ソフトバンクオンラインショップ

MacBook Pro(2016)のTouch Barで「Final Cut Pro X」を使っている様子

Macbook pro top image

新型MacBook Proは動画編集を本業として行うプロとしては実際、どうなのか。

Trim Editingのビデオエディター、Thomas Grove Carterさんが15インチ型MacBook Pro(2016)のTouch Barモデルを1週間以上試した感想を公開するとともにFinal Cut Pro X」でTouch Barを使っている様子をTwitterに投稿していたので紹介する!

ハードとソフトが最適化され、「とにかく速い」

新型MacBook Proの発表を受け、多くの”プロ”がスペックを見てガッカリしたはず。またしても最新のチップセットを搭載せずに一世代前のSkylakeを採用し、RAMも最大で16GBしか搭載できない。グラフィックチップも省電力性能に重きを置かれたものを採用し、一部からは非難轟々だった。

「大多数の人はあくまでもスペックだけを見て判断している」とCarterさんは指摘する。実際に使ってみた結果、新型MacBook Proは「物凄く速い」と絶賛。「Final Cut Pro X」で5K画質の動画を編集しているそうだが、動作は非常に滑らかだという。

詳しいレビューは下記からどうぞ。

気になるTouch Barだが、当初は懐疑的だった印象も使い始めてみると変わったと書いている。実際にTouch Barを使ってボリュームスライダーをFCPXで操作している様子、およびキーフレームを挿入している様子を動画として公開していたので、載せておく。

Touch Barが僕の作業にどのような変化をもたらすかは未知数であるものの、「Final Cut Pro X」のような負荷の大きいアプリケーションでも滑らかに動作するのであれば期待できそうだ。アメリカでは一部ユーザーが出荷開始の連絡を受けているようだが、日本では一切音沙汰無し。早く試してみたいなあ。

(via The Loop

関連情報
カテゴリMacBook Pro
更新日2020年05月05日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索