モジュラー設計の「Mac Pro」のコンセプトイメージ

Modular Mac Pro Concept

Appleはようやく本当のプロユーザーが求めている「Mac Pro」の開発に着手したそうだ。

年内リリースはおろか来年リリースも難しく、恐らく2019年リリースになると噂されているが、Apple幹部が明言している次期「Mac Pro」の特徴としてモジュラー設計がある。

「Mac Pro」におけるモジュラー設計とは、ユーザー自身でCPUやGPUなど内部パーツを換装できる仕組みになっているということ。僕のような一般庶民はAppleに言われるがままに札束を積むだけだが、プロユーザーとなると好みのカスタマイズができた方が理想のマシーンに近づけることができるのだ。

この新しい「Mac Pro」、一体どのようなデザインになるのだろうか。CURVED/labsモジュラー設計の「Mac Pro」のコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

新しい27インチ型Cinema Displayのコンセプトイメージも

CURVED/labsが想像する新型「Mac Pro」はまるで「Mac mini」を立てたようなデザインだ。

表面にはなんと「Touch Bar」が用意され、「Touch ID」も利用可能になっている。ヘッドホン端子、マイク端子、SDカードリーダーとUSB-Cポートが2つ、搭載されている。
Modular Mac Pro Concept

モジュラー設計となると内部パーツにアクセスしやすいボディデザインが重要になってくる。この縦置き弁当箱デザインはケース全体にして内部が左右に回転して各種スロットが出現する仕組み。このように左側に回すとGPUカード用スロットにアクセスできる。
Modular Mac Pro Concept

逆に右側に開くとHDD/SDDベイとCPUスロットがアクセス可能に。
Modular Mac Pro Concept

裏側に回ろう。もちろん、常時回転するような仕組みでは困るので、本体上部にはロックが用意されている。USB-Cポートが4つ、USB-Aポートが4つ、FireWireポートが4つ、Ethernet、HDMI、そして電源用ポートが揃っている。新型ポートだけではなく、旧型ポートもしっかりと用意されている。
Modular Mac Pro Concept

表側から見て右側に開いた場合、裏側にはメモリ用スロットが出現。次期「Mac Pro」は最大何GBのRAMを積むことができるのだろうか。
Modular Mac Pro Concept

新型「Mac Pro」だけではなく、CURVED/labsでは同時に開発が進められている新しいApple純正ディスプレイのコンセプトイメージも公開。
Modular Mac Pro Concept

「新しい27インチ型Cinema Display」であること以外に細かいスペックは書かれていないが、8K解像度になり、新型「Mac Pro」専用になるという噂もある。高さ調整ができない自由度の低そうな設計がApple純正ディスプレイらしさを再現できている気がしてならない。

以下、映像としてまとめられているのでどうぞご覧あれ!他のコンセプトイメージはリンク先からどうぞ!