MacBook Air(2020)とMacBook Pro(2019)のエントリーモデル、どちらを選ぶべき?比較動画が公開

MacBook Proは”Pro”と呼ばれるだけの理由がしっかりあった

Macbook air 2020 macbook pro 2019

Macのモデルを比較する」ページより

MacBook Air(2020)は、最新の4コアCPUや強化されたGPUを搭載している。基本性能が前モデルから大幅に向上したが、昨年7月に発表された13インチ型MacBook Pro(2019)のエントリーモデルと比べて性能は高いのか。

YouTubeチャンネル「Max Tech」が、MacBook Air(2020)とMacBook Pro(2019)の性能を比較した動画を公開。基本性能が向上してもMacBook Airはエントリーモデルであり、負荷の高い作業を行うのであればMacBook Proのほうが高いパフォーマンスを発揮すると結論付けている。

スペックの比較:基本性能はMacBook Proが上回る

MacBook AirとMacBook Proのスペックや仕様などの違いをまとめた。

MacBook Air(2020) MacBook Pro(2019)
CPU 第10世代Intel Coreプロセッサ
1.1GHz 2コア i3
1.1GHz 4コア i5
1.2GHz 4コア i7
第8世代Intel Coreプロセッサ
1.4GHz 4コア i5
1.7GHz 4コア i7
GPU Intel Iris Plus Graphics Intel Iris Plus Graphics 645
RAM 8GB
16GB
3,733MHz LPDDR4Xオンボードメモリ
8GB
16GB
2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
SSD 256GB
512GB
1TB
2TB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
ディスプレイ 13.3インチRetina
2,560 x 1,600ピクセル
400ニトの輝度
標準色(フルsRGB)
True Toneテクノロジー
13.3インチRetina
2,560 x 1,600ピクセル
500ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
サイズ 0.41~1.61 x 30.41 x 21.24cm 1.49 x 30.41 x 21.24cm
重さ 1.29kg 1.37kg
カメラ 720p 720p
オーディオ ステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmos再生に対応
指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
3.5mmヘッドホン端子
ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
3つのマイクロフォン
3.5mmヘッドホン端子
キーボード Magic Keyboard(新シザー式)
Touch ID
バタフライ式キーボード
Touch ID
Touch Bar
ワイヤレス 802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
ポート Thunderbolt 3 x 2 Thunderbolt 3 x 2
バッテリー 最大11時間のワイヤレスインターネット
最大12時間のApple TVアプリのムービー再生
最大10時間のワイヤレスインターネット
最大10時間のiTunesムービー再生

MacBook AirのほうがCPUが新しく、RAMやGPUの性能も高い。キーボードはMagic Keyboardになり、打ち心地が改良されている。スペック上は、電池持ちがMacBook Proより1時間長く、スピーカーやマイクも優れている。

CPUを4コア、ストレージを256GBという条件で合わせたところ、価格差は45,000円。スペックだけで比較すれば、間違いなくMacBook Airを買ったほうがコストパフォーマンスが高いといえる。

MacBook Air(2020) MacBook Pro(2019)
第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz) 第8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)
8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ 8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
256GB SSDストレージ 256GB SSDストレージ
Intel Iris Plus Graphics Intel Iris Plus Graphics 645
Thunderbolt 3ポート x 2 Thunderbolt 3ポート x 2
114,800円 159,800円

ところが実機で比較すると、パフォーマンスの観点からMacBook AirよりもMacBook Proのほうが優れている点が浮かび上がってきた。

MacBook Airは排熱構造に難あり、高負荷な作業に向かない

比較すると、MacBook Proのほうがディスプレイの品質が優れている。サイズや解像度は同じだがMacBook Proのディスプレイは明るく、表示色数が多い。(輝度が500ニト、広色域のサポート)

トラックパッドもMacBook Proのほうが大きい。スピーカーは、Dolby Atmosではない音源を聴き比べると、MacBook Proのほうが優れている。

最大の違いはパフォーマンスだ。一見するとMacBook Airのほうが性能が高いように見える。

MacBook AirのシングルコアスコアはMacBook Proを上回っている。グラフィック性能を計測する「Metal」ベンチマークテストで比較すると、MacBook Airが約3倍も高いスコアだった。

Macbook air pro metal comparison
「2020 MacBook Air vs 2019 13” Pro – Best Budget MacBook?」より

ところがゲーミング性能を測定するベンチマークテストでは、MacBook Proに敗北。CPUに高い負荷を与え続ける「Cinebench R20」によるベンチマークテストでの比較は、MacBook Proのほうが65%も高いスコアとなった。
Cinebench r20 comparison macbookair macbookpro
「2020 MacBook Air vs 2019 13” Pro – Best Budget MacBook?」より

動画編集も似たような結果だ。編集の滑らかさには大きな差はないが、書き出し時間はMacBook Proの2倍近くかかっている。

Max Techによると、パフォーマンスに大きな差が見られる原因は排熱構造の違いだという。MacBook AirとMacBook Proはどちらもファンが1つ搭載されているが、MacBook Airのファンはヒートシンクと繋がっていないため、排熱能力が低い。本体の発熱を抑えるためにCPUやGPUの性能が制限され、高いパフォーマンスを維持できない。

Max Techは、動画編集のようなCPUやGPUに高い負荷がかかる作業を日常的に行うのであれば、MacBook Proの購入を勧めている。

一方でブラウジング、メール、書類作成、文章執筆など、日常的な作業が多いのであれば、MacBook Airをの購入を勧めている。シングルコア性能が高いため、MacBook Proよりもキビキビ動作する可能性が高い。電池持ちも優れているため、外出の多い人は使い勝手が良いだろう。

特集
関連情報
カテゴリMacBook Air
/
MacBook Pro
更新日2020年05月11日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    Mac Rumorsフォーラムでも荒れまくってますけど、サーマルスロットリングという言葉を使っている人はまずTDPとサーマルスロットリングの意味を理解すべきです。
    Airの排熱はProより貧弱ですが、TDP10WのAirは最大10Wを処理できる排熱機構を備えてますし、MBPには15Wや28Wを処理できる排熱機構があります。そしてProでも長時間CPUをフル稼働すればサーマルスロットリングが発生します。

    1. g.O.R.i

      ああ、なるほど確かにTDPを踏まえた上でのサーマルスロットリングの説明する方が正確ですね……。サーマルスロットリングを気にするような人は割と上位ユーザーだと思うので、一旦表現を消しておきますね!ご指摘ありがとうございます。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索