「MacBook Pro 2019」のキーボードはさらに改良されているが、修理プログラムの対象でもある

MacBook Pro 2018 Keyboard 01

Appleが突然、「MacBook Pro 2019」を発表した。基本的なハードウェアはほとんど変わっていないが、CPUが従来よりも高速な第8世代および第9世代のIntel Coreプロセッサを採用し、最新のスペックを求める人にとって嬉しいアップグレードとなった。

実はもう1つ、密かに進化しているハードウェアがある。それは、キーボードThe Vergeによると、新モデルに採用されているバタフライ式キーボードはまたしても改良されていることが明らかになっている。

第4世代ではなく、あくまでも「第3世代の改良版」らしい

MacBook Pro 2019」に搭載されているキーボードは、スイッチ機構に新しい素材を採用しているとのこと。Appleによれば、文字が勝手に反復入力される問題や文字が表示されない問題の発生が大幅に低減されるそうだ。

Appleは、この改良されたキーボードを「第4世代」ではなく、「第3世代バタフライキーボードの改良版」としている。

新しいキーボードはスイッチ機構の素材が変更されただけであり、バタフライキーボードという仕組みそのものは改良されていない。素材云々ではなく機構そのものに問題があり、故障の原因になっているとの見方も強い。

Appleは「特定の MacBookMacBook AirMacBook Pro モデルのごく一部のキーボード」と表現しているが、仕事に欠かせないデバイスを預け修理に出すことが厳しいゆえにAppleが把握していない可能性もある。

そのことはAppleも把握しているように見受けられる。「MacBook、MacBook Air、MacBook Proキーボード修理プログラム」にはなんと2019年モデルも含まれている。新しい素材を採用したスイッチ機構でも故障するリスクは2018年以前のモデルと変わらない、ということなのだろう。

MacBook Series Keyboard Program 01

一般的に「MacBook Pro」は毎年買い換えるものではなく、一定期間使い続けることが前提。最新モデルは8コアモデルも用意され、より一層プロユーザーをターゲットとしたモデルに進化しているが、キーボードの故障するリスクは以前から変わらないのは実に残念である。

念のために書いておくと、僕は2018年モデルになってから「MacBook Pro 2018」にキーボードの故障は一度も体験していない。同じ第3世代バタフライキーボードを採用している「MacBook Air 2018」でも快適に使い続けることができている。

また、万が一修理に出すことになっても、以前のように3日間ではなく最短で翌日までに修理してもらえるようになった。

それでも数十万円払って購入するプロ仕様のマシーンのキーボードが故障するリスクが有るというのは考えものだ。恐らく今後も2019年モデルのキーボードが故障したというニュースを目にすると予想され、Appleは「結局何も直していない」などと言われるだろう。

もうバタフライキーボードはダメなんだ。そろそろ根本的にキーボードの仕組みを変更するべき時期にやってきたのではないだろうか。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索