「macOS Sierra 10.12.3」、正式リリース!MacBook Pro 2016年モデルにおける一部不具合を修正

MacOS Sierra official image 2

本日、AppleはmacOS Sierra 10.12.3」を正式にリリースした!

アップデート内容にはMacBook Pro 2016」で発生していた一部不具合に対応したことが書かれている。GPUの自動切り替えが改善されている他、Adobe Premiere Proでエンコーディング時に発生していたGPU問題が解決されているとのこと。

リリースノートは続きからどうぞ!

macOS Sierra 10.12.3」のリリースノート

  • MacBook Pro (15インチ、October 2016)での自動グラフィックス切り替えが改善されます
  • Touch Bar搭載MacBook Pro(13インチまたは15インチ、Octover 2016)で、Adobe Premiere Proプロジェクトをエンコーディングする際のグラフィックスの問題が解決されます
  • スキャンされたPDF書類を”プレビュー”上で検索できない問題が修正されます

なお、リリースノートには明記されていないが、先日Consumer Reportsが一転して「MacBook Pro 2016」を「推奨製品」にするきっかけとなったバッテリーの不具合も併せて修正されていると見られる。

アップデートは「Mac App Store」アプリの「アップデート」タブからどうぞ!再起動が必要なアップデートとなっているので時間がある時にやりましょう!

特に「MacBook Pro 2016」を購入した人は必ずアップデートするように!動作が改善されていることを祈る……!

アップデート後、HDMI接続のディスプレイが認識されず

「macOS Sierra 10.12.3」にアップデート後、HDMI接続のディスプレイが認識されなくなった。使用しているハブはHooToo製USB-Cハブ。これまでは問題なく出力できていたが、現在はディスプレイをシステム上は認識している(システム環境設定の「ディスプレイ」には表示される)が、ディスプレイ側はシグナルがないと表示されてしまう。

MacBook Pro」単体で接続してみても表示されず。試しに最新版の「macOS Sierra」にアップデートしていない12インチ型MacBookを繋いでみたところ、特に問題なく表示される。

よって、「MacBook Pro」側に問題があり、原因として考えられるのは「macOS Sierra 10.12.3」となっている。HDMI接続でディスプレイを出力している人はアップデートを一旦様子見した方が良いかもしれない。

追記】何度か抜き挿ししているうちに出力に成功。原因は不明。HDMIとの相性はよく無さそうなので、早いところ「Thunderbolt 3」のドッキングステーションを購入したいところ……。

もっと読むmacOS Sierraまとめ
あわせて読みたい