「MacBook Air 2018」、バッテリー単体交換が可能な内部仕様に

MacBook Air Keyboard 10302018

新しい「MacBook Air」を今後数年間使用する場合、何年後かに本体のバッテリーを交換したい時がやってくるはず。基本的には自力で交換することはできないが、何日間も修理センターなどに預けて手元からMacがなくなる、という状況は避けたい。

MacRumorsが入手した内部向けサービスガイド(Service Readiness Guide)によると、MacBook Air 2018」はバッテリー単体の交換が可能な内部構造になっていることが明らかになった。

トラックパッドも単体交換が可能に

他のRetinaディスプレイを搭載した「MacBook」や「MacBook Pro」はバッテリーがキーボードやトラックパッドに糊付けされていたため、交換する場合はトップケースをまるごと交換する必要があった。

MacBook Air」の2018年モデルはバッテリーだけではなく、トラックパッドも単体交換が可能になっているとのこと。

Apple StoreやApple公式サービスプロバイダにとっては交換作業が楽になり、バッテリー交換対応がしやすくなることが期待される。また、ユーザーにとってはバッテリー交換をお預け修理にすることなく、数時間で作業が完了することが期待される。

他にも「MacBook Air 2018」の「Touch ID」を交換する際ににはロジックボードの交換は不要であることが分かっている。ただし、修理後、Apple診断テストをパスしなければ修理は完了しないとのこと。

もっと読むMacBook Airまとめ