学生みんなが特待生。

「MacBook Pro 2016」にGPUの不具合が発覚!画面のちらつき、突然のクラッシュなどが報告される

Mbpr2016 glitch

完全に新しいデバイスには初期不良や不具合は付き物。先日発売開始された新型「MacBook Pro」にもGPUが原因と考えられる動作不良が次々と発覚し、画面のちらつきやウィンドウの透過、さらにはシステム全体のフリーズやクラッシュが報告されている!

この不具合の影響範囲はまだ明らかになっていないが、13インチモデル・15インチモデルに限らず2016年モデル全般に起きていると見られる。かくいう僕も同様の不具合に遭遇し、数日前、システムが自動的に強制再起動を行う様子を見守っていた。

15インチの「Radeon Pro 460」搭載モデルに多い傾向

不具合の影響範囲を掴みうために、9To5Macはアンケートを実施。その結果、15インチモデルにオプションで追加することができるディスクリートGPU「Radeon Pro 460」を搭載しているモデルを使用している人が最も不具合を体験していることが明らかになった。まさに、僕。

Polls for glitchs

続いて多かったのは13インチ型「MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデル。これら2モデルが特に多いが、他のモデルでも全く報告されていない訳ではない。

特に「Premiere Pro」や「Adobe Media Encoder」などのAdobe関連のアプリケーションを起動していると不具合が発生しやすいとのこと。他にもカーネルパニックのログに「com.apple.photos.ImageConversionService」の記載があることから、「写真」アプリに何か問題が起きているとの投稿もある。

以下に「Premiere Pro」が動作中に不具合が発生した時の様子を映した動画を載せておく。

他にも画面のちらつきなど不具合が発生している様子を映した動画を載せておく。これはさすがに酷い……。




動作が安定しないマシーンは「Pro」マシーンとは呼べない。一刻早く不具合が修正されることを願う。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via 9To5Mac