13インチ型MacBook Pro(2020)正式発表 スペック・仕様まとめ

4ポートモデルは第10世代Intel Coreプロセッサを搭載 本体はわずかに大型化、重量は30g増

Apple macbookpro 13 inch screen 05042020

Appleは5月4日、新しい13インチ型MacBook Proを正式に発表した。2ポートおよび4ポートの両モデルがアップデートされている。価格は134,800円から。

両モデルとも共通して新しいシザー構造のキーボード「Magic Keyboard」を搭載する。Touch Barは健在だ。本体の厚さは0.7mm増え、重さも30g増している。

MacBook Pro 13inch keyboard

スピーカーはワイドなステレオサウンドおよびDolby Atmos再生に対応し、マイクは指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイに改良されている。電池持ちは変わっていない。

下位モデル(2ポート)

2ポートモデルは、1.4GHzのクアッドコア第8世代Intel Core i5プロセッサを搭載。オプションで1.7GHzクアッドコアに変更できる。ストレージは256GBからスタートし、最大2TBまで用意されている。

RAMは、8GBの3MHz LPDDR3オンボードメモリを搭載し、最大16GBまでアップグレード可能。グラフィックスは、Intel Iris Plus Graphics 645が内蔵されている。

MacBook Pro (13-inch, 2020, Two Thunderbolt 3 Ports)

  • ディスプレイ:13.3インチ、2,560 x 1,600ピクセル、500ニトの輝度、広色域(P3)、True Toneテクノロジー
  • プロセッサ:1.4GHzクアッドコア第8世代Intel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)、128MB eDRAM
    • オプション:1.7GHzクアッドコア第8世代Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)、128MB eDRAMに変更可能
  • ストレージ:256GB、512GB
    • オプション:512GB、1TB、2TB SSDに変更可能
  • メモリ:8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
    • オプション:16GBメモリに変更可能
  • グラフィックス:Intel Iris Plus Graphics 645
    • 1台の外部5Kディスプレイで5,120 x 2,880ピクセル解像度、60Hzまで出力可能
  • ポート:2つのThunderbolt 3ポート
  • キーボード:Magic Keyboard
  • 電池持ち:最大10時間

上位モデル(4ポート)

4ポートモデルは、2.0GHzのクアッドコア第10世代Intel Core i5プロセッサを搭載。オプションで2.3GHzクアッドコアに変更できる。ストレージは512GBからスタートし、最大4TBまで用意されている。

RAMは、16GBの3,733MHz LPDDR4Xオンボードメモリを搭載し、最大32GBまでアップグレード可能。グラフィックスは、Intel Iris Plus Graphicsが内蔵されている。

MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 Ports)

  • ディスプレイ:13.3インチ、2,560 x 1,600ピクセル、500ニトの輝度、広色域(P3)、True Toneテクノロジー
  • プロセッサ:2.0GHzクアッドコア第10世代Intel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)、6MB共有L3キャッシュ
    • オプション:2.3GHzクアッドコア第10世代Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)、8MB共有L3キャッシュに変更可能
  • ストレージ:512GB、1TB
    • オプション:1TBまたは2TB、4TB SSDに変更可能
  • メモリ:16GB 3,733MHz LPDDR4Xオンボードメモリ
    • オプション:32GBメモリに変更可能
  • グラフィックス:Intel Iris Plus Graphics
    • 1台の外部6Kディスプレイで6,016 x 3,384ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
  • ポート:4つのThunderbolt 3ポート
  • キーボード:Magic Keyboard
  • 電池持ち:最大10時間
関連情報
カテゴリMacBook Pro
更新日2020年05月15日
コメント(31件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    ブログ拝見しました。下のモデルはキーボード以外あんまりスペック変わってないんですね。家の環境下だとホコリ詰まって頻繁にオーバーヒート起こしてた(2019年モデル)ので、今はi3のairに変えました。正直買い替えの気が起きませんね。タッチバーも相変わらず採用されてますし、デザイン変わってないし。下のモデルもice lake採用して欲しかったです。

    1. g.O.R.i

      2019年モデルの下位モデル、ほこりの問題だったんですか??そもそも下位モデルはファンが1つしかなかったと思うので、熱効率はイマイチなんですよね…それでもMacBook Air(2020)と比べて高いクロック数は維持できるみたいですが!タッチバーはマジでうんこですけどまだ残っていますね?ほんとありえん? Ice Lakeを採用しなかったのは、コストカットだと思いますよ!そもそもあのスペックでは、Ice Lakeにしても性能差はほとんどないという指摘もあるようでして、価格を抑えるために第8世代のままにしたと考えられます。

      1. 通りすがりの読者

        いえ、あくまで家で使った時の話なので、他の方の環境だとちゃんと冷却されるとは思います(部屋が年中室温が高いのとホコリ溜まりやすい環境なので)でもタッチバーなしモデルの追加と下のモデルにちゃんとicelake採用して欲しかったです。そういう意味ではairの方がきっちりしてましたね。全部ice lake採用でしたし。

  2. いのり

    ブログ拝見させて頂きました!
    Air2020(i3、16GB、256GB)、Pro13インチ(i5、16GB、256GB)のどちらかの購入を検討しております。

    主にブログ執筆とYoutube鑑賞で使用します。

    個人的にはゴールドが欲しいと思っているのですが、スペック次第ではProを購入しようかと検討中です。

    Airのスペックでも十分ブログ執筆は可能でしょうか?
    またオススメはどちらでしょうか。

  3. Kenkentaro

    うーん14.1インチじゃなかったんですね。。。
    私は何のために16インチをスルーして待っていたのだろう。。。

    1. g.O.R.i

      (昨年、15インチモデルが発表された数カ月後に16インチモデルが発表されましたねぇ……?)

      1. Kenkentaro

        なるへそ。これぞ、神の呟きか!
        なかなか買い替えできなさそうですw

        1. g.O.R.i

          欲しい時が買い時ですよ•̀.̫•́✧

          1. kenkentaro

            最近のテレワークの流れで、パワポやZoomでプレゼン動画を作成・編集することもあります。
            編集は末尾を切るとか少々のものですが、外部GPUが付いていた方が安心は出来そうですね。
            外部GPUが付いた14.1よ、早く出るのじゃ(誰?)

          2. g.O.R.i

            どれぐらいの編集をするかによりますね……実際に編集作業自体は13インチでも問題なくできると思いますが、書き出しの時には特にdGPUがあるとないとでは結構違うみたいですねぇ。

            動画ではないですが、参考情報として、僕は写真のRAW現像を毎日のようにやっているのですが、13インチの4コアと15インチの8コアでは性能差は全く出ませんでしたねw泣きましたw でも今となっては、16インチには強いdGPUがあるので、単体で2枚の4Kディスプレイをサクサク出力できますし、単体の画面が大きいので作業しやすいですね!

          3. kenkentaro

            いつも即レスで何度も返信していただいて,ありがとうございます。
            編集自体は,ほんとに末尾の2~3秒を切るくらいなので13インチでも良さそうです。
            ただ,パワポで文字と図形・写真少々の10枚ずつをHD画質で動画としてエクスポートでも結構時間がかかりますね。。。
            Windows+RTX2060でも。

            sidecarでipad proと連携する上でもパワーがあった方が良さそうですね。
            むう,16インチか。16インチにすると,家でも外でもそれで完結できて,いちいちファイルを移し替えなくて良いというメリットもあるかもしれませんね。

          4. g.O.R.i

            うーむ、感覚的にはその作業がdGPUを必要とするような感じはしないですが、その作業が本当にGPUを使っているか確認した方が良いかもしれないですね。僕もGPUを早くすればこの作業が早くなる、とおもって買い替えたところ全く効果無しだったこともあるので、そのあたりは慎重に見定めた方が良さそうです!

            Sidecarは、僕が様子を確認している限りではほとんどGPUに負荷がかかっていないですね。ちなみに使用するのはdGPUがあったとしてもiGPUみたいです。アクティビティモニターを見る限りでは、むしろCPUパワーをつかっているようですね。

            僕は16インチがおすすめですよ!重くて持ち運びが大変という考え方もありますが、これ1台で本当にすべてが完結しますね!

  4. 通りすがりの読者

    Air 2018年モデルの512GB 16GB RAMモデルを高いと分かっていて買いましたが、今回同じような構成でProの上位モデル買えますね。今年はMacもiPhoneもコスパ良く見えてしまう…

  5. 通りすがりの読者

    2020はフルモデルチェンジだと思ってたのですが、これはMacを持ってないユーザーからしたら買いなんですか…?

    1. g.O.R.i

      どの程度のパフォーマンスを必要としているかによりますねぇ?

  6. 通りすがりの読者

    14インチじゃなかったのか〜残念です!
    やはりdGPUが搭載されてほしかったですね。iGPUじゃちょっと弱いな。

    ゴリさんのレビュー楽しみに待ってます!(無慈悲)

    1. g.O.R.i

      もはや僕の環境では買う理由が見当たらないので、買わないと思いますw

  7. 通りすがりの読者

    上位モデルはメモリ16、ストレージ512スタートでコスパいいなと思ってしまった。(金銭感覚バグってる)⇨Airといい、本当に人に勧めやすい構成になった!

    1. g.O.R.i

      かなりコスパ良くなりましたよね……素晴らしい……

  8. 通りすがりの読者

    パワーアップしたAirと差が縮まってますね。
    差別化するためにdGPUを積んだりするのかと思ってたんですが・・・。
    2018年の13インチ使ってるんですけど次のモデルチェンジまで待ちますw

  9. 通りすがりの読者

    Touch Barを選択式にしてほしー

    1. g.O.R.i

      ほんとそれ?

    2. 通りすがりの読者

      そうですね。この頑なまでのTouch barへのこだわりはどこから来るのでしょうか。

      1. g.O.R.i

        さぁ………(怒りで震えながら

  10. 通りすがりの読者

    14インチじゃない?え、え?ってことはしばらくは14インチ出ないってこと???
    だれかー教えてくれー!

  11. 通りすがりの読者

    300gじゃなく30g増の間違いでは?

    1. g.O.R.i

      修正する前に読まれてしまった。。。今修正されているはずです!すいません!w

  12. 通りすがりの読者

    流石に下位2機種がひどすぎます。
    まだ断定できないですけど、Airの方がGPUもメモリも性能上だと思います。

    逆に、上位2機種は結構良さそうな感じですね。

    これでPro待ってた人結構かわいそうなのと、Air買ってよかったと安心する自分がいる…(笑)

    1. g.O.R.i

      いえ、排熱構造はMacBook Proの方が優れているので、映像などの作業を行うけど、価格を抑えたい、という人にとっては13インチの下位モデルの方が優秀だと思いますよー!

      1. 通りすがりの読者

        ああ~
        確かにその用途ならproを選んでも良さそうですけど…
        Proを視野に入れてる人ならもうちょい予算出して上位機種買った方がよさそうに思えます。

        1. g.O.R.i

          それもそんな気がしますねぇ?

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索