学生みんなが特待生。

Kaby Lake搭載の新型MacBook Pro、「macOS Sierra 10.12.4」内のコードで発見される

MacBook Pro Late 2016 15インチモデル レビュー(使い勝手、操作性、動作など)

昨年発表された「MacBook Pro 2016」を見送り、今年発表されるであろう2017年モデルを心待ちにしている人に朗報だ!

macOS Sierra 10.12.4」の内部コードに、2017年に発表されると予想される「Kaby Lake」搭載の新型「MacBook Pro」に関する記述が発見されたPike’s Universumが伝えている!

外観は変わらず、順当なスペックアップデートに期待

もちろん、昨年4年ぶりのメジャーアップデートを実施した「MacBook Pro」なので、2017年モデルの外観が大々的に変わることは考えられない。CPUのクロック数が向上し、あわよくば以前噂されていた通り最大搭載可能RAMが16GBから32GBまで増えることが期待されている。

今回内部コードで発見された情報によると、「Touch Bar」非搭載の13インチモデルは2種類、「Touch Bar」搭載の13インチモデルは3種類、そして15インチモデルは3種類という構成。

独立GPUに関しての情報はないが、13インチモデルはそれぞれ「Intel Iris Plus Graphics 640/650」が採用され、15インチモデルは「Intel HD Graphics 630」を採用。CPUはそれぞれIntelの第7世代プロセッサー「Kaby Lake」が採用されている。

RAMに関しての情報は今のところ見当たらない。

MacBookPro13,1

  • Intel Core i5-7260U 2.2GHz (max Turbo Boost 3.4 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 640 (15W)
  • Intel Core i7-7660U 2.5 GHz (max Turbo Boost 4.0 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 640 (15W)

MacBookPro13,2

  • Intel Core i5-7267U 3.1 GHz (max Turbo Boost 3.5 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 650 (28W)
  • Intel Core i5-7287U 3.3 GHz (max Turbo Boost 3.7 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 650 (28W)
  • Intel Core i7-7567U 3.5 GHz (max Turbo Boost 4.0 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 650 (28W)

MacBookPro13,3

  • Intel Core i7-7700HQ 2.8 GHz (max Turbo Boost 3.8 GHz) with Intel® HD Graphics 630 (45W)
  • Intel Core i7-7820HQ 2.9 GHz (max Turbo Boost 3.9 GHz) with Intel® HD Graphics 630 (45W)
  • Intel Core i7-7920HQ 3.1 GHz (max Turbo Boost 4.1 GHz) with Intel® HD Graphics 630 (45W)

これらのモデルが具体的にいつ頃発売されるかは明らかになっていないが、早くても「WWDC 2017」まで披露される確率は極めて低いと見られる。また、例年通りのスケジュールだとすればやはり昨年と同様に秋以降の披露になる可能性は極めて高い。

当初は不具合多発中だった2016年モデルも最近は極めて快適に動作している。気になる人は下記レビュー記事も併せてどうぞ。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via MacRumors