MacBook Proの2016年モデル以降にディスプレイの不具合が発覚ーー画面を開くとブラックアウト、下部から光が漏れる現象

デザインが大幅リニューアルした2016年モデル以降の「MacBook Pro」は不具合のイメージがあまりにも強すぎる

僕自身が遭遇したものだけでもGPUに関する不具合ディスプレイの一部が黄色く変色する不具合、そして旧モデルと比較して2倍も不具合が発生していると言われているバタフライ式キーボード。第3世代になってもなお特定のキーが2回入力される不具合が報告されている。

今回はまたしても新しい「MacBook Pro」に関する不具合が分解レポートでお馴染みのiFixitから報告されている。バックライトに関する不具合となっていて、ディスプレイをある一定の角度まで開くと完全に画面がブラックアウトしてしまう不具合や、まるでステージ照明のようにディスプレイ下部からバックライトが漏れる現象が報告されている。

Flexgate:脆いフレックスケーブルの使用が原因

実際に現象が確認できる動画も公開されている。こちらがディスプレイをある一定の角度まで開くと完全に画面がブラックアウトしてしまう現象を映したもの。

こちらが海外で「ステージライトエフェクト」「スポットライトエフェクト」などと呼ばれている、画面下部からバックライトが漏れてしまっている現象を映したもの。

すでにこの問題の特設ページが公開され、Apple CommunityMacRumors Forumsでも多くのユーザーが問題を報告している。

iFixitによると、これらの不具合の原因はAppleが細く、薄く、耐久性に乏しいフレックスケーブルを使用していることが原因だと指摘。このことから、早速「Flexgate」という名前が付けられている。

このフレックスケーブルは、買った当初は問題ないものの、何度も開閉しているうちにその薄さと細さゆえに経年劣化し、最終的に壊れてしまう模様。

本来であればフレックスケーブルは6ドル程度で交換できるはずが、Appleがディスプレイと一体化するように設計しているためケーブル単体の交換はできず、修理費用は600ドルにもなると指摘している。

Flex Cable on MacBookPro
【image via iFixit】

しばらくして症状が発覚することが多いため、製品購入時に用意されている1年間の保証期間を過ぎてしまうことが多く、今後Appleが無償修理プログラムを発表しない限り、修理は有償となる。

そのため、無償修理を求めてChange.orgで著名活動も開始。記事執筆時点ではすでに3,700人以上集まっている。

対象となっている「MacBook Pro」は2016年以降のモデルすべて。2018年モデルも対象となっている。

  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)
  • MacBook Pro (15- inch, 2018)

数十万も掛けて購入するプロマシーンがディスプレイの開閉を重ねることで使えなくなるという設計ミスをユーザーが負担するのは論外。次期モデルではこの点を見直してくれることを期待しつつ、無償修理プログラムを発表し、当面の間は最低でも費用を掛けずに修理できることを願いたい。

(via MacRumors

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索