「MacBook Pro 2018」の新しいキーボード、ゴミの侵入を防ぐことが目的の改良であると判明

MacBook Pro 2018 Keyboard

修理担当者に宛てられたAppleの内部資料によると、新しいキーボードには各キーの下にゴミがバタフライ構造への侵入を防ぐための膜が追加されていることが明記されている。

このことから、Appleはやはり静音性を目的としてではなく、故障率を低下させるためにキーボードを改良していることを認めた形になる。

静音性を高めるためではなく、故障率を下げるための改良

MacBook Pro 2018」に採用されている第3世代バタフライ式キーボードは構造が改良されていることがiFixitの分解レポートによって明らかになっていた。この内部資料は、MacGenerationが入手し、9to5Macに信憑性の確認を行ったという。

バタフライ構造にシリコン製の膜を追加しただけなので、故障が全くしなくなるという保証はないものの、以前のモデルより故障率は下がるのではないかと期待される。

Appleは公式サイトに「13インチと15インチのTouch Bar搭載モデルには、より静かにタイピングができるキーボードを採用」としか書かず、メディアに対しても構造が改良されていることについては認めなかった。理由は明らかになっていないが、キーボード故障問題を受けて可能な限りの改良を行った可能性は十分にある。

キーボードの構造が一部改良されていることに加え、スペースキーのデザインも変更されているため、交換する際の手順が変わっていることが通達されている。

もっと読むMacBook Proまとめ