iFixit、13インチ型「MacBook Pro 2019」の下位モデルの分解レポートを公開

キーボードは今年5月に発表されたMacBook Proと同じ、第3世代バタフライキーボードの改良版

Macbook pro 2019 13 teardown

iFixitが13インチ型「MacBook Pro 2019」の下位モデルとしてリニューアルした、MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 Ports)」の分解レポートを公開している。

「Touch Bar」と「Touch ID」を搭載し、「Apple T2」セキュリティチップも内蔵され、True Toneディスプレイになった最新モデルは、旧モデルと比べてバッテリーが大型化し、54.5Whから58.2Whに増えていることが判明。

また、「Touch Bar」と「Touch ID」を内蔵するために、ヒートパイプとスピーカーが少し小型化されたと説明している。

キーボードは、今年5月に発表された13インチ/15インチ型「MacBook Pro 2019」に採用されていた第3世代バタフライキーボードの改良版と同じ。よって、もちろんキーボード修理プログラムの対象でもある。

iFixitが公開している、ユーザー自身で修理できる難しさを評価する「修理難易度スコア」は、10段階中「2」と結論付けている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索