最大8コア搭載の「MacBook Pro 2019」、正式発表

Apple macbookpro 8 core video editing 05212019

Appleは現地時間5月21日、従来よりも高速な第8世代および第9世代のIntel Coreプロセッサを搭載し、MacBook Pro」では初となる8コア仕様としてアップデートした新型「MacBook Pro」を正式に発表した。

最新の「MacBook Pro」はクアッドコア(4コア)仕様のMacBook Proに対しては最大2倍、6コア仕様のMacBook Proに対しては40%も高速な処理能力を発揮し、Macノートブックとしては過去最速となっている。

今回のアップデートでは基本的にCPUの性能が強化されている以外の大きな変更はない。13インチモデルも噂されていたメモリ32GBは実現されず、引き続き最大16GBのまま。GPUなどにも変更はない。

キーボードがさらに改良、15インチは最大8コアに

13インチモデルはクアッドコア仕様であることからは変わらず、CPU世代がアップグレードされ性能が向上。Turbo Boost時の速度は最大4.7GHzに達する。

15インチモデルは従来の6コアに加えて8コア仕様のオプションが追加。Turbo Boost時の速度は最大5.0GHzまで達し、従来モデルで最速のクアッドコア仕様の15インチと比較した場合、パフォーマンスは最大2倍になるという。

ただ、人によって行う作業はそれぞれ。具体的な作業内容に対してどれほどのパフォーマンス向上が見込めるのか。

今回、「MacBook Pro 2019」発表にあたり、Appleは具体的にアプリごとに期待できる性能向上について解説している。

  • 音楽制作では、Logic Pro X内部で実行できるAlchemyプラグインの数が最大2倍になり、音楽プロジェクトで同時再生できるマルチトラックの本数が圧倒的に増加。
  • 3Dデザインでは、Maya Arnold内部の処理速度が最大2倍となり、3Dシーンの描画時間を著しく短縮。
  • 写真の編集では、Photoshopで適用する複雑な編集やフィルタを最大75パーセント高速に実行
  • ソフトウェア開発では、Xcodeを使用したコードのコンパイル作業を最大65パーセント高速に実行。
  • サイエンスおよび研究分野では、TetrUSSで行う複雑な流体力学シミュレーションの計算を最大50パーセント高速に実行
  • 映像制作では、Final Cut Pro Xで4Kビデオのマルチカムストリームを最大11本まで同時に編集

僕の場合、Photoshopの編集において最大75%の高速化が期待できるのは、正直とても惹かれる。大量の写真を一括編集する時に役立ちそうだ。

なお、新モデルにはまたキーボードが改良され、スイッチ機構に新しい素材を採用しているとThe Vergeが伝えている。

新しい13インチ型「MacBook Pro 2019」の価格は198,800円から、15インチ型「MacBook Pro 2019」の価格は258,800円から。購入は下記からどうぞ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索