「Macbook Pro Touch」という悲劇の集合体のようなコンセプトイメージ

Disastrous MacBook Pro Touch Concept Image

ああ、悲劇だ。これは悲劇だ。

「MacBook」に「iPhone X」らしさを加えた「MacBook X」のコンセプトイメージ「iPad」と「MacBook Pro」と「iMac」が1つになった「MacPad Pro」というぶっ飛んだコンセプトムービーなど、実現可能性の低そうなコンセプトイメージやムービーは度々紹介しているが、今回の「Macbook Pro Touch」は一言でまとめると「悲劇」だ。

物理キーボードが搭載されていない時点で悲劇そのもの

「Touch Bar」となる領域が大きくなり、必要性が全く感じられない第2の画面がキーボード側に用意されている。ただでさえ嫌いな「Touch Bar」がこれほど大きくなったとしたら、悲劇以外何者でもない。

さらに、その下にはトラックパッドの配置が右にずれたキーボードがあり、キーボードそのものもまさかの物理キーではなく、バーチャルキー。画面上にキーボードが表示されて、画面をタップする仕組みだ。

将来的に技術の進歩があり、iPhoneのホームボタンのように物理的に押さずに物理的に押している感覚を忠実に再現できるのであれば考えても良いかもしれないが、全く触覚フィードバックのない「Touch Bar」と同じようなものであれば絶対にno thank youだ。

いらないものを次々と追加した悲劇的なコンセプトイメージ、見たい人は下記からどうぞ。