「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中

macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
新型「MacBook Pro」にさらなるGPUの不具合が報告されていることが明らかになった。先日、画面のちらつきや突然のクラッシュが報告されていたが、徐々に影響範囲が広がっていると見られる。


この問題に遭遇したユーザーがApple直営店で相談したところ、ハードウェアの不具合である可能性が高いと説明を受けたとのこと。後日、Appleから直接電話を受け不具合を再現し、エラーログ情報を送ったそうだ。Appleはこの不具合を認識しているようで、原因解明に向けて専用チームを結成しているとのこと。

Apple、不具合の原因解明に向けて専用チームを結成

この不具合の発生率が最も高いモデルはオプションでGPUを「AMD Radeon Pro 460」にアップグレードしたBTOモデル。最高スペックのために大金を積んでこの不具合が発生するのはさすがに辛い。

僕自身の15インチモデルも該当しているが、度重なるクラッシュやTime Machineのバックアップ取得エラーは何度も経験しているものの、幸いにも画面のちらつきのような問題には遭遇していない。


やはり高負荷な作業を行っている場合に問題が起きる可能性が高いようで、下記動画では「Premiere Pro」の「Adobe Media Encoder」で動画を編集している際に発生。



他にも「写真」アプリで容量の大きいライブラリを扱う時やPhotoshopやLightroomの使用中に発生している模様。Adobe製品との相性が悪いのだろうか。プロマシーンとしては致命的だ。

「AMD Radeon Pro 460」搭載モデルに不具合が発生している割合が高いというだけで、「AMD Radeon Pro 460」以外のGPUを搭載しているモデルに問題が発生していない訳ではない。下記動画に映っている15インチ型「MacBook Pro」は「AMD Radeon Pro 455」を搭載



13インチモデルも例外ではない。なんと「Touch Bar」を搭載しないモデルでも不具合が発生。その様子が下記動画に映されている。



今のところAppleはこの問題についてコメントを発表していない。ハードウェアを交換するのは面倒なので、ソフトウェアのアップデートですべて修正されることを願う。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via MacRumors

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!