「MacBook Pro 2019」のキーボード、スイッチカバーに使用されている素材が変更されていることが判明

新たに採用したポリアミド(ナイロン)の方が構造的に強度があるらしい

IFixit MacBook Pro 2019 report 1

MacBook Pro 2019」の変更点は、CPUとキーボードだけ。CPUが変わっていることはスペックを見れば一目瞭然で、キーボードに関してはスイッチ機構に新しい素材を採用したと一部海外メディアに伝えていたものの、詳細については説明していなかった。

iFixitが「MacBook Pro 2019」の分解レポートを公開し、内部仕様やデザインについては2018年と完全に一致し、改めてCPUとキーボードの変更のみであることを再確認。

分解したことによって具体的に最新モデルのキーボードの何が変わったかについて解明したようだ!

スイッチカバーをポリアミド(ナイロン)素材に変更

キーボードを分解した結果、キーボードのキーキャップとバタフライスイッチの下にある、スイッチカバーの素材が変更されていることを突き止めた

左が2018年モデルで右が2019年モデル。昨年のモデルはくすんでいるのに対し、最新モデルは透明度が高くなっていることが一目瞭然だ。

IFixit MacBook Pro 2019 report 3

素材を調査した結果、これまではポリアセチレンが使用されていたのをポリアミド(ナイロン)素材に変更していることが発覚。ポリアミドの方がポリアセチレンと比べて構造的に強度があるようだ。

さらに、金属製のスイッチ本体にについては熱処理の変更、金属素材の変更、またはその両方の可能性あるとのこと。

iFixitは、不具合を引き起こしている一部の原因がこのスイッチにあるとした場合、経年劣化から湿気まで様々な要因が影響するため、Appleがなかなか解決できていないのではないかと指摘している。

なお、修理スコアは10段階中「1」。ユーザーによる修理は実質不可能となっている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索