MacBook Air(2018)、FaceTimeカメラがぼやける不具合が一部で報告される

FaceTime HD Camera MacBook Air(2018)

一部のMacBook Air(2018)に搭載されている「FaceTime HD」カメラの画質がぼやける不具合Apple Communityで報告されている。

そもそも搭載されているカメラ自体が720pなので高画質は期待できないものの、旧型のMacBook Air比較しても明らかに撮影品質が低いことが指摘されている。

MacBook Pro(2018)と比較した結果、その違いに愕然

とあるユーザーはApple Store内でMacBook Air(2018)の「FaceTime HD」カメラを旧モデルと比較し、スタッフに見せたところ、その違いに驚いていたと投稿されている。

気になって僕も13インチ型MacBook Pro(2018)とMacBook Air(2018)の「FaceTime HD」カメラを比較してみることに。どちらも同じ720pカメラを搭載していることになっているが、その違いに愕然とした。

FaceTime HD Comparison
左:MacBook Pro(2018) / 右:MacBook Air(2018)

被写体のクオリティが低いという現実には目を瞑ってもらうとして、画質の差は一目瞭然ではないだろうか。左がMacBook Pro(2018)、右がMacBook Air(2018)。とてもではないが同じカメラとは思えないクオリティの違いだ。

僕自身、今回のために「FaceTime HD」カメラを数年ぶりに起動するぐらいには全く使っていないので特に困らないが、困る人も世の中にはいるはず。Appleがこれについてコメントするかどうか、注目だ。

(via 9to5Mac

関連情報
カテゴリMacBook Air
公開日2018年12月04日
更新日2019年08月12日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索