「MacBook Air 2018」でも「Final Cut Pro」なら4K動画の編集は全く問題ないらしい

Macbook air 2018 final cut pro

MacBook Air 2018」は、「MacBook」と「MacBook Pro」が埋められなかった「それ以外」を満たしてくれるマシーンだと思っている。

ただ、問題はそのパフォーマンス。「MacBook」と同じ低消費電力を特徴とするIntelのYシリーズと呼ばれるチップを採用しているため、性能を期待はずれと批判する声も少なくなかった。

いち早く「MacBook Pro 2018」を入手しているYouTuberのKraig Adams氏によると、MacBook Air 2018」でも「Final Cut Pro」なら4K動画の編集は全く問題ないようだ。

編集は全く問題なし、書き出し時間に性能差が出る

Adams氏が利用しているモデルは「MacBook Air 2018」の下位モデル。RAMは8GB、SSDは128GB。さすがにストレージ容量の観点からこの構成では動画編集ができないため、IP55の防滴性と防塵性を備えている外付けSSD「SanDisk ポータブルSSD 500GB Extreme」を使用したとのこと。

「Final Cut Pro」では「高品質」ではなく「パフォーマンス優先」にして使用しているといい、普段と変わらず編集できていると語っている。

性能差が明確になるのは書き出し時間。10分のビログ動画に対し、「MacBook Pro」は7分で完了するところを「MacBook Air」は15分かかっている。使用していた「MacBook Pro」は3.3GHzの「Core i7」プロセッサーに16GBのRAMを搭載した2016年モデル。

結論として、Adams氏は「MacBook Air 2018」のパフォーマンスに全く不満がないそう。「MacBook Air 2018」のベンチマークスコアによるとCPUは12インチ型「MacBook」の最上位モデルと同等のパフォーマンスを発揮できるようなので、やはり”そこそこデキるヤツ”という認識で間違いなさそうだ。

なお、MacBookシリーズを比較すると「MacBook Pro」との重量差はわずか120g。書き出し時間の短縮は作業時間の短縮になることから、動画編集を可能にする作業環境が必要なのであれば「MacBook Air 2018」よりも「MacBook Pro 2018」の方が作業効率が高いのではないかと思われる。


(via 9to5Mac

もっと読むMacBook Airまとめ