Apple、「MacBook、MacBook Air、MacBook Proキーボード修理プログラム」を発表

MacBook Pro Late2016 15inch Model

Appleは特定の「MacBook」「MacBook Air」「MacBook Pro」の一部モデルにキーボードに関する様々な不具合が発生しているとして、対象となっているキーボードを無償で修理する「MacBook、MacBook Air、MacBook Proキーボード修理プログラム」を発表した。

修理内容はキーボードの検査後に決定し、1つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあるとのこと。また、修理にかかる時間は、修理内容や交換部品の在庫状況によって異なる場合がある。

発表されたばかりの「MacBook Pro 2019」も対象

具体的な症状は以下の通り:

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

対象となっているモデルは以下の通り:

  • MacBook (Retina, 12- inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12 -inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12- inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2019)

この修理プログラムは、対象となる「MacBook Pro」に対し、最初の小売販売日から4年間適用される

以下の方法で手続きが可能:

この修理プログラムは、世界共通となっていて、「MacBook」や「MacBook Pro」の通常の製品保証期間を延長するものではない。また、過去にキーボードをすでに有償で交換している場合はこちらから問い合わせするように案内されている。

また、「MacBook Pro」の修理に支障をきたす損傷がある場合は、その修理を優先する必要があるとのこと。場合によっては別途修理料金がかかることがあるので、心当たりがある場合は注意が必要だ。

詳細は下記からどうぞ!

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索