「MacBook Pro 2016」、キーボードに関する不具合や動作不良の報告が増えている?!

MacBook Pro Late 2016 15インチモデル レビュー(使い勝手、操作性、動作など)

2016年発売の「MacBook Pro」15インチモデルにこれと言った不満がない僕だが、一度落ち着いたと思われていた不具合や動作不良を指摘する声がまた大きくなっている。

最近増えているのがMacBook Pro 2016」のキーボードに関する問題。「キーのクリック音が高い」「キーが反応しない」「キーが押しづらい、押せない」「一度しか押してないのに二度押しているような状態になる」などの不具合や動作不良がMacRumorsの掲示板やApple Support Communitiesなどで報告されている。

キーを押した時の打音に違和感?一部キーより音が高め

特に報告数が多いのが一部キーを押した時の打音が他よりも高いという指摘。個人的には「そんなことどうでも良いのでは?!」と思わずにはいられないが、実際に経験したとしたら使う度に気になりそうだ。

音の違いが確認できる動画が投稿されていたので、載せておく。確かに明らかに音が異なる。

不思議なことに、この高い音は本体が温まっている時に起きやすいとのこと。もちろん、本体の温度関係なくキーの音が高いと指摘する人もいる。

音の違いはノイズキャンセリングイヤホンを付けるなどして暫定的に乗り換えることができるかもしれないが、作業そのものに支障をきたしている不具合もある。一部ユーザーは「i」キーを1回押しても2回押されている状態になってしまっていると報告している。

英語であれば自動スペルチェックが何とかしてくれるかもしれないが、日本語の場合、「i」が2回連続で押されてしまっては強制的に「いい」と入力されてしまい、文字入力の際に大幅な支障をきたすに違いない。

MacBook Pro 2016」に採用されている「第2世代バタフライキーボード」はどこを押しても一定の押し心地を実現することが魅力となっているはずだが、キーによって押し心地が異なると指摘する人もいる。これは今年に入ってから12インチ型MacBookの不具合としても報告されていた。

これは、小さなホコリやゴミが限られたスペースの中に入り込んでしまったことが原因であると考えられ、下記のようなエアーダスターを使用することによって解消される場合がある。僕自身も定期的に使っているので、2016年モデルを購入した人は是非この機会に購入しておくべし。

これらの不具合を報告している人は15インチ型「MacBook Pro」を購入している人が多いが13インチ型「MacBook Pro」を買った人でも起きているとのこと。最新モデルに採用されている「第2世代バタフライキーボード」に何かしらの問題が起きていると見られる。

もし、自分の「MacBook Pro」に上記にあるような問題に遭遇している場合、Apple直営店や正規サービスプロバイダで相談することをオススメする。ただし、起きている問題の内容によってはMac本体を預けなければならない可能性もあることを念頭に入れておきましょう。


(via MacRumors

もっと読むMacBook Proまとめ
あわせて読みたい