MacBook Pro 13inch 2018 Review

MacBook Pro 2018 13インチ レビュー

gorime-bar-onecolumn

eGPUとの組み合わせで「高性能」と「携帯性」を両立した理想的なモデル

長年15インチ型「MacBook Pro」を愛用してきた僕だが、2018年モデルで13インチ型「MacBook Pro」に乗り換える決意をした。

2018年モデルは見た目こそは2016年モデル2017年モデルと変わらないものの、CPUがIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」から第8世代Coreプロセッサ「Coffee Lake」にアップグレードされ、13インチモデルはデュアルコア(CPUのコア数が2つ)からクアッドコア(CPUのコア数が4つ)に!

今回購入したのは、13インチ型「MacBook Pro 2018」の「Ultimate」モデル。Apple Storeで購入できる構成の中で最もスペックが高いものだ。具体的なスペックは下記の通り:

MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 ports)
機種 ID MacBookPro15,2
部品番号 MR9T2JA/A
プロセッサ 第8世代の2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プ ロ セッサ(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
ディスプレイ True Tone搭載Retinaディスプレイ
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 655
メモリ 16GB 2,133MHz LPDDR3
ストレージ 1TB SSD
Thunderbolt 3 Thunderbolt 3ポート x 4
Touch Bar / Touch ID
キーボード バックライトキーボード – 英語(米国)
カラー スペースグレイ

結論から言うと、僕の中で13インチ型「MacBook Pro 2018」は非常に高評価だ。2018年モデルになり、懸念していたパワー不足が解消され、15インチ型「MacBook Pro 2017」に劣らないパフォーマンスを発揮しながらもよりコンパクトになり、僕のライフスタイルにマッチしたデバイスに進化している。

本記事では15インチモデルから13インチモデルに乗り換えた理由15インチモデルと比較した時のパフォーマンスの違い13インチモデルならではの強みなどについて解説したので、「MacBook Pro 2018」の購入を検討している人は参考にどうぞ!

15インチモデルではなく、13インチモデルに乗り換えた理由

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 07

13インチモデルより15インチモデルを買うべきであると強く主張してきた僕だが、突然、13インチモデルにピボットしたには理由がある。

まずは僕の基本的なライフスタイルについて紹介する。

僕が普段仕事場としているのは自宅だ。自分自身の部屋を設けさせてもらい、その部屋には僕が仕事を快適にするための作業環境が整っている。4Kディスプレイを2枚設置し、Mac本体を3枚目のディスプレイとしたトリプルディスプレイ環境を構築している。

取材などで移動する場合、作業するのはたいてい電車の中やカフェなどが多い。スピード感が求められるため、取材現場の机の上で書き上げることもあり、作業時間はそれほど長くはない。また、写真の現像や編集をするものの、それほど高負荷な作業は行っていない。

僕は基本的にいつでも「MacBook Pro」を持ち運ぶようにしている。家族で出掛ける時も、必要に応じて取り出してはササッと記事を書いたり、記事を修正したりすることもある。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 34

娘が生まれたことをきっかけとして、意識的に自宅にいる時間を長くしているため、自然と自宅で作業する時間が圧倒的に長くなっていた。一方、取材時はカメラ機材を同時に持ち運ぶため荷物を減らしたいという思いが常にあり、家族と出掛ける時も荷物を必要最低限にしたいという思いがあった。

自宅の作業環境で快適に仕事ができる性能があり、持ち運ぶ時は軽くてコンパクト。僕にとってこの2つのバランスが最も取れていたマシーンは、15インチ型「MacBook Pro」だった。

ところが、13インチ型「MacBook Pro 2018」は、13インチモデルの欠点であったパフォーマンスを大幅に改善した。さらに、「Blackmagic eGPU」によって13インチモデルの長年の欠点だったグラフィック性能を大幅に強化することができるようになり、15インチモデル以上の性能を発揮できるようになったのだ!

パフォーマンスは期待以上!ベンチマークスコアでは15インチモデルを上回る

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 05

まず最初に「MacBook Pro 2018」の基本スペックを載せておく。

13インチモデルの基本スペック(下位モデル・上位モデル)

13インチモデルは4コアモデルが標準仕様。RAMはLPDDR3メモリを採用しているため、最大16GBまで。ストレージは最大2TBまで搭載可能。

下位モデル 上位モデル
  • 第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
  • Turbo Boost使用時最大3.8GHz
  • Intel Iris Plus Graphics 655
  • 8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • True Tone搭載Retinaディスプレイ
  • Touch BarとTouch ID
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • 第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
  • Turbo Boost使用時最大3.8GHz
  • Intel Iris Plus Graphics 655
  • 8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • True Tone搭載Retinaディスプレイ
  • Touch BarとTouch ID
  • Thunderbolt 3ポート x 4
198,800円 220,800円

15インチモデルの基本スペック(下位モデル・上位モデル)

15インチモデルは6コアモデルが標準仕様。最大32GBのDDR4メモリを搭載することが可能ストレージは最大4TBまで搭載可能。

下位モデル 上位モデル
  • 第8世代の2.2GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ
  • Turbo Boost使用時最大4.1GHz
  • Radeon Pro 555X(4GB GDDR5メモリ搭載)
  • 16GB 2,400MHz DDR4メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • True Tone搭載Retinaディスプレイ
  • Touch BarとTouch ID
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • 第8世代の2.6GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ
  • Turbo Boost使用時最大4.3GHz
  • Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ搭載)
  • 16GB 2,400MHz DDR4メモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • True Tone搭載Retinaディスプレイ
  • Touch BarとTouch ID
  • Thunderbolt 3ポート x 4
258,800円 302,800円

15インチモデルのスペックが自分にとって本当に必要なのか、自問自答

ついに「MacBook Pro」にも32GBのRAMが搭載できるようになった時には一瞬の迷いもなく「RAMの32GBは必須だろう、間違いない」と購入を確信していた。夢に見た最強スペックマシーンがついに登場した、と。

ところがその後冷静になってから、「MacBook Pro 2017」で作業的に行き詰まったことは一度も無いことに気がついた。以前、「MacBook Pro 2016」のRAMは”プロ”でも32GBは必要ない理由を解説したが、高速化されたSSDによって16GBでも十分快適に動作するように設計されている。

そもそも32GBのRAMを使い切るほど重いようなマルチタスクを行うこともない。32GBなどを必要とするのは「Final Cut Pro」で4Kの動画素材を扱いながら「Adobe Photoshop」で複数レイヤーを持つ数十MB単位の画像編集を同時進行で行うような人だ。それは、僕ではない。

CPUの6コアに関しても同様。4コアでコア数の不足を感じたことは一度もなく、コア数がさらに2つ増えたところで僕の作業内容では全くと言って良いほど活かすことができないことに気がついた。

まさに猫に小判。豚に真珠。ゴリに6コア。

唯一気になっていたのがGPU性能。CPUに内蔵されたGPU(iGPU)は13インチモデルの方が15インチモデルよりも高性能なのだが、CPU内蔵のものとは別に独立したGPU(dGPU)がなくなることが心配だった。

これも実際に自分の作業内容とGPUの使用率を確認してみたところ、GPU性能がピークアウトすることがほとんどなく、日常的に行う作業で最も負荷が高いであろう「Adobe Photoshop」による画像編集でもサクサクこなすことが分かった。

確かにGPU性能があればよりスピーディに行うことができる作業もあるが、大抵は自宅で作業しているため、「Blackmagic eGPU」を使うことによって15インチ以上のパフォーマンスを発揮することができる。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 12

よって、これまで2017年モデルの15インチモデルでスペックでも事足りていた僕は、15インチ型「MacBook Pro 2017」のパフォーマンスをよりコンパクトで持ち運びしやすい筐体で実現できることが分かったのだ。

以下に、13インチ型「MacBook Pro 2018」のCPU、GPU、SSD性能を15インチ型「MacBook Pro 2017」と比較する。また、価格面においても13インチモデルの優位性があると考えているため、その点についても解説する。

CPU性能:15インチモデルを上回るスコア

まずは2018年モデルで大幅に性能が強化されたCPU性能について確認する。13インチ型「MacBook Pro 2018」は、15インチ型「MacBook Pro 2017」と同じクアッドコアCPU。しかも、CPUのモデルがより新しい。

「Geekbench 4」でそれぞれの性能を測定した結果、2018年モデル(左)が2017年モデル(右)を上回っていることが明らかになった。

これはいずれのモデルも複数回に渡って計測しているが、13インチモデルのスコアを15インチモデルが上回ることはなかった。

同じ4コアでも13インチモデルの方が高性能

13インチ型「MacBook Pro 2018」のCPUは4コアになり、15インチ型「MacBook Pro 2017」を上回ったことが分かった。

つまり、CPUの性能を必要とする作業においては、15インチ型「MacBook Pro 2017」よりも13インチ型「MacBook Pro 2018」の方がより高速に処理することができる、ということになる。

GPU性能:eGPUを使用すればデスクトップ並の性能も実現可能

すでにGPU性能に関しては「Blackmagic eGPU」のレビュー記事で事細かく説明しているが、改めて「Geebench 4 Compute」で測定したベンチマークスコアを載せておく。

13インチ型「MacBook Pro 2018」のiGPU

13インチ型「MacBook Pro 2018」に内蔵されているGPUは「Intel Iris Graphics 655」。「OpenCL」のスコアが「23,128」、「Metal」のスコアが「25,284」だった。

15インチ型「MacBook Pro 2017」のiGPU、dGPU

15インチ型「MacBook Pro 2017」には2つのGPUが内蔵され、iGPUは「Intel Iris Plus Graphics 650」、dGPUは「AMD Radeon Pro 560」となっている。

こちらがiGPUの「OpenCL」スコアは「21,285」、「Metal」スコアは「22,150」。

dGPUの「OpenCL」スコアは「44,199」、「Metal」スコアは「48,812」。

上記スコアを比較すると下記の通り:

Open CL Metal
13インチ型「MacBook Pro 2018」(iGPU) 23,128 25,284
15インチ型「MacBook Pro 2017」(iGPU) 21,285 22,150
15インチ型「MacBook Pro 2017」(dGPU) 44,199 48,812

当然ながらMac単体のグラフィック性能は15インチモデルの方が上。13インチモデルに内蔵されているiGPUは15インチモデルに内蔵されているiGPUよりも高いスコアを出しているが、負荷の高い作業を行う場合、15インチモデルはiGPUからdGPUに切り替えるため、結果的にGPUパフォーマンスが必要な時は15インチモデルの方が優位である。

13インチ型「MacBook Pro 2018」+「Blackmagic eGPU」

ところが、今回は「Blackmagic eGPU」という秘密兵器がある。内蔵されているグラフィックカードは「ADM Radeon Pro 580」。

13インチモデルと組み合わせた場合、「OpenCL」のスコアが「109,320」、「Metal」のスコアが「113,392」となっている。

13インチ型「MacBook Pro」のiGPUを比較して、「OpenCL」のスコアは約4.7倍、「Metal」のスコアは約4.5倍に伸びていることになる。また、15インチ型「MacBook Pro 2017」のdGPUと比較しても、「Open CL」のスコアは約2.5倍、「Metal」のスコアは約2.3倍の差がある。

Blackmagic eGPU」と組み合わせたスコアも合わせて表にして比較するとこの通り:

Open CL Metal
13インチ型「MacBook Pro 2018」(iGPU) 23,128 25,284
13インチ型「MacBook Pro 2018」 + 「Blackmagic eGPU」 109,320 113,392
15インチ型「MacBook Pro 2017」(iGPU) 21,285 22,150
15インチ型「MacBook Pro 2017」(dGPU) 44,199 48,812

見て分かると思うが、13インチ型「MacBook Pro 2018」と「Blackmagic eGPU」の組み合わせによって15インチ型「MacBook Pro」のスコアを圧倒している。

実際にeGPUと組み合わせることによって、作業スピードに違いが生まれている。「Blackmagic eGPU」のレビュー記事に詳しく書いているが、

MacアプリでeGPUを利用可能にするスクリプトを使い、2分38秒の動画を「iMovie」で書き出した結果、iGPUのみを使用した時(左のスクリーンショット)よりも「Blackmagic eGPU」を使用した時(右のスクリーンショット)の方が約30秒早く書き出しが完了している。

編集らしい編集のない動画でもこのような差が出るので、より複雑な編集が施された動画にもなればより大きい差が開くと考えられる。

他にも外部ディスプレイを出力する際における本体の付加や発熱を抑えられるという魅力がある。Mac本体を冷却するためのファンを使う必要もなくなった。

iGPUはまずまず、eGPUと組み合わせて最強に

13インチ型「MacBook Pro 2018」のGPU性能自体はそこそこ。

僕の使い方では13インチモデルのGPU性能でも十分耐えられる上に、「Blackmagic eGPU」を組み合わせることによって、主な作業環境である自宅では15インチモデル以上のグラフィク・パフォーマンスを発揮することができる

SSD性能:さらに高速化され、動作がキビキビに

2017年モデルでも十分早かったSSDだが、2018年モデルになりさらに高速化された。

左が2018年モデル、右が2017年モデル。2018年モデルは書き込み速度が2,350.8MB/s、読み込み速度が2,609.8MB/s。2017年モデルは書き込み速度が1,749.5MB/s、読み込み速度が2,184.3MB/s。書き込み速度が約1.3倍、読み込み速度が約1.2倍高速化されている。

なお、以前別の15インチ型「MacBook Pro 2017」で測定した際は書き込み速度が1,895.0MB/s、読み込み速度が2,250.9MB/sを記録していたため端末によって多少の誤差はあるかもしれないが、2018年モデルは2017年モデルよりSSDが高速化されていることは確かなようだ。

さらに速くなったSSDで日常の操作がより快適に

CPUやGPUよりもMacの高速化を実感できるのはSSDではないかと思う。アプリの起動、ファイルの移動など日頃何気なく行っている操作がよりスピーディになり、快適さがアップすること間違いなし。

価格:同じUltimateモデルでも、13インチモデルの方が約20万円も安い

僕が今回購入した13インチモデルは、俗にいうUltimateモデル。CPUは最上位、RAMは16GB、SSDは1TBのモデルで、価格は税別319,800円

一方、同じく15インチのUltimateモデルは税別423,800円。その差額、104,000円。

僕は13インチモデルに加えて「Blackmagic eGPU」もあわせて購入している。価格は税別89,800円。13インチモデルと組み合わせると409,600円となるため、差額は14,200円まで縮んでしまい、ほぼ変わらない価格になってしまう。

ただ、冒頭でも書いた通り、僕はライフスタイルの変化により高性能であることは当然として、可能であれば持ち運びがしやすくなることを望んでいた。

13インチ型「MacBook Pro 2018」+「Blackmagic eGPU」という組み合わせが魅力的であると書いた通り、やはりこの組み合わせは僕の求めている条件に合うことが分かった。また、僕の作業内容からしてこの組み合わせでも十分にこなすことができることが分かった。

最高のスペックをすべての場所で、という人は15インチモデルに「Blackmagic eGPU」を組み合わせてもいいと思うが、合計税別513,600円になってしまうので、本当にその構成が自分にとって必要なのか、一度真剣に考えた方が良いかもしれない。

自分が求めている条件に見合うモデルを

僕はこれまで15インチモデルで満足していたからこそ、同じ性能を発揮できるよりコンパクトなモデルとして13インチモデルを選ぶことにした。

MacBook Pro 2018」の15インチモデルは正真正銘のプロ向けモデルになり、僕にとってはオーバースペックすぎることも、13インチモデルを検討するきっかけの1つとなった。

使いこなせないスペックのために金を払うよりも、役立ちそうな周辺機器を買い揃えた方が効率的だ。よって「Blackmagic eGPU」の購入を決意した。

「MacBook Pro 2018」の13インチモデルのスペックが「MacBook Pro 2017」の15インチモデルを上回っていることが分かったところで、もともと15インチモデルを溺愛していた僕が乗り換えて気づいた13インチモデルの魅力について紹介する!

15インチモデルにはない、13インチモデルの魅力

軽量化:500g以上軽くなり、持ち運びしやすくなった

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 01

「MacBook Pro」を15インチモデルから13インチモデルに変更したことによって、最も分かりやすく変わったのが重さ。本体は1.83kgから1.37kgに(460g減)、充電アダプタも小型化され293gから209gに(84g減)なり、合計544gほど軽くなった

2018年モデルは端子部分がアルミ製からプラスチック製に変わっている。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 02

たかが500g、されど500g。実際に背負っているとこの重さはすぐに実感できる。

小型化:カフェのテーブルや新幹線の机など、狭い場所でも作業しやすくなった

Using MacBook Pro 2018 at starbucks 02

さらに、13インチモデルになり物理的なサイズが小さくなったことによって、広さが限られた机の上でも安心して「MacBook Pro」を置くことができるようになった。出先で作業する機会が限られているからこそ、筐体がコンパクトになったことによって作業場所の選択肢が増えるのはありがたい。

以前、新幹線の机で15インチ型「MacBook Pro」で作業できるか検証してみたことがあるが、恐らく13インチモデルであれば狭い机の上でも本体をしっかりと机の中に収めることができるはず。

対応アクセサリ:15インチモデルより選択肢が広がる

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 30

13インチモデルになったことによって充電関連アクセサリーの選択肢が広がったことも嬉しい。15インチモデルはフルスピードで充電するために87W必要であるのに対し、13インチモデルは60Wあれば十分。

モバイルバッテリーでもフル充電に近いスピードで充電できるようになること。また、純正品以外にもフルスピードまたはフルスピードに近い速度で充電できる電源アダプタが利用できること。

モバイルバッテリーの一例としては、「Anker PowerCore Speed 20000 PD」は重さ360gでUSB-CポートとUSB-Aポートを搭載し、電池容量が20,000mAh。最大22.5W出力で充電することができる。

cheero Power Deluxe」は最大出力45Wに対応。電池容量は20,1000mAhだが重さは約368gなので少し重いが、出力が大きいのは魅力的。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 33

USB-C充電器の一例としては、「Anker PowerPort ll PD – 1 PD and 1 PowerIQ2.0」であれば出力は30Wになってしまうが、重さは約130gに抑えられ、iPhoneを充電するためのUSB-Aポートも付いている。

BelkinのUSB-Cチャージャーの45Wモデルは138g、27WモデルはUSB-Aポート付きで99g。数十グラム程度の差かもしれないが、それがチリツモとなって負担軽減に繋がるのだ。

フルスピードで充電したいが重さを少しでも抑えたい、という場合は「C-ROCK」がある。重さは155gなので、少しだけ軽い。

個人的にはAndMeshの13インチ型「MacBook Pro」用メッシュケースが使えるようになったことが嬉しい。ケースそのものが310gの重さを追加してしまうが、そのままカバンに放り込んでも本体が守られるのはありがたい。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 35

何よりもメッシュケースファンとしてはiPhoneケースやiPadケースと揃えたくなる。

MacBook Pro 2018」が昨年から大きく変わったのは内部仕様となっているが、目立たないところでハードウェアも改良が加えられている。

15インチモデルから13インチモデルに乗り換えて変わったこと

もちろん13インチモデルならではの魅力はあるが、15インチモデルに慣れていた僕としては適応しなければならない変化があったので、それらもまとめてみた!

画面スペース:作業スペースは狭くなったが、正直困っていない

15インチモデルメリットの1つとして実感していたのは、画面の広さ。13インチモデルに比べると15インチモデルの方が解像度が高く、1つの画面でより多くの情報を表示することができることに魅力を感じていた。

ところが、僕は気づいてしまった。僕自身、その大画面を活かすような使い方をしていないということを。

僕は「Mission Control」(旧Expose)をそれほど活用しない。記事執筆に使うアプリは1つの作業スペースに置き、「Spotify」や「iTunes」などのBGM再生用アプリ、「Spark」や「Slack」などコミュニケーションアプリを別の作業スペースに配置しているが、せいぜい2つ、多くても3つの作業スペースで完結する。

1つの作業スペースで作業するため画面が大きい方が良いというのがこれまでの持論だったが、実際は同時に表示しているアプリは1つか2つ。必要性に応じて「Command + tab」でアプリを切り替えて使用するため、大きい画面でも画面いっぱいに使っている自分がいることに気がついた。

Using Mission Control and Command tab

確かに画面に余裕があったほうがドラッグ・アンド・ドロップをする際に便利なのだが、大抵はAlfredのキーボードショートカットで事足りているため、削ってもそれほど作業には支障をきたしていない。

そもそも作業時間の大部分は自宅の外付けディスプレイで行っているため、「MacBook Pro」の画面はそれほど広くなくても問題ないのだ。

筐体のサイズ:首が疲れる

ディスプレイが小さくなったことによって、実際に「MacBook Pro」を使って作業する時の弊害として、視線が15インチモデルよりも下に向きがちになり、首が疲れる

実際、ディスプレイの高さの差はこの程度。「Bluelounge Kickflip」を再度導入することを検討したいレベルだ。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 40

この記事を書くために13インチモデル単体で作業する時間を積極的に設けているが、15インチモデルと比べて格段に首が疲れる。久しぶりに15インチモデルを開くと首の疲労感が全く違う。

とは言え、15インチモデルでもやはり視線は下に向きがちなので、「MacBook Pro」単体で作業する場合は外部キーボードとマウス、そして「Twelve South Curve Stand for MacBook」を活用した方が快適であることは間違いない。

トラックパッド:小さく感じたが、すぐ慣れた

15インチモデルよりも一回り小さくなったトラックパッドを搭載している13インチモデル。最初のうちは小さく感じることもあったが、使っているうちに慣れた。今となっては気にならない。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 39

それよりも、トラックパッドの左右にあるパームレストが小さくなったことに対する違和感がなかなか抜けなかった。

発熱:15インチモデルよりも本体が熱くなる傾向にある

本体は少し熱くなりがち。サーモグラフィカメラで同じ環境を再現し、同じ状態を再現したところ、やはり13インチモデルの方が熱い

下記が13インチ型「MacBook Pro 2018」と15インチ型「MacBook Pro 2017」で「Google Chrome」を開き、同じ動画を4K画質で再生した状態をサーモグラフィカメラで比較してみた。

13インチモデルは最も熱い箇所で43℃前後を遷移し、動画が進むにつれて44℃超えを記録。一方、15インチモデルは極稀に40℃を超えることもあったが、基本的には40℃以下で推移していた。

13インチモデルで作業するようになって以来、指先が心なしか熱いような印象があったので測定してみたが、このようにして測定してみた結果、15インチモデルの方がキーボード周りの温度が低かった。

続いて、「MacBook Pro 2018」に採用されている第3世代バタフライ式キーボード、容量の増えたバッテリー、True Toneディスプレイ、「Hey Siri」、「Thunderbolt 3」、そしてなぜかまだ呑気に居座っている「Touch Bar」について物申す!

2018年モデルならではの特徴とその使用感

第3世代バタフライ式キーボード:使用感は基本的に同じ、故障に強くなった(と思っている)

MacBook Pro 13inch 2018 Review

Appleによると、「MacBook Pro 2018」の第3世代バタフライ式キーボードについて「13インチと15インチのTouch Bar搭載モデルには、より静かにタイピングができるキーボードを採用」したと説明している。

実際に2018年モデルを使ってみて劇的に静かになったと感じるほどの変化ではない。少なくともわざわざ公式ページに「静かになった」と言うほど静かになっているとは言い難い。

その後、iFixitの分解レポートによりMacBook Pro 2018」の第3世代バタフライ式キーボード、構造が改良されていることが判明し、シリコン膜追加でゴミの侵入防止に大きく貢献していることが分かった。公には認めていないが、リークした内部資料によってApple自身もゴミの侵入を防ぐことが目的の改良であることが分かっている。

打音の変化はそれほど感じないものの、キーボードカバーを使わずにタイピングできるだけでも十分。シリコン膜が追加された影響なのか、打音も少し鈍くなり、打感も以前ほどの”ペチペチ感”がなくなったようにも思える。

MacBook Pro 13inch 2018 Review

僕はもともとバタフライ式キーボードはどちらかというと好きだ。少ない労力でキーを安定して打ち込むことができるため、タイピングはしやすい。

Appleも三度目の正直でようやくまともに使えるキーボードを「MacBook Pro」に搭載することができたようだ。

電池持ち:思っていたほど良くない

MacBook Pro 2018」の13インチモデルの電池容量は49.2Whから58Whに、15インチモデルは76Whから83.6Whまで増えている。

駆動時間の公称値は2017年モデルと変わらないう10時間であることから、恐らく2コアから4コアになったことによって消費電力が増えたことに対する対策であると考えられるが、密かに15インチモデルを上回る電池持ちの良さを期待していた。

実際に何度か「MacBook Pro」だけで普段通り使ってみてたところ、正確な時間は測定していないものの、大体5、6時間ぐらいで残り20〜30%程度の電池残量だった。想定の範囲内かな。

この際、True Toneは有効にし、ディスプレイの照度は7割程度にしていたが、1、2段階ほど明るさを落とせば長持ちさせられるかもしれない。

True Toneディスプレイ:目に優しい気がする

MacBook Pro 2018 True Tone On Off

True Toneテクノロジーは環境光センサーを活用し、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に調整してくれる。すでに「iPhone X」や「iPad Pro」ですでに導入されている。

MacBook Pro 2018」本体だけで使っているとその恩恵を受けていることは実感しづらいが、True Toneの引き継ぎに対応していない外部ディスプレイと並べてみるとその違いは一目瞭然。

逆に言うと環境によって色合いが大きく変わるため、写真や映像など色の正確さが求められる場合においては有効化することをあまりおすすめできない。


Before:True Toneオフ、After:True Toneオン

無効化する場合は「システム環境設定」の「ディスプレイ」の「ディスプレイ」タブ内から調整可能。オン・オフを簡単に切り替えることができるキーボードショートカットなどは用意されていない。

MacBook Pro 2018 13inch True Tone 01

また、一部のMacユーザーの間で「ブルーライトカットメガネいらず」と人気のアプリケーション「f.lux」は「MacBook Pro 2018」のTrue Toneと競合することが僕の実験で分かった。

MacBook Pro and Flux doesnt go very well 01

MacBook Pro 2018」の13インチモデルでも15インチモデルでも、「f.lux」が有効だと上記のような緑色と水色の模様が表示されてしまうことが確認できている。

Hey Siri:Macが反応する前にiPhoneやApple Watchが反応する罠

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 23

使ってもいないのに「MacのSiriは存在意義がない」と決めつけている人はいないだろうか。僕も当初はMacのSiriに話しかけている姿がアホらしくて「そんなもの使うもんか」と思っていたが、実は活用方法によっては便利。

例えば僕は何かと天気や降水確率をSiriに聞くことが多いのだが、Macに向かっている時はわざわざiPhoneに聞くよりもMacで聞いた方が早い。反応も早いような気がしてならない。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 24

だからこそ「Hey Siri」対応には期待していたのだが、大きな欠点がある。それは「Hey Siri」と呼びかけると、先にApple WatchやiPhoneが反応してしまうこと。MacのSiriに聞きたいのに……。

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 22

結果的にキーボードショートカットで呼び出すことが多く、あまり活用することができていない

Thunderbolt 3ポート:見た目は同じだが、硬く、速くなった

一見何も変わっていないように見える「Thunderbolt 3」ポートだが、パッと見ただけでは分からない変化がある。

1つは13インチ型「MacBook Pro 2018」は全ポートがフルパワー仕様になったこと。13インチ型「MacBook Pro」の2016年モデルおよび2017年モデルは左右のポートに性能差があったが、2018年モデルは15インチモデルと同じ、すべてのポートが帯域制限無しで利用できる。

もう1つは、ポートが驚くほど硬くなったこと。この硬さは驚くべきもので、15インチ型「MacBook Pro 2017」ではサクサク抜き差しできていたケーブルもしっかりとホールドされる。

なぜこのような仕様変更を行ったのかは分からないが、「Blackmagic eGPU」を使っている身としては意図せずケーブルが抜けてしまうのは危ないため、避けたい。Appleが公式サイトでeGPUを取り扱うということは、グラフィック性能不足を外付けのグラフィックカードで補う流れを踏まえた上で、接続の信頼性を強化するために硬くしたのかもしれない。

2017年モデルと比べてみると、「Thunderbolt 3」の接続端子に細かい金属ピンのようなものが追加されていることが確認できる。これが硬さに一役買っているのかもしれない。

Thunderbolt 3 ports on MacBook Pro 2018 01

これが原因なのか、一部モデルでは2つのポートを同時に使用する直挿し型USB-Cハブは利用できない場合があることが確認され、僕の13インチモデルは手元にあるUSB-Cハブが全滅となった。

スピーカー:音質が改善、よりクリアに

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 29

普段は「Caldigit TS3 Plus」に繋いだ「Bose Companion 20」から音を出しているため、あまりMac本体のスピーカーを使う機会がないのだが、「MacBook Pro 2018」と「MacBook Pro 2017」を聴き比べると想像していたよりも音質が改善されていることが分かった。

2017年モデルがこもって聞こえるほど、2018年モデルは音質がクリアになあった。使う人にとっては嬉しい改良点だ。

Touch Bar:あれ?何でまだいるの?

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 17

アメリカで訴訟問題に発展するほど批判の多かったキーボードは2018年モデルで何とか修正されたが、「あるだけ無駄」「余計な存在」「MacBook Proにおける最大の欠陥」と僕の中で話題の「Touch Bar」はまだ残っている。

ああ、「Touch Bar」よ。君はベンチにいても場所を取るだけ邪魔なのに、なぜかスタメン起用され、打席に立ってもバットの持ち方も分からず、振るまでもなく三振をするようなポンコツバッターだ

ようやくプロ向けのマシーンとして内部仕様が大幅に進化を遂げた「MacBook Pro」だが、プロが誰も必要としない「Touch Bar」は残ったままだ。

分かる。「Touch Bar」は監督の息子だ。スタメン起用しないといけないことは分かる。

ただ、チームのことを考えると「Touch Bar」を残すことは得策ではない。僕は毎回エスケープキーを押し込みたいんだ。押し込ませてくれ!

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 28

「Touch ID」は便利だが、無くても言うほど困らない。物理ファンクションキーが復活するためなら、「Touch ID」を廃止しても文句は言わない。

頼む、頼むよApple!

さて、最後にここまでの流れをすべて踏まえた上で、13インチ型「MacBook Pro 2018」の魅力について最後にまとめたいと思う!

まとめ:「MacBook Pro 2018」の13インチモデルは理想のモバイルマシーンに

MacBook Pro 2018 13inch Massive Review 14

これまでの僕のライフスタイルでは、Mac単体で作業することも多く持ち運びよりもパフォーマンスを優先する必要があり、「MacBook Pro」は15インチモデルという選択肢以外考えられなかった。1台で完結させたいと言う思いもあり、デスクトップ型Macとノート型Mac、という分け方をすることも選択肢になかった。

ところが、今はライフスタイルが変わり、自宅で仕事をする時間が増えた結果、ある程度の作業内容であれば13インチモデルで事足りる、という結論に至った。最高のパフォーマンスは自宅の作業環境で発揮できれば全く問題ない。

MacBook Pro 2018」の13インチモデルは以下のような特徴がある。

  • 軽くてコンパクト
  • 15インチ型「MacBook Pro 2017」に匹敵するCPU、RAM、SSD性能
  • 15インチモデルよりも価格が安い

パフォーマンス面に関しては、グラフィック性能が必要であれば「Blackmagic eGPU」を組み合わせることによって、据え置きの作業環境に限定されるが、15インチモデルを購入するよりも高い効果が得られる。

要は、13インチ型「MacBook Pro 2018」は15インチ型「MacBook Pro 2017」と同程度の性能を持つマシーンなのだ。

MacBook Pro 13inch 2018 Review

逆に、2018年モデルの15インチモデルが必要な人は以下のようなことを求めている人だろう。

  • 高画質で高度な作業を必要とする動画編集をMac本体で行う人
  • 高度な画像編集をMac本体で行う人
  • その他6コアの性能を必要とする人
  • 15インチディスプレイを使いたい人

このことから、2018年モデルの15インチモデルは正真正銘のプロ向けモバイルマシーンになったと言っても過言ではない。僕を含む一般人が6コアを必要とする作業はなかなか出てこないだろう。

13インチモデルが4コアになり、十分な性能を持ち合わせながらも持ち運びやすくなったことにより、これまで15インチモデルを選ぶ以外の選択肢がないように思えた人でも13インチモデルを候補として検討できるようになった。

「軽くてコンパクトさ重視の12インチ型MacBook + パワフルで据え置きのiMac」という組み合わせしかなかったのが、「性能がパワフルで十分に持ち運ぶことができる13インチ型MacBook Pro + さらなるパワーを必要とするためのeGPU」という組み合わせも候補として考えられるようになったのではないだろうか。

MacBook Pro 2018 13inch Review 04

僕がこれまで15インチモデルにこだわってきた理由を改めて振り返ってみると、以下の3つに集約できる。

  • 自宅で外部ディスプレイを複数出力して使いたい
  • 写真の現像や編集が快適に行えるようにしたい
  • 1台のマシーンでいつでもどこでも作業できる高いパフォーマンスが欲しい

13インチモデルに変えた決め手は、これらのニーズを13インチモデルでも十分対応できることが分かったからだ。

本当に6コアを使いこなすような作業をしているのか。本当にRAMが32GBになれば作業効率は上がるのか。本当に15インチのディスプレイは必要なのか。

13インチモデルは15インチ型「MacBook Pro 2017」に匹敵する性能を持つ。「Blackmagic eGPU」を組み合わせれば「iMac 5K 2017」の最上位モデルに匹敵するグラフィック性能を用意できる。加えて、15インチモデルにはない軽さとコンパクトさがある。

「MacBook Pro 2018」の13インチモデルと「Blackmagic eGPU」。この組み合わせが今の僕のライフスタイルに最も合うコンビネーションだ。

長らく15インチ派だった皆さんも、13インチへの乗り換えも真剣に考えても良いかも?

8.510
MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 ports)
MacBook Pro 13inch 2018 Review
MacBook Pro 13inch 2018 Review

gori.meの最新情報をチェック!!