【非公式】新型「MacBook Pro」のコンセプトイメージが公開!タッチバー搭載、USB-Cポート採用

New MacBook Pro Martin Hajek
【image via Martin Hajek

今月中に発表されると噂の新型「MacBook Pro」。薄く、軽くなるだけではなく、アプリによって表示内容が変わる有機ELディスプレイを採用したタッチバーやUSB-Cポートが搭載されるようだ。

まだ現時点では上記記事にあるキーボード部分のパーツリークしかないが、これらを元に新型「MacBook Pro」のリアルなコンセプトイメージをお馴染みMartin Hajek氏が公開していたので、紹介する!

音楽アプリやメニューバーが表示されるのは面白い!

まず、全体像としてはこちら。13インチ型「MacBook Pro」も従来の15インチモデル同様にスピーカーがキーボードの横に移動している。右側面にはヘッドホン端子の他、USB-C端子が2つ用意されている。
New MacBook Pro Martin Hajek
【image via Martin Hajek

iPhoneと並べてみたところ。そういえば、12インチ型MacBookはiPhone同様に複数カラーモデル展開となっているが、「MacBook Pro」も同様にスペースグレイやローズゴールドが用意されるのだろうか。
New MacBook Pro Martin Hajek
【image via Martin Hajek

タッチバーの利用イメージ。ここではファイル転送ソフト「Transmission」がファイルを転送する際の進捗バーが表示されている。これは進捗バーを表示するためだけに表示されるウィンドウがタッチバーの中に移ってくれるので便利そうには見えるが、途中でフリーズした時などの対応はどうなるのだろう。
New MacBook Pro Martin Hajek
【image via Martin Hajek

もちろん、普段はこのようにファンクションキーとして表示される。ただ、電源ボタンが物理キーではなくて大丈夫なのだろうか。電源が入っていないとタッチバーが起動しないような気が……。
New MacBook Pro Martin Hajek
【image via Martin Hajek

他にも7月に日本上陸が噂されている「Spotify」を利用している時のイメージ。例えばアプリケーションに「ミニプレイヤー」モードの他に「タッチバー」モードなるものを用意してもらい、切り替えると画面上にはアプリが表示されずにタッチバーから曲の操作ができる、という使い方は便利そうだ。
New MacBook Pro Martin Hajek
【image via Martin Hajek

ファンクションキーとしての使い勝手は間違いなく物理キーの方がいいとは思うが、アプリケーション側が対応してくれればファンクションキーを犠牲にするだけの価値はありそうだ。ただ、アプリケーション側が対応してくれるかどうかは、謎。

Martin Hajekのページには他にも多数の画像が公開されているので、気になる人は下記からどうぞ!