新幹線の机で15インチ型「MacBook Pro」で作業できるか検証してみた

MacBookProLate2016を新幹線の机で使う
先日日帰りで大阪に遊びに行ったのだが、品川から新大阪までの約2時間半の移動中ももちろん仕事だ。「MacBook Pro (Late 2016)」をぱちぱち叩きながらフロム関東トゥ関西まで向かうのだ。

以前、「MacBook Pro Retina 15インチモデルがカフェで使うには大きすぎるのか検証してみた」という記事を公開したが、今回は新幹線の机で15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」で作業できるかどうかを検証してみたので、その結果を報告する!

机からMacがはみ出てしまうので少々作業しづらい

この日取った席は窓際の席。新幹線で移動する時は電源を確保したいのでほぼ毎回電源席に座る。

僕の15インチ型「MacBook Pro」を開いたところ、一応ギリギリ机の上には載ったが、乗車前に買ったスタバのコーヒーは載せることができなかった。
MacBookProLate2016を新幹線の机で使う
横はギリギリ収まるが、実際に作業しようとディスプレイを傾けると前の座席に当たってしまい、少し手前にMac本体をせり出す必要がある。
MacBookProLate2016を新幹線の机で使う
幸いにもパームレストの半分以上が机の上に載っているのでこの状態で作業すること自体は特に問題はない。
MacBookProLate2016を新幹線の机で使う
やはり15インチ型「MacBook Pro」は、新幹線の机に載せるには少々大きい。ただ、「MacBook Pro (Late 2016)」だからこそ得られるメリットがある。
MacBookProLate2016を新幹線の机で使う
それはこれ。4つのUSB-CポートどれからでもMac本体を充電することができるため、このように右のUSB-Cポートにケーブルを挿し、本体を充電することができる。これはなかなか便利だ。隣の席の人にも迷惑を掛けずに済むので精神衛生上良い。
MacBookProLate2016を新幹線の机で使う

最前列の席を確保できると飲み物も置けるが横幅が不足

帰りの新幹線は最前列の席を確保することに成功。最前列の席は他の席よりも奥行きがある一方で横幅は狭くなっている。15インチ型「MacBook Pro」が乗り切らない。
MacBookProLate2016を新幹線の机で使う
ただ、奥行きがある分、ドリンクは置くことができる。帰り道はタリーズの缶コーヒー。ディスプレイを作業がしやすい角度にしてもギリギリ当たらずに済んだ。
MacBookProLate2016を新幹線の机で使う
見事テーブルからはみ出てしまっているが、しっかりと左右均等に置くことができれば特に問題はない。
MacBookProLate2016を新幹線の机で使う
ちなみにどちらでも作業は捗り行きの新幹線ではデザイン変更に記事執筆をこなし、帰りの電車は乗車直前に食べた串かつの脂によるダメージを受けつつも記事執筆を数本こなすことができた。

結論としては15インチ型「MacBook Pro」は新幹線の机でも問題なく使用することができる。僕は終始au回線でテザリングをしながら向かったが通信状況は基本的に良好で快適な移動をすることができた。

今日も15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」を背負って出掛けるぞ!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!