「MacBook Pro 2016」、「macOS Sierra 10.12.3」へのアップデートで「Adobe Premiere」の動作が安定する模様

Crash with Adobe Premiere on MBP2016

macOS Sierra 10.12.3」は15インチ型「MacBook Pro 2016」におけるGPUの不具合を修正した他、「Adobe Premiere Proプロジェクトをエンコーディングする際のグラフィックスの問題が解決」されたとリリースノートに書かれていた。

macOS Sierra 10.12.2」で「MacBook Pro」のGPU問題を解決したつもりでいたAppleだが、結果的に不具合は修正されず。今回のアップデートでようやくGPUの不具合が修正されたようで、macOS Sierra 10.12.3」へのアップデートで「Adobe Premiere」の動作が安定することがユーザーから報告されている!


僕自身「Adobe Premiere Pro」を使用していないのだが、YouTuberを始めてとした動画を取り扱う人たちの多くは「MacBook Pro 2016」における動作不良を訴えていた。

Adobe Communityの投稿によると、「macOS Sierra 10.12.3」にアップデート後、それまで発生していたクラッシュや不具合の数々が修正されたと報告している。

Good news… I can fairly confidently say that todays offical macOS update 10.12.3 has fixed the glitches and crashes for me. After editing a number of projects today including some 4K timelines with grading and LUT’s I’ve had no issues. Previously Premiere was crashing after a few minutes of that workflow… unlike some who have only had this intermittently it was constantly crashing from the get go for me so this is a great relief.


I too can confirm the latest MacOS 10.12.3 update fixed the issue. Let it be noted, I’ve only edited a single 11min video in 4k, but, it was while using OpenCL with not a single issue.

僕自身も「macOS Sierra 10.12.3」にアップデート後、それまで遭遇していた様々なアップデートが見られなくなり、定期的に遭遇していたクラッシュも今のところ起きていない。

MacBook Pro 2016」を購入した人は時間を見つけて必ず「macOS Sierra」の最新バージョンにアップデートするべし!

(via AAPL Ch.

もっと読むMacBook Proまとめ