MacBook Pro(2018)とiMac Pro、修理内容によってはApple以外で対応不可

Fixing the macbookpro 2018 ifixit

【image via iFixit

「Apple T2」チップを搭載している関係で、MacBook Pro(2018)およびiMac ProはAppleの診断ツールに合格しなければ修理が完了しないことが明らかになった。裏を返せば、この診断ツールがなければ一部の修理内容は対応できないということになる。

非正規サービスプロバイダで修理することはリスクに

MacRumorsが入手した内部資料によると、MacBook Pro(2018)はディスプレイ、ロジックボード、Touch ID、トップケース(キーボード、バッテリー、トラックパッド、スピーカー)に関する修理は、診断ツールによる鑑定が必要。

一方、iMac Proはロジックボードと内部ストレージに関する修理内容にのみ適用されるとのこと。

この診断ツールは「Apple Service Toolkit」と呼ばれ、Apple StoreおよびApple正規サービスプロバイダにのみ提供されている。このことから、非正規のサービスプロバイダはこれらの修理内容は対応できないということになる。

まだ先の話だが、診断ツールがなければ修理が完了しない場合、MacBook Pro(2018)やiMac Proがオブソリート商品として認定された後、万が一修理をしてくても事実上不可能になる可能性がある。

「Apple T2」チップはSMC(システム管理コントローラ)、FaceTimeカメラ用の画像処理プロセッサ、オーディオの制御、SSDの制御を行い、「Secure Enclave」と呼ばれる先進的なセキュリティアーキテクチャ、ハードウェアの暗号化エンジンなども含まれている。

関連情報
カテゴリiMac
/
MacBook Pro
更新日2019年03月11日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索