iFixit、16インチ型MacBook Pro 2019の分解レポートを公開

筐体サイズをほとんど変えることなく、これほど大きいバッテリーを内蔵できたことはやっぱり凄いみたい

Macbookpro 16inch teardown 1

iFixitは11月19日、16インチ型「MacBook Pro 2019」の分解レポート公開した。

基本的な配置はこれまでのモデルと大きくは変わらず、CPU、RAM、SSDはすべてロジックボードに取り付けられ、ユーザー自身による交換は不可能となっている。

厚みを比較してみると、本体の形状から少し分かり難いものの、基本的には2015年モデルとほぼ同じ厚さであることが分かる。このことから、従来ポートを復活させない理由は本体の厚さではないことが伺える。
Macbookpro 16inch teardown 3

搭載されているキーボードはワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」とほとんど同じ構造になっていて、iFixitは「違いを見分けるのが難しいほど」とコメントしている。また、バタフライ式キーボードではゴミなどが入りづらいように薄膜などが設置されていたが、16インチモデルはそれさえも廃止されているとのこと。

キーキャップは取り外すことができ、すでに紹介されている通り、ワイヤレスキーボードのキーキャップと交換することができる。
Command key

ただし、厳密にはワイヤレスキーボードの方がわずかに小さく、キートップとキーキャップの間にある溝は他のキーよりも広く取られていることになる。また、「Magic Keyboard」のキートップは文字部分が透明になっていないため、バックライトが点灯しても文字が浮かび上がらないことになる(それはそれで格好良いと思うけど)。
Macbookpro 16inch teardown 4

改良された排熱構造に伴い、排気用の穴も15インチモデルと比較して飛躍的に大きくなっていることが確認できる。
Macbookpro 16inch teardown 2

他に特筆するべき内容としては、バッテリー容量が99.8Wh(11.36V / 8,790mAh)となっていて、15インチモデルよりも16.2Wh多く、懐かしの17インチモデルよりも4.8Whも多いという。

毎回恒例の修理スコアは、10段階中「1」。基本的にユーザー自身で修理することは不可能となっている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索