足を感じたことは一度もなく、コア数がさらに2つ増えたところで僕の作業内容では全くと言って良いほど活かすことができないことに気がついた。

まさに猫に小判。豚に真珠。ゴリに6コア。

唯一気になっていたのがGPU性能。CPUに内蔵されたGPU(iGPU)は13インチモデルの方が15インチモデルよりも高性能なのだが、CPU内蔵のものとは別に独立したGPU(dGPU)がなくなることが心配だった。

これも実際に自分の作業内容とGPUの使用率を確認してみたところ、GPU性能がピークアウトすることがほとんどなく、日常的に行う作業で最も負荷が高いであろう「Adobe Photoshop」による画像編集でもサクサクこなすことが分かった。

確かにGPU性能があればよりスピーディに行うことができる作業もあるが、大抵は自宅で作業しているため、「Blackmagic eGPU」を使うことによって15インチ以上のパフォーマンスを発揮することができる。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 12

よって、これまで2017年モデルの15インチモデルでスペックでも事足りていた僕は、15インチ型「MacBook Pro 2017」のパフォーマンスをよりコンパクトで持ち運びしやすい筐体で実現できることが分かったのだ。

以下に、13インチ型「MacBook Pro 2018」のCPU、GPU、SSD性能を15インチ型「MacBook Pro 2017」と比較する。また、価格面においても13インチモデルの優位性があると考えているため、その点についても解説する。

CPU性能:15インチモデルを上回るスコア

まずは2018年モデルで大幅に性能が強化されたCPU性能について確認する。13インチ型「MacBook Pro 2018」は、15インチ型「MacBook Pro 2017」と同じクアッドコアCPU。しかも、CPUのモデルがより新しい。

「Geekbench 4」でそれぞれの性能を測定した結果、2018年モデル(左)が2017年モデル(右)を上回っていることが明らかになった。

これはいずれのモデルも複数回に渡って計測しているが、13インチモデルのスコアを15インチモデルが上回ることはなかった。

同じ4コアでも13インチモデルの方が高性能

13インチ型「MacBook Pro 2018」のCPUは4コアになり、15インチ型「MacBook Pro 2017」を上回ったことが分かった。

つまり、CPUの性能を必要とする作業においては、15インチ型「MacBook Pro 2017」よりも13インチ型「MacBook Pro 2018」の方がより高速に処理することができる、ということになる。

GPU性能:eGPUを使用すればデスクトップ並の性能も実現可能

すでにGPU性能に関しては「「Blackmagic eGPU」のレビュー記事で事細かく説明しているが、改めて「Geebench 4 Compute」で測定したベンチマークスコアを載せておく。

13インチ型「MacBook Pro 2018」のiGPU

13インチ型「MacBook Pro 2018」に内蔵されているGPUは「Intel Iris Graphics 655」。「OpenCL」のスコアが「23,128」、「Metal」のスコアが「25,284」だった。

15インチ型「MacBook Pro 2017」のiGPU、dGPU

15インチ型「MacBook Pro 2017」には2つのGPUが内蔵され、iGPUは「Intel Iris Plus Graphics 650」、dGPUは「AMD Radeon Pro 560」となっている。

こちらがiGPUの「OpenCL」スコアは「21,285」、「Metal」スコアは「22,150」。

dGPUの「OpenCL」スコアは「44,199」、「Metal」スコアは「48,812」。

上記スコアを比較すると下記の通り:

Open CL Metal
13インチ型「MacBook Pro 2018」(iGPU) 23,128 25,284
15インチ型「MacBook Pro 2017」(iGPU) 21,285 22,150
15インチ型「MacBook Pro 2017」(dGPU) 44,199 48,812

当然ながらMac単体のグラフィック性能は15インチモデルの方が上。13インチモデルに内蔵されているiGPUは15インチモデルに内蔵されているiGPUよりも高いスコアを出しているが、負荷の高い作業を行う場合、15インチモデルはiGPUからdGPUに切り替えるため、結果的にGPUパフォーマンスが必要な時は15インチモデルの方が優位である。

13インチ型「MacBook Pro 2018」+「Blackmagic eGPU」

ところが、今回は「Blackmagic eGPU」という秘密兵器がある。内蔵されているグラフィックカードは「ADM Radeon Pro 580」。

13インチモデルと組み合わせた場合、「OpenCL」のスコアが「109,320」、「Metal」のスコアが「113,392」となっている。

13インチ型「MacBook Pro」のiGPUを比較して、「OpenCL」のスコアは約4.7倍、「Metal」のスコアは約4.5倍に伸びていることになる。また、15インチ型「MacBook Pro 2017」のdGPUと比較しても、「Open CL」のスコアは約2.5倍、「Metal」のスコアは約2.3倍の差がある。

Blackmagic eGPU」と組み合わせたスコアも合わせて表にして比較するとこの通り:

Open CL Metal
13インチ型「MacBook Pro 2018」(iGPU) 23,128 25,284
13インチ型「MacBook Pro 2018」 + 「Blackmagic eGPU」 109,320 113,392
15インチ型「MacBook Pro 2017」(iGPU) 21,285 22,150
15インチ型「MacBook Pro 2017」(dGPU) 44,199 48,812

見て分かると思うが、13インチ型「MacBook Pro 2018」と「Blackmagic eGPU」の組み合わせによって15インチ型「MacBook Pro」のスコアを圧倒している。

実際にeGPUと組み合わせることによって、作業スピードに違いが生まれている。「Blackmagic eGPU」のレビュー記事に詳しく書いているが、

MacアプリでeGPUを利用可能にするスクリプトを使い、2分38秒の動画を「iMovie」で書き出した結果、iGPUのみを使用した時(左のスクリーンショット)よりも「Blackmagic eGPU」を使用した時(右のスクリーンショット)の方が約30秒早く書き出しが完了している。

編集らしい編集のない動画でもこのような差が出るので、より複雑な編集が施された動画にもなればより大きい差が開くと考えられる。

他にも外部ディスプレイを出力する際における本体の付加や発熱を抑えられるという魅力がある。Mac本体を冷却するためのファンを使う必要もなくなった。

iGPUはまずまず、eGPUと組み合わせて最強に

13インチ型「MacBook Pro 2018」のGPU性能自体はそこそこ。

僕の使い方では13インチモデルのGPU性能でも十分耐えられる上に、「Blackmagic eGPU」を組み合わせることによって、主な作業環境である自宅では15インチモデル以上のグラフィク・パフォーマンスを発揮することができる

SSD性能:さらに高速化され、動作がキビキビに

2017年モデルでも十分早かったSSDだが、2018年モデルになりさらに高速化された。

左が2018年モデル、右が2017年モデル。2018年モデルは書き込み速度が2,350.8MB/s、読み込み速度が2,609.8MB/s。2017年モデルは書き込み速度が1,749.5MB/s、読み込み速度が2,184.3MB/s。書き込み速度が約1.3倍、読み込み速度が約1.2倍高速化されている。

なお、以前別の15インチ型「MacBook Pro 2017」で測定した際は書き込み速度が1,895.0MB/s、読み込み速度が2,250.9MB/sを記録していたため端末によって多少の誤差はあるかもしれないが、2018年モデルは2017年モデルよりSSDが高速化されていることは確かなようだ。

さらに速くなったSSDで日常の操作がより快適に

CPUやGPUよりもMacの高速化を実感できるのはSSDではないかと思う。アプリの起動、ファイルの移動など日頃何気なく行っている操作がよりスピーディになり、快適さがアップすること間違いなし。

価格:同じUltimateモデルでも、13インチモデルの方が約20万円も安い

僕が今回購入した13インチモデルは、俗にいうUltimateモデル。CPUは最上位、RAMは16GB、SSDは1TBのモデルで、価格は税別319,800円

一方、同じく15インチのUltimateモデルは税別423,800円。その差額、104,000円。

僕は13インチモデルに加えて「Blackmagic eGPU」もあわせて購入している。価格は税別89,800円。13インチモデルと組み合わせると409,600円となるため、差額は14,200円まで縮んでしまい、ほぼ変わらない価格になってしまう。

ただ、冒頭でも書いた通り、僕はライフスタイルの変化により高性能であることは当然として、可能であれば持ち運びがしやすくなることを望んでいた。

13インチ型「MacBook Pro 2018」+「Blackmagic eGPU」という組み合わせが魅力的であると書いた通り、やはりこの組み合わせは僕の求めている条件に合うことが分かった。また、僕の作業内容からしてこの組み合わせでも十分にこなすことができることが分かった。

最高のスペックをすべての場所で、という人は15インチモデルに「Blackmagic eGPU」を組み合わせてもいいと思うが、合計税別513,600円になってしまうので、本当にその構成が自分にとって必要なのか、一度真剣に考えた方が良いかもしれない。

自分が求めている条件に見合うモデルを

僕はこれまで15インチモデルで満足していたからこそ、同じ性能を発揮できるよりコンパクトなモデルとして13インチモデルを選ぶことにした。

MacBook Pro 2018」の15インチモデルは正真正銘のプロ向けモデルになり、僕にとってはオーバースペックすぎることも、13インチモデルを検討するきっかけの1つとなった。

使いこなせないスペックのために金を払うよりも、役立ちそうな周辺機器を買い揃えた方が効率的だ。よって「Blackmagic eGPU」の購入を決意した。

「MacBook Pro 2018」の13インチモデルのスペックが「MacBook Pro 2017」の15インチモデルを上回っていることが分かったところで、もともと15インチモデルを溺愛していた僕が乗り換えて気づいた13インチモデルの魅力について紹介する!

MacBook Pro 13inch 2018 Review

gori.meの最新情報をチェック!!