iFixit、13インチ型「MacBook Pro 2018」の分解レポートを公開

Ifixit macbook pro 2018 teardown 1

iFixitが、13インチ型「MacBook Pro 2018」の分解レポートを公開している。

分解したのは「2.3 GHz クアッドコア Intel Core i5 / Intel Iris Plus Graphics 655」を搭載したモデル。RAMは8GB、ストレージは256GBという構成。

より大容量のバッテリーを搭載しているが、重量は変わらず

すでにMacBook Pro 2018」の第3世代バタフライ式キーボードは構造が改良され、各キーの周りに新たにシリコン製の膜が追加されていることを明らかにしていたiFixitだが、分解したことによって、バッテリーが前モデルからわずかに大きくなっていることを確認。
Ifixit macbook pro 2018 teardown 2

これまでのモデルには49.2Whのバッテリーが搭載されていたが、2018年モデルには58.0Whになっていることから、効率化が改良されている模様。5セルから6セルに構成も変更され、重さも196.7gから232.7gまで増えている

ただし、不思議なことに「MacBook Pro 2018」の重量は前モデルから変わっていない。使用されているパーツが何かしら軽量化されていると思われるが、iFixitはまだ解明できていないという。

なお、連続駆動時間は前モデルから変わらず10時間となっている。

最新モデルはスピーカーも改良されているそうだが、より場所を効率的に使用できるように設計され、細長くなっていることが確認できる。
Ifixit macbook pro 2018 teardown 5

また、同梱されている電源アダプタに新しいモデルナンバー「A1947」(前モデルは「A1718」)が用意されていることから、内部も一部変更されている模様。内部構造が変わっている他、アルミ製だったUSB-Cポートをプラスチック製に変更している

今回のモデルで初めて搭載されるのは「Apple T2」チップ。今回の分解レポートでも無事発見されている。
Ifixit macbook pro 2018 teardown 3

iFixitが公開している、ユーザー自身で修理できる難しさを評価する「修理難易度スコア」は、10段階中「1」。修理することは実質不可能だと言えるだろう。

あわせて読みたい