Apple、バタフライ式キーボードを廃止かーー「MacBook Air 2019」と「MacBook Pro 2020」から

従来よりもキーストロークが深くなり、強度が増した新しいシザー構造のキーボードを採用へ

MacBook Pro Late2016 15inch Model

TGIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2015年から「MacBook」、「MacBook Pro」、「MacBook Air」で採用しているバタフライ構造のキーボードを廃止し、新しいシザー構造のキーボードを採用する計画があると伝えている。

新しいキーボードは従来よりもキーストロークが深くなり、強度が増すと見られ、現行のキーボードにある問題を解決すると期待される。

Apple、ついにバタフライ式キーボードの構造的欠陥を認めたか

9to5Macによれば、新しいキーボードを最初に搭載するMacは2019年に登場する新型「MacBook Airとなっていて、MacBook Pro」は2020年に発表されるモデルから採用されるとのこと。

新しいシザー式キーボードは完全に新しいデザインとなっていて、ガラスファイバーを使用してキーの強度を上げているとのこと。

Kuo氏いわく、バタフライ式キーボードは歩留まりが低く、製造コストが高かったが、新しいシザー式キーボードは一般的なラップトップ用キーボードよりもコストは掛かるものの、バタフライ式キーボードよりは価格を抑えられるようだ。

Appleは、第2世代のバタフライ構造は従来のシザー構造よりもキーの安定性が4倍向上し、「快適な使い心地とさらに優れた反応が得られます」と説明していた。

新しいシザー式キーボードは4倍向上した安定性が劣ることなく、キーストロークを深くし、快適さや反応をキープする必要がある。実現できればキーボードとしては相当な進化になりそうだ。

Appleはこれまで何度もバタフライ式キーボードを改良し、第4世代(Appleは第3世代のままと主張している)となる「MacBook Pro 2019」に採用されているキーボードではスイッチカバーに使用されている素材が変更されていることが確認されているものの、引き続き修理プログラムの対象となっている。

16インチ型「MacBook Pro」は2020年に登場する可能性が濃厚か

先日、「Touch Bar」非搭載の13インチ型「MacBook Pro」がFCCに申請されていることが確認され、先月半ばには未発表の新型MacBookがEECに登録されていることが確認されている。

今回のKuo氏の情報によると、年内に発表される「MacBook Air 2019」は新キーボードを搭載するが、「MacBook Pro」は2020年にならないと搭載されたモデルが登場しないと伝えている。

同氏が発表を予想しているデザインを刷新した16〜16.5インチ型「MacBook Pro」が従来のバタフライ式キーボードを搭載することは考えられないため、待望の新モデルは今年ではなく、来年登場する可能性が高そうだ。

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索