「MacBook Air 2019」の256GBモデル、SSD性能が2018年よりも35%も遅いという結果に

2018年モデルはREAD速度が2,000MB/sだったが、2019年モデルは1,319.7MB/sという結果に

MacBook Air 2018 GoriMe Review 20

MacBook Air 2019」の256GBモデルに搭載されているSSDの読み込み(READ)速度・書き込み(WRITE)速度を検証した結果、2018年モデルと比べて読み込み速度パフォーマンスが劣っているConsomacが指摘している。

書き込み速度は同程度、読み込み速度が遅くなっている模様

同サイトが「Blackmagic Disk Speed Test」を使用したSSDのベンチマークテストによると、書き込み速度は1,007.1MB/s、読み込み速度は1,319.7MB/sという結果に。

Ssd mba 2019 speed test 256

同等のスペックを持つ2018年の256GBモデルの書き込み速度は約920MB/s、読み込み速度は約2,000MB/sだったことから、書き込み速度はわずかに改良されているものの読み込み速度は35%も落ちている、ということを意味する。

Consomacは128GBモデルも同様に検証しているが、2018年モデルとの性能差はほとんど見られなかったとのこと。

512GBモデルおよび1TBモデルでも同様のSSDの性能が落ちているのかは気になるが、2018年モデルよりも値下げすることに成功した理由はSSD性能を抑えたからなのかもしれない。

SSDの性能はストレージ容量の大きさに比例する傾向

以前、「MacBook ProのSSD容量(ストレージ)の選び方【購入ガイド】」でも解説した通り、SSD性能は基本的にストレージ容量に比例する傾向にあり、512GBモデルや1TBモデルの方が読み書き速度は高い。

実際に、僕が使用している512GBの2018年モデルは書き込み速度が1,632.7Mb/s、読み込み速度は2,006.0MB/sだった。

SSD performance for MacBook Air
MacBook Air 2018」のSSDパフォーマンス(512GBモデル)

性能を抑えていることが事実だとした場合でも、旧型「MacBook Air」などから乗り換えるのであれば遅いと感じることはないと思われる。True Toneディスプレイも搭載され、初めて買うMacとしては非常に魅力的なオプションになった。

SSD性能が気になる、という人はMacの整備済み商品から2018年モデルを購入するべし!

(Source: MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索