Apple、一部の13インチ型MacBook Pro 2019(2ポートモデル)の電源が突然落ちる不具合の対処法を公開

コスパが最も高いMacにおいて、一部で報告されていた突然シャットダウンするという不具合をAppleが認識

MacbookproIMGL4508 TP V macbook 2ports

Appleは、一部の13インチ型「MacBook Pro 2019」(2ポートモデル)が突然電源が落ちてしまう不具合が発生していることを認識し、対処法を解説したサポートドキュメントを公開した。

対処法としてはMacBookの電池残量が90%以下になるように調整した上で、電源を接続し、すべてのアプリケーションを終了した状態でディスプレイを閉じ、スリープモードになった状態で8時間以上充電する、というもの。万が一最新のmacOSバージョンにアップデートしていない場合は充電完了後、アップデートするように推奨されている。

MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)が突然シャットダウンする場合の対処法

Appleが推奨している手順は以下の通り:

  1. もし、13インチ型「MacBook Pro 2019」(2ポートモデル)が90%以上の電池残量がある場合、90%以下になるまで電池を消費する。すでに90%以下であれば、2つめの手順に進む。
  2. Macを電源アダプタに接続する。
  3. すべてのアプリケーションを終了する。
  4. MacBookのディスプレイを閉じ、スリープモードにする。
  5. MacBookを8時間以上充電する。
  6. 8時間充電後、最新のmacOSバージョンにアップデートする。

この問題はMacRumors ForumsApple Communityでも報告されている。気になるのはAppleがアップデートを推奨している最新の「macOS Catalina」にも、「MacBook Air」や「Mac mini」が突然シャットダウンする不具合が数件報告されていることから、アップデートしても結果的に修正されないのではないかという心配がある。

また、「macOS Catalina」はリリース当初よりは安定感が増しているような印象はあるものの「macOS Mojave」で当たり前のように使えていた機能が使えなくなるなど、不具合は修正されているとは言い難く、個人的にはあまりアップデートが推奨できない。

今回問題が起きている「MacBook Pro 2019」の13インチモデルはコストパフォーマンスが非常に高く、13インチ型「MacBook Pro」の購入を検討しているのであれば、4つのポートを搭載した上位モデルを買うよりもほとんど変わらないパフォーマンスを発揮しつつも数万円節約することができる。

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索