「MacBook Air 2018」のある生活:様々なシーンでパワー不足を感じる

MacBook Air 2018 keyboard and egpu 01

「MacBook Air 2018」のある生活1日目は比較的軽い作業を中心に行い、2日目は初日に比べると多少負荷の掛かる作業を試してみた。

3日目は引き続き負荷の掛かる作業を試しつつ、Blackmagic eGPU」に接続して使うなど、まさに普段通りの作業環境で「MacBook Pro 2018」を置き換えた状態で使ってみた

本体のキーボードの完成度の高さという高評価ポイントがなくなったことにより実際のパフォーマンスに注目できるようになったことで、僕自身がメインマシーンとして使う上では気になる点が増えてきた。

MacBook Air 2018」のメインマシーン化3日目

購入したモデルのスペック(カスタム済み)
1.6GHZ DUAL-CORE INTEL CORE I5
Intel UHD Graphics 617
16GB 2133MHz LPDDR3 memory
512GB SSD storage

eGPUを繋いでもCPUパワー不足でRAW現像作業が遅い

今回は「MacBook Air 2018」単体ではなく、「MacBook Air 2018」の「Thunderbolt 3」ポートを使用して「Blackmagic eGPU」に接続して作業を行ったが、残念ながら「MacBook Pro 2018」で得られたパフォーマンスに肩を並べることはできなかった。

「MacBook Air 2018」のメインマシーン化2日目では「Adobe Photoshop CC 2019」のRAW現像作業はタイムラグが気になると書いたが、これはグラフィック性能を強化しても変わらず。やはりCPU性能がパフォーマンスに影響を与えていると考えられる。

特に遅いと感じるのはプリセットのプレビューと、プリセット反映後の編集画面が表示されるまで。複数枚のRAW写真現像を試す予定だったが、数枚で引っかかるため、試すまでもなく早々に諦めてしまった。

ただ、そもそもMacBook Air 2018」が「Blackmagic eGPU」を使えることは素晴らしい。12インチ型「MacBook」はUSB-Cであり「Thunderbolt 3」に対応していないため、デスクトップマシーンのような構成で利用することは難しい。

僕の場合、ケーブルを1本指すだけでeGPUだけではなく4Kディスプレイを2枚、スピーカー、有線LANなどに接続して使うことができている。万が一「MacBook Pro」が故障しても「MacBook Air」が同じ環境を再現してくれるポテンシャルがあるのだ。

4ポートに慣れていると2ポートは足りない

Blackmagic eGPU」に接続している際に、残りの1ポートでUSB-C対応CFカードリーダー「MR3C-AP010」を接続し、データを読み込んでいる最中にもう1ポートで「Time Machine」用の外付けHDDに接続しようとしたところ、2ポートしかないことを思い出した。

MacBook Pro 2018」は左右に2ポートずつあるのでポート不足になることはまずないが、4ポートから2ポートになると意外と困る場合もあるようだ。

ブログエディタで文字が付いてこないことがある

本日は次々と記事を書こうと朝からキーボードを叩いていたのだが、多数のアプリケーションを開きながら作業していると僕が使用しているブログエディタの反応が遅くなっていることに気がついた。

劇的に遅いわけではないものの、打ち間違えて数文字消そうとしても反応が遅れるせいで余計な文字が消えてしまうなど、小さいストレスを感じる機会が多かった。

これは「Blackmagic eGPU」に接続した状態でもダメ。まさに今この記事を打っているが、入力した文字がタイピングに付いてきてくれない

Google Chrome」の処理が遅い

これは「MacBook Air 2018」単体で使用している時に気がついたのだが、「Google Chrome」の反応も心なしか遅い。僕はなんだかんだで常時20個近いタブを開いているので負担が大きいのは分かっているが、それにしても「MacBook Pro 2018」では感じなかったような反応のライムラグがところ起きていた。

例えば、キーボードショートカットで前後のタブを切り替える際も、タブの中身が表示されるまでに時間差がある。少し重いページだと読み込みの反応も遅いと感じることもあったが、毎回というわけではない。

特に朝の時間帯は記事をモリモリ更新し、20個では収まらない大量のタブを開いているので、この処理能力には少し残念である。

「MacBook Air 2018」を使ってみた印象まとめ(3日目)

MacBook Air 2018 keyboard and egpu 02

本日1日を通じて「MacBook Air 2018」は僕の作業内容に対してついていくことが非常に大変そうだと感じた。

これまで15インチ型「MacBook Pro 2017」を使い、その後13インチ型「MacBook Pro 2018」に乗り換え、クアッドコアCPUとそれなりのGPU速度、高速なSSDを備えたマシーンからある種”ダウングレード”した状態なので仕方ないかもしれないが、3日目にしてメインマシーンとして使うのは厳しいと感じた。

実際、「MacBook Air 2018」を使った後に「MacBook Pro 2018」を使うとその快適さに感動する。ただし、本体のキーボードは間違いなく「MacBook Air 2018」の方が上。あの快適さは思わず叩きたくなる魅力を持っている。

あわせて読みたい