Apple、一部の13インチ型MacBook Pro (Touch Bar非搭載) のSSDに関する修理プログラムを発表

Macbook13IMGL4509 TP V macbook pro no touchbar

Appleは、13インチ型「MacBook Pro(Touch Bar 非搭載)」に搭載されている一部の128GBまたは256GBのストレージ(SSD)に、データの消失やドライブの故障を引き起こす可能性のある不具合があるとして「13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) ソリッドステートドライブ修理プログラム」を発表した。

この問題が確認されているのは、2017年6月から2018年6月までの間に販売された、「Touch Bar」を搭載していない13インチ型「MacBook Pro」に搭載されているドライブ。

この修理プログラムでは、AppleやApple正規サービスプロバイダにおいて、対象となるドライブを無償で修理してくれるとのこと。本プログラムの対象となるユーザーは、できるだけ早くドライブを修理するように案内している。

自分の「MacBook Pro」が対象であるかを確認する方法

対象となっている「MacBook Pro」は、画面の左上隅にあるApple メニュー () から「この Mac について」を選択し、「MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)」というモデル名が表示されているはず。

例えば、僕の場合は「MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)」と表示されているため、対象商品ではないことが分かる。

Checking for model name 01

続いてこちらのページにあるフォームにシリアル番号を入力し、本プログラムの対象となるかどうか確認する必要がある。シリアル番号の確認方法はこちらの記事を参考にどうぞ。

対象となった場合修理をする必要があるが、修理をする上で注意しなければならないことがある。

1つは、修理の一環として現在使用しているドライブは消去される、ということ。修理に出す前に必ずお使いのコンピュータ内の全データをバックアップしておく必要がある。最近だと数千円で購入できるので、バックアップを取っていないという人はこの機会に取りましょう。

もう1つは、修理に1時間程度掛かるということ。お預け修理などではなく、その場で修理する流れのようだが、場合によっては時間が前後することも多々あるため、個人的には前後1時間合計3時間空けておく余裕のある時に修理する方が望ましい

この修理プログラムは以下の方法で手続きが可能:

この修理プログラムは、世界共通となっていて、「MacBook Pro」の通常の製品保証期間を延長するものではない。また、過去にキーボードをすでに有償で交換している場合はこちらから問い合わせするように案内されている。また、対象となる13インチ型「MacBook Pro」に対し、最初の小売販売日から3年間適用される。

詳細は下記からどうぞ!

もっと読むMacBook Proまとめ