新型「MacBook Pro」の公式画像がリーク!タッチバー、細長いスピーカー、「Touch ID」搭載

Macbook pro touch id mr

【image via MacRumors

昨日リリースされた「macOS Sierra 10.12.1」の中に新型「MacBook Pro」と予想される公式画像が発見された!

これは「Apple Pay」の利用に関する画像となっていて、有機ELディスプレイを使用したタッチバー「Magic Toolbar」と「Touch ID」が搭載されることは確実となった。

掲載されているのは13インチ型?スピーカーが横に移動

これまで噂されていた「MacBook Pro」とほぼ同じものが公式画像として発見された。Martin Hajek氏が公開したコンセプト画像はかなりいい線を行っていたようだ。

公開された公式画像は筐体サイズから13インチ型モデルであると予想され、「Apple Pay」の支払いの際に「Magic Toolbar」が変化していることが確認できる。左側には「Cancel」ボタンが、右側には「Apple Pay」と書かれ、その右には赤文字で「Touch ID to pay Apple $326.20」と書かれていることから「Touch ID」の搭載も確実となった。

Macbook pro magic mr
【image via MacRumors

画像にある指の位置から従来電源ボタンがある位置に「Touch ID」が内蔵されていると予想されるが、逆に電源ボタンが見当たらないのは不可解だ。噂通り電源ボタンが「Touch ID」と一体化されているとしても、電源ボタンはさすがに物理ボタンなのでは……?

キーボードは12インチ型MacBookと同じ配列であることからキータッチが浅く、各キーが広くなったバタフライ式キーボードを採用している模様。スピーカーグリルがキーボードの左右に配置され、13インチモデルだとした場合、位置が変更されていることになる。

ヒンジ部分も現行モデルとは異なるデザインのようだ。

気になる外部ポートだが、これらの画像からは確認できていないものの、噂によるとすべて「USB-C/Thunderbolt 3」ポートになるとのこと。SDカードスロット、通常のUSBポート、HDMIポート、MagSafeはすべて廃止されると思われるが、AppleはMagSafeのようなUSB-Cアダプタを同梱するという噂もある。

また、ファンクションキーがタッチバーに変わることから、「esc」(エスケイプ)キーが物理ボタンではなくなっていることも気になる。個人的に多用するキーの1つなので、買い替えたら日頃の使い方を調整しなければならなさそうだ。

Appleは新型「MacBook Pro」を現地時間10月27日(木)10時、日本時間2016年10月28日(金)深夜2時か開催するスペシャルイベント「hello again」にて披露する見通し。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via MacRumors