新型「MacBook Air 2019」と「MacBook Pro 2019」、キーボードは最新のバタフライ構造のまま

「MacBook Air 2019」は噂されていた新しいシザー構造のキーボードではなく、改良版のバタフライ式のまま

Macbook air keyboard

新たに登場した「True Tone」ディスプレイ搭載の「MacBook Air 2019」と「Touch Bar」なしモデルの代わりとなった13インチ型「MacBook Pro 2019」のエントリーモデルだが、MacRumorsによると、これらのモデルも今年5月にアップデートされた「MacBook Pro 2019」の上位モデル(13インチ/15インチ)と同様に改良されたキーボードを搭載していることが分かった。

iFixitの分解レポートによると、「MacBook Pro 2019」のキーボードはスイッチカバーに使用されている素材が変更され、新たに採用したポリアミド(ナイロン)の方が構造的に強度があることが確認されている。

残念ながら最新のキーボードも完璧ではなく、新モデルも早速キーボード修理プログラムの対象としてリストに追加されていた。

Appleは4年経っても問題が解決しないバタフライ式キーボードを早ければ今年中に廃止し、新しいシザー構造のキーボードに切り替えるとの

ただし、報道によると「MacBook Air 2019」から刷新されるはずだったもののバタフライ式のままであることから、新構造のキーボードは2020年に登場する新型「MacBook Pro」から搭載されるかもしれない。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索