「MacBook Pro 2018」、True Toneを有効にするとバッテリーにわずかな影響がある

MacBook Pro 2018 True Tone

The Vergecastによると、AppleはMacBook Pro 2018」のTrue Toneを有効化するとバッテリーにわずかな影響があると説明していると語っている

MacBook Pro 2018」が対応しているTrue Toneテクノロジーとは、環境光センサーを利用し、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に適用させる機能

これは「iPhone X」や「iPad Pro」にも用意され、暖色の照明で画面を見ると白色が少し黄色く、寒色の照明で画面を見ると画面が青白く見えるようになっている。本物の紙が周囲の光にあわせて色味が変化するのと同じ効果を再現しているのだ。

環境光センサーを常時利用しながら色味を調整しているため、その処理によってバッテリーをわずかに消費する模様。幸いにも2018年モデルは電池性能が向上していることから、有効化しても前モデルと変わらない電池持ちを実現することができている。

とは言え、1分でも長く使いたい、という状況ではTrue Toneを無効化して使った方が良いかもしれない。

あわせて読みたい