「MacBook Pro 2016」のTime Machineバックアップに関する不具合、「macOS Sierra 10.12.2」で修正へ

先日、新型「MacBook Pro」に外付けドライブを接続して「Time Machine」バックアップを実行しようとするとMac本体がフリーズし、場合によってはシステム全体がクラッシュするという不具合が発生していると伝えた。僕自身もこの不具合を経験し、バックアップのない不安な生活を強いられている。

幸いにもMacRumorsのフォーラム投稿者によると、MacBook Pro 2016」のTime Machineバックアップに関する不具合は「macOS Sierra 10.12.2」で修正されていることを確認できたと伝えている!

新モデルのバグ、「macOS Sierra 10.12.2」で修正か

一部ではUSBドライバのファームウェアに関する不具合ではないかと噂されていたが、どうやらソフトウェアに問題があり、今月中にリリースされるであろう正式版にアップデートすることによって問題は解消される見通し。

GPUに関する不具合も次期アップデートで修正される見通し。

何かと不具合の多い新型「MacBook Pro」だが、ソフトウェアアップデートで次々と修正されるのは非常にありがたい。不具合に遭遇することに怯えて買い控えしている人も、「macOS Sierra 10.12.2」が配布される頃には安心して新モデルを購入しても良いかもしれない。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!