「MacBook Pro 2016」、タイピング音が大きくなる問題は修理対応可能

MacBook Pro Late 2016 15インチモデル レビュー(使い勝手、操作性、動作など)

一部で報告されていたMacBook Pro 2016」において一部キーを押した時の打音に違和感や他のキーよりも音が高めという不具合に見舞われている人に朗報だ。

Macお宝鑑定団Blogによると、第2世代バタフライキーボードを採用している「MacBook Pro」の2016年モデルは本耐熱によってキートップが変形し、結果的に本来よりも音が大きくなってしまう場合があるとのこと。最新モデルはキートップ単体を交換することが可能となっているため、問題のキーのみ修理交換することができるそうだ。

僕も先日、「B」キーが反応しなくなり「MacBook Pro」を預けることになったが、事前にApple Storeで問題が起きていたキーを交換して動作の確認をしてもらっていた。

MacBook Pro 2016」を購入し、特定のキーのタイピング音が大きすぎることが気になる人は直営店または公式サービスプロバイダーで診てもらうべし!

もっと読むMacBook Proまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン