「MacBook Air 2019」、1.5TBのSSDオプションを廃止し1TBを用意

アップグレード費用も99,000円から44,000円に大幅値下げ

Macbook air ssd option

「True Tone」ディスプレイに対応した新しい「MacBook Air 2019」は、従来用意されて1.5TBのSSDオプションが廃止され、代わりに1TBの選択肢が用意されている。

また、従来は1.5TBのSSDにアップグレードするための費用は99,000円だったが、1TBのSSDにアップグレードするための費用は44,000円となり、大幅に値下げされている。

なお、最新モデルも引き続きCPUのアップグレードオプションは用意されていない。また、RAMのアップグレード費用(8GB→16GB)は引き続き16GBとなっている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索