Apple、「MacBook Pro 2018」向けにスロットリング問題を修正したソフトウェア・アップデートを配信開始

Throttling on MacBook Pro 2018

Appleは25日、MacBook Pro 2018」で発生していたCPUのスロットリング問題を修正したソフトウェア・アップデート「MacBook Pro (2018) 用macOS High Sierra 10.13.6追加アップデート」を配信開始した。

これは、YouTuberのDave Lee氏によって15インチ型「MacBook Pro 2018」の「Core i9」モデルに排熱問題があることを指摘したことから始まった。動作クロック数が公称値を下回ることも判明し、その結果、「Final Cut Pro」において「MacBook Pro 2018」の「Core i9」モデルが2017年モデルに劣る場合があることも分かっていた。

Throttling on macbook pro 2018

Appleは9to5Macに対し、ファームウェアにおいてデジタルキーが不足していたことが原因で排熱システムに影響を及ぼし、高負荷な作業を行うとCPUのクロック数を低下させてしまう場合がある、と説明し、謝罪のコメントを残している。

これにより、「MacBook Pro 2018」は高負荷時においてもクロック数の低下が見られず、特に「Core i9」モデルは本来のパフォーマンスを発揮することができるようになっていると期待される。

あわせて読みたい