新型「Mac Pro」は2019年リリース?!新モデルの開発は数週間前に開始

Mac Pro Design

Apple幹部が「僕たちはMac Proのことを忘れていない!むしろもっと凄いやつを準備してるから!」と言い出したことには驚いたが、なぜ、突然このような発表を行ったのだろうか。

OSNewsのThom Holwerda氏によると、モジュラー設計の新型「Mac Pro」を開発する決定は数ヶ月前に下されたばかりで、開発は数週間前に開始されたばかりだと伝えている。

このことから、新モデルが発表されるのは早くとも2018年末、恐らく2019年前半になる可能性が高いと指摘している。

MacBook Pro 2016」の予想以上の不評がきっかけ

公開されたインタビュー記事の中でApple幹部はプロユーザーを意識した発言が多かった。これにはどうやら昨年発表された「MacBook Pro 2016」が大きく関係しているようだ。

4年ぶりのメジャーアップデートとなった「MacBook Pro 2016」はある意味ユーザーが全く望んでいないところで大きく変わった。ファンクションキーの代わりに「Touch Bar」を搭載し、既存ポートを全て廃止して「USB-C/Thunderbolt 3」に切り替えた。

その一方で、価格は大きく値上げした割にはスペックは期待されていたほど改善されず、最大搭載可能RAMも16GBのまま。電池持ちも改善されたと言っているのはAppleだけ。発売直後からはGPUの不具合が連発し、プロユーザー向けのマシーンでプロ向けアプリがまともに使用でいないという悲劇的状況だった。

MacBook Pro 2016」が発売された直後、実は最も売れたのは旧型「MacBook Pro」の整備済商品だった。それも爆発的に売れたそうだ。

先行レビューが公開後、その勢いは止まらず、さらに売れるように。

その後、「LG 5K UltraFine Display」にWi-Fiルーターの付近に置くと誤動作する不具合が報告されるなどプロユーザーからの不信感は募り、批判が増える中で、Appleはプロユーザーと改めて向き合うことを決めた、ということのようだ。その結果、新型「Mac Pro」およびプロ仕様のiMacを開発することに。

これでようやくプロユーザーのことを本気で考えてくれるようになるのだろうか。8Kディスプレイの噂もあるので、新型「Mac Pro」がどのような仕上がりになるのか、楽しみだ。

あわせて読みたい