Apple、「MacBook Pro/Air 2018」のキーボードでも不具合が報告されていることを認める

MacBook Pro Late 2016 15インチモデル レビュー(使い勝手、操作性、動作など)

MacBook Pro 2018」のキーボードにはシリコン膜が追加され、ゴミの侵入防止に大きく貢献したと思いきや、案の上特定のキーが2回入力されるなどの不具合が一部から報告されている。同じく「MacBook Air 2018」のキーボードにも不具合が報告されている。

これまで特に何もコメントしてこなかったAppleだが、WSJが公開した「Appl Still Hasn’t Fixd Its MacBook Kyboad Problm」という記事で、Appleの広報担当はMacBook Pro 2018」および「MacBook Air 2018」に搭載されている第3世代バタフライキーボードでも不具合が一部から報告されていることを認めている

問題が発生しているごく一部のユーザーに対して謝罪

この記事を書いたJoanna Sten氏は、自分自身の所有している「MacBook Air 2018」ではキーが入力されない、キーが二重に入力される、キーが押されたままになると言った、バタフライキーボードの抱えるすべての問題を体験済み

考えうるすべての不具合を体験しているからこそ、その記事にはとても面白い仕掛けが用意されている。なんと、「E」キー有無、「R」キーの有無、そして「E」キーのダブル入力のトグルスイッチが実装されている。デフォルトは、もちろんすべて無効化され、「E」や「R」が入力できないと文章がどうなるのかを見ることができて面白い。

MacBook Pro Air Butterfly Keyboard WSJ Article

気付いている人もいるかもしれないが、実はタイトルも「E」を意図的に省いている。記事レベルで実装するアメリカン・ジョークはなかなかだ!

Sten氏はAppleのプレミアムパートナーであり製品修理を行う「Simply Mac」に取材し、キーボードに関する不具合が非常に多いことを確認。問題を調査した結果をAppleに伝えたところ、第3世代のバタフライキーボードで起きている一部の不具合を認め、謝罪のコメントを残しつつも、「大多数のノート型Macユーザーはキーボードでポジティブな体験ができている」と説明。

万が一問題が起きている場合はAppleのカスタマーサービスに連絡するよう、案内している。

Appleが特に問題を解決する気がないことを受け、Sten氏は自分と同じようにキーボードに問題が起きているユーザーに対して対処法を4つ提案している。

  • Apple Storeに持ち込む
  • 二重入力をソフトウェアで阻止するアプリ「Unshaky」を使う
  • エアーダスターで掃除する
  • 外付けキーボードを使うまたは他のコンピューターを使う

幸いにも僕の「MacBook Pro 2018」は安定して動作しているが、「MacBook Pro 2016」では「B」キーが反応しなくなりお預け修理となった。Appleは「MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム」を発表しているが、2018年モデルは対象外となっている。

MacBook Pro」をプロ向けマシーンとしてブランディングしている以上、この問題を「ごく一部のユーザー」から報告されている不具合であり「大部分のユーザーは満足している」という回答には納得がいかない。

プロは機材に投資する1つの理由に機材そのものの信頼性があり、機材トラブルの回避があるはず。ノート型Macを構成する主要部品の1つであるキーボードに信頼が置けないというのは大問題。

2016年モデルに比べて故障リスクは改善されているかもしれないが、Appleには今後もキーボードの改良に開発リソースを割くことを怠らないでもらいたい。