13インチ型「MacBook Pro 2017」(TB非搭載モデル)のSSDおよびロジックボードに不具合が判明か

Keyboard gallery3 large 2x

13インチ型「MacBook Pro 2017」の「Touch Bar」を搭載していないモデルに、SSDまたはロジックボードに不具合が判明した場合、両方を同時に交換修理を必要があることが明らかになった。

これはMacRumorsが入手した内部メモから判明。具体的な影響範囲などはわかっていない。

物理ファンクションキーを搭載するエントリーモデルが対象

対象となっているのは「USB-C/Thunderbolt 3」が2基しか搭載されていない、通常のファンクションキーを搭載しているモデル。「Touch Bar」を搭載しているモデルは対象となっていない。また、2016年モデルも対象外となっている模様。

SSDまたはロジックボードに関する不具合が判明した場合、Appleは保証状況に関係なく無償で交換修理を行ってくれるとのこと。2つの大型部品を交換するため、修理完了までの日数は5〜7日掛かると説明している。

先月下旬、「MacBook Pro」の一部モデルの出荷に遅延が発生していたと報告されていたが、Appleはこの問題を認識し、既存モデルに改良を加えていたのかもしれない。

MacBook Pro」といえば、最近はキーボードがデザイン上の欠陥があると指摘され、集団訴訟まで発展。「MacBook Pro 2016」のキーボードに関しては、旧モデルと比較して2倍も不具合が発生しているとの調査結果も明らかになっている。

僕の周りでもキーボードが故障する人が後を絶たない状況で、Appleがだんまりを決め込むのか、何か対策を講じるのか注目している。

あわせて読みたい