「MacBook Pro 2016」のGPUに関する不具合、「macOS Sierra 10.12.2」で修正か?!

MacBookProRetina2016 Error

一部の新しい「MacBook Pro」では高負荷な作業を行う際にGPUに関する不具合が発生し、画面のちらつきや突然のクラッシュなどが報告されていた。高負荷な作業をこなすためのマシーンであるはずが、高負荷な作業を行うと壊れるのは本末転倒だ。

すべてのユーザーに起きている問題ではないことからハードウェアに何か問題があるのではないかと推測されていたが、MacRumorsのフォーラムでソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Craig Federighi氏から「グラフィックに関する不具合はmacOSの最新ベータ版で修正したと思われる」と書かれたメールが送られてきたことを明らかにしている!

最新のベータ版でも引き続き不具合は発生している模様

メールに書かれていた内容は下記の通り:

Hi,

Thanks for the note! We believe we have addressed all of these graphics issues in the latest beat of Sierra 10.12.2 (available at beta.apple.com).

I hope that you enjoy your new MacBook Pro — it’s a fantastic machine!

— craig

macOS Sierra 10.12.2」の最新ベータ版でGPUに関する不具合が修正されているということは、近日中にリリースされるであろう正式版にアップデートすれば問題が起きないと期待される。わざわざ購入した新型「MacBook Pro」をApple Storeに持ち込むことなくソフトウェアアップデートで修正されるのであればベストだ。

ところが、最新のベータ版をインストールしている「MacBook Pro 2016」で不具合が起きている様子がYouTubeに投稿されている。GPUが原因の問題であるかどうかは定かではないが、画面上のカラーが大幅に崩れていることが確認できる。

仮に上記動画がGPUが原因ではなく、Federighi氏の言う通りGPUに関する不具合が「macOS Sierra 10.12.2」で修正されるのであれば大バンザイだが、それはそれで上記動画の不具合の原因は気になるところ。

自身の購入した「MacBook Pro 2016」でGPUに関する不具合に困っている人は最新のベータ版をインストールしてみるのも良いかもしれない。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via 9To5Mac