Apple、「Touch Bar」非搭載の「MacBook Pro」を開発中か?「iPad Pro」をペンタブ化する機能も?

MacBook Pro Late 2016 15インチモデル レビュー(使い勝手、操作性、動作など)

モジュラー設計の「Mac Pro」の発売時期や、プロユーザーを意識したMacの開発を突然発表した理由などを解説していたOSNewsのThom Holwerda氏が新しい「MacBook Proに関する情報を明らかにしている。

Appleはプロ仕様の「Mac Pro」やiMacに加え、「Touch Bar」非搭載の「MacBook Pro」を準備していると伝えている。また、iPad Pro」を接続することによってペンタブのように使用することができる機能も考えているという。

既に「Touch Bar」非搭載の「MacBook Pro」は13インチモデルが用意されているが、あくまでも「MacBook Pro」シリーズの中では下位モデルとして位置づけられている。今回の噂を都合よく解釈すると、Appleは15インチモデルでも「Touch Bar」非搭載モデルを準備している可能性がある。

「Touch Bar」は「MacBook Pro 2016」の注目機能であるはずだったが、結果的にユーザーに受け入れられているような印象は特に受けず、デベロッパーも積極的に対応しているような印象もない。実際、僕もここ最近使用しているのは音量と輝度の調整ぐらいだ。

プロユーザーからは期待外れのスペック、公称値を大きく下回る電池持ち、そして度重なる不具合によって見放され、結果的に「MacBook Pro 2016」発表後、旧型「MacBook Pro」の整備済商品が爆発的に売れたと伝えられている。

改めてプロユーザーと向き合う決心をしたAppleは、「Touch Bar」の廃止も視野に入れているのかもしれない。2017年に発表される新モデルには密かに期待しておこう。

あわせて読みたい