【比較】13インチ型「MacBook Pro」の新旧モデル(2016と2015)のスペック・仕様を比べてみた

Keyboard gallery2 large

ファンクションキーが「Touch Bar」に代わり、「Touch ID」が搭載された以外、新型「MacBook Pro」はどこが進化したのか。15インチが大きすぎる、という人にとって親しまれている13インチ型「MacBook Pro」だが、新モデルのスペックはどの程度グレードアップしているのか。

本記事では13インチ型「MacBook Pro」の新旧モデル(2016と2015)のスペック・仕様を比べてみた!参考にどうぞ!

MacBook Pro」の性能比較ーー2016年 V.S. 2015年

まずは1分程度で分かる、MacBook Pro 2016」の13インチモデルが「MacBook Pro (Mid 2015)」から進化したポイント・変わったポイントをまとめたので、ご覧あれ!

  • 本体が0.31cm薄くなった
  • 幅が0.99cm小さくなった
  • 奥行きが0.66cm小さくなった
  • 重さが0.21kg軽くなった
  • Appleロゴが光らなくなった
  • ディスプレイが67%明るく、コントラスト比も67%高く、標準的なRGBより25パーセント多い色を使用することができるようになった
  • Intelの第6世代チップを搭載
  • RAMの動作クロック数が2,133MHzに(「Touch Bar」搭載モデルのみ)
  • GPUは「Intel Iris Graphics 540/550」を採用
  • 未だにデュアルコア、未だに外部GPU無し
  • ポートはすべて「USB-C/Thunderbolt 3」に
  • ヘッドホン端子は健在
  • ファンクションキーが「Touch Bar」に(「Touch Bar」搭載モデルのみ)
  • Touch IDを内蔵(「Touch Bar」搭載モデルのみ)
  • スペースグレイが選択可能になった

続いてより具体的なスペックの比較は下記表を参考にどうぞ!

新型13インチモデル 旧型13インチモデル
256モデル 256GBモデル 512GBモデル 128GBモデル 256GBモデル 512GBモデル
Touch Bar Touch IDセンサーが組み込まれたTouch Bar
ディスプレイ 13.3インチRetinaディスプレイ
(2,560 x 1,600ピクセル、227 ppi)
500ニトの輝度
広色域(P3)
13.3インチRetinaディスプレイ
(2,560 x 1,600ピクセル、227 ppi)
CPU 2.0GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、4MB共有L3キャッシュ 2.9GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)、4MB共有L3キャッシュ 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、3MB共有L3キャッシュ 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、3MB共有L3キャッシュ 2.9GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)、3MB共有L3キャッシュ
RAM 8GB 1,866MHz LPDDR3オンボードメモリ 8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ 8GB 1,866MHz LPDDR3オンボードメモリ
ストレージ 256GB 256GB 512GB 128GB 256GB 512GB
グラフィック Intel Iris Graphics 540 Intel Iris Graphics 550 Intel Iris Graphics 6100
電池持ち 最大10時間
ポート 2つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
4つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
MagSafe 2電源ポート
Thunderbolt 2ポート(最大20Gbps)x 2
USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
HDMIポート
3.5mmヘッドフォンジャック
SDXCカードスロット
高さ 1.49 cm 1.8 cm
30.41 cm 31.4 cm
奥行き 21.24 cm 21.9 cm
重量 1.37 kg 1.58 kg
価格
(税別)
148,800円 178,800円 198,800円 148,800円 172,800円 208,800円

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!