新型「MacBook Pro」、「Touch ID」と有機ELディスプレイのタッチバー搭載で2016年10月以降に発売?!

new-macbook-pro-retina-15.png

これほど僕が新しい15インチ型「MacBook Pro Retina」を欲しているというのに、発売されるのは今年の6月ではなく、10月以降だと言うのか……?!

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、Appleが今年発表する新しい13/15インチ型「MacBook Pro」はより薄型化・軽量化され、「Touch ID」と有機ELディスプレイのタッチバーが特徴となり、2016年第4四半期(10〜12月)に発売されると予想している!

13インチ型MacBookも登場、「MacBook Air」がエントリーモデル機に

Kuo氏によると、今年発表される新しい「MacBook Pro」は「Apple史上最も重要なアップデート」になるとコメント。

薄型化と軽量化は予想通りの変化であり、期待されている変化でもある。12インチ型MacBookに搭載されているバタフライ式キーボードや新しいヒンジ部分の採用によって現行モデルよりも薄く、軽くなると予想される。

先日、iPhoneの「Touch ID」を利用したMacのロック解除を「OS X 10.12」の新機能として披露すると報じられていたが、新しい「MacBook Pro」はついに「Touch ID」が搭載されるようだ。恐らく「Touch ID」を利用したロック解除は現行モデル以前のMacで同様の機能を利用可能にするための機能なのかもしれない。

「USB-C/Thunderbolt 3」に対応するのも予想通りだが、現在採用されている充電用ポート「MagSafe 2」がどうなるのかについては言及されていない。順当に行けば「USB-C/Thunderbolt 3」ポートに代わる可能性が高いが、これは今後の情報を待つしかない。

興味深いのは有機ELディスプレイのタッチバーを搭載するということ。キーボードの上にあるファンクションキーをこのタッチバーに変更するとのことだが、想像しても国内の安物PCしか思い浮かばず、格好良くなるイメージがない。

今年、Appleは全てのMacBookシリーズをアップデートする予定とのことで、先日発表された12インチ型MacBookの13インチモデルを発表すると伝えている。また、MacBookは今後ミッドレンジモデルとして位置付けられ、「MacBook Air」はエントリーモデルとして格下げされると予想している。

新型「MacBook Pro」は2016年10月以降に発売されるとのこと。全僕がショックで立ち上がれそうにないが、「OS X 10.12」と同時リリースするフラグシップ機となると10月以降発売というスケジュールは妥当かも知れない。

ところで仮に新型「MacBook Pro」が10月に発売されるとすると今年の「WWDC 2016」では一体何が発表されるのだろうか。まさか、何も発表されないとか……?!


(via MacRumors

コメントを残す(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(6件)
  1. コマイヌさん

    いつも、興味深く記事を拝見させていただいています。
    いつも悩ましくMacBook Pro15インチを買うか迷っています。

    新型がでるのを待つべきなのか。。金額的にも現行モデルの整備品とかを狙うべきなのか。。

    待つべきなのか、買うべきなのか。
    g.O.R.iさんの見解を頂けたら嬉しいです。

    現状はMacBook Air early2015 128gbモデルを使用しています。
    iMac等全て売却してMacBook Proデビューを目論んでいます。
    Final Cut Pro X、motionでの作業はしますが本格的な物はすくないです。10分程度のムービー作成が主です。

    こちらでコメントしていいか悩みましたが、無礼をお許しください。

    1. g.O.R.i

      こんにちは!いつもご覧頂き、ありがとうございます!

      MBPrを買うかどうかはそのMBPrを持ち運ぶ予定なのかどうか、またそのスペックが必要かどうかで考えた方が良いと思います!

      僕の場合、出先でも自宅でも同じMacでバリバリ作業したいという理由で15インチ型MBPrを活用していますが、出先で作業が多くない時、もしくは念の為に持ち運びたい程度の時は12インチ型MacBookを持ち歩く生活が増えています。最新モデルは性能が向上し、文章を書く程度のことであれば事足りるようになったからです。僕は写真の編集や現像、今後は動画の編集もする予定となっているため、薄くて軽くて高性能化した15インチモデルを心待ちにしています。

      もし、自宅で作業されることが多いのであれば、むしろiMacを新しく買い替え、MacBook Airを使い続ける方が良いかもしれません。本格的な作業が少ないのであれば、あえて待つ必要は無いかもしれません。おそらくご自身で「本格的なものは少ない」と仰っていることから10月に発売されるMBPrを買ったとしてもおそらくオーバースペックになり、価格的にも手が出しづらいのではないかと思います。

      以上となります!またご質問がございましたら、こちらにコメントして頂ければお答えします!

      1. コマイヌさん

        g.O.R.iさん

        早速の返信ありがとうございます!
        使用用途としては仕事場での利用は8割ほどで、自宅での利用は2割弱です。仕事先ではスペース的にデスクトップを置くことができず、モバイルPCでの作業となります。
        仕事先では、パワポやイラレでのメニュー作成、写真の編集がメインです。また仕事先に置いて帰ることもあります。

        自宅での利用が動画編集となります。

        iMacを購入することも視野には入れていたのですが、一台で簡潔にすませたい気持ちが強くiMacの購入には至らなかったです。
        また、MacBook Airに関しても半年前に購入したのですが、仕事用途でもたつく機会が増え、もっさり感が感じられるようになりました。MacBook Proを検討するようになり、展示品など触ってみてしまったから感じるのかもしれません。

        g.O.R.iさんがおっしゃる通り、オーバースペック感はありますが後で拡張ができないなど考えると悩ましくなります。

        最上位機種なのかグラボ非搭載なのか。
        重さに関してはMacBook Airでも重く感じるのでこの際気にしません笑

        10月までも待てるかというと微妙な感じもします。
        6月のwwdcでの発表発売はないんですかね。。

        こんな曖昧な質問ですみません。

        1. g.O.R.i

          一応お伝えしておきますが、15インチ型MBPrはかなり重いですw特に夏は相当しんどいです!笑 そのため、僕も最近は12インチを持ち歩いてます。

          1台で完結したい、スペックがほしい、ということであれば確かにMacBook Proは良い選択肢です!モバイル作業がメインなのであれば尚更いいですね。やはり
          パワーがあるので素晴らしいです。

          予算的に可能で持ち運びの不便さ(カバンが大きくないと大変なので)が気にならないのであれば僕は15インチをオススメします。待てるのであれば10月まで。急ぎであれば整備済みなのでも対応可能ですね。
          意外と持ち運びが結構大事だったり、僕のように他にもカメラなど機材を持ち運ぶので軽い方がいいということであれば13インチモデルもいいかもしれません。動画編集する際は自宅ということなので、外部ディスプレイに出力し、拡張性を出せば十分活用できると思います!

          例えば今の時期に最新モデルを買って(整備済みでも可)、新モデルが出たらそれを売り払って新モデルを買うっていうのはどうですか??

  2. 通りすがりの読者

    >今年、Appleは全てのMacをアップデートする予定

    原文は、
    Apple will move forward with all three MacBook lines this year
    アップデートされると予想されているのは全MacじゃなくてMacBookだけだよ

    1. g.O.R.i

      確かに誤訳ですすいません!ありがとうございます、修正しました!

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索