「MacBook Air 2018」のある生活:ウェッジ型はキーボードが打ちやすい、記事執筆は問題なし

Using MacBook Air day one 02

MacBook Air 2018」が手元に到着してから数日経った。世間的にはベゼルレスになった「iPad Pro 2018」の方が盛り上がっている印象を受けるが、僕は断然こっちの方がテンションが上がる。

予定ではすでにこの記事執筆時点でそれなりに使い込んでいるはずだったのだが、「MacBook Pro 2018」の1TB SSDから「MacBook Air 2018」の512GB SSDに移行する関係で、ストレージ容量不足トラブルに見舞われ、ようやく環境を移行することに成功。

今後数日間、「MacBook Air 2018」をメインマシーンとして使用し、実際に僕が日頃から行っている作業に対し、どの程度耐えられるのかについて検証した結果を紹介していきたいと思う。

MacBook Air 2018」のメインマシーン化1日目

購入したモデルのスペック(カスタム済み)
1.6GHZ DUAL-CORE INTEL CORE I5
Intel UHD Graphics 617
16GB 2133MHz LPDDR3 memory
512GB SSD storage

キーボードの打ち心地が「MacBook Pro 2018」より良い

この記事も「MacBook Air 2018」だけを使って操作しているのだが、「MacBook Pro 2018」のキーボードと比較して文字が打ちやすい。

キーボードそのもののタッチが若干柔らかく感じるということに加え、打っている時の音も「MacBook Pro 2018」と比べてさらに「ペチペチ感」が抑えられているように感じる。

また、本体に傾斜があるため、手首に掛かる負担が少ないような印象がある。これまではMac本体のキーボードで操作していると早々に手首が疲れてくることもあったが、今のところ「MacBook Air」ではそのようなトラブルには遭遇していない。

パフォーマンスに特に問題は感じていない

今日の作業内容はこの記事を含めた記事執筆を数本とウェブブラウジング程度。それほど負荷の高そうな作業はやっていないが、これらの作業に関するパフォーマンスは全く問題ない。

最初のうちは「Google Chrome」でタブを行き来する際のロード時間が遅かったような印象を受けたが、徐々にキャッシュなどで最適化されたのか、今は全くストレスなく使うことができている。

YouTubeを再生してみても特にこれと言った反応の悪さは感じていない。今後写真の編集などは試してみたいと思う。

充電が早い(気がするけど気のせいかな?)

晩ご飯を食べる前に充電し、約1時間後に電池容量を確認してみたところ、半分以下だったバッテリーが96%まで復活していた。

MacBook Pro 2018」がどの程度のスピードで充電するかなど気にしたことがなかったので実際に早いかどうかは分からないが、僕は早いような気がした。気のせいかな?

電池持ちはまだ良く分からない

公称値では「MacBook Pro 2018」以上に電池持ちが長くなっている「MacBook Air 2018」だが、「iStat Menus」を見ている限りではそれほど大きな違いは感じられていない。

今日は復元成功したばかりで充電しつつ使うこともあったので、明日、電池がゼロになるまで「MacBook Air 2018」で過ごし、どの程度持つのか試してみたいと思う。

物理ファンクションキーが嬉しいはずが、うまく打てない

僕はとにかく「Touch Bar」が大嫌いだ。存在意義が全くなく、存在しているだけで故障するリスクが高まるという邪魔すぎる存在であることからキーボード以上に「Touch Bar」が欠陥だと割と本気で思っている。

だから「MacBook Air」に物理ファンクションキーと「Touch ID」という組み合わせは神だと思っていた。そもそも「MacBook Pro」がこうあるべきだと思っていた。

ところが、いざ「MacBook Air」を使ってみると、どうやら物理ファンクションキーがある感覚を忘れてしまったのか、うまく「esc」キーが打てない。

自宅で「Magic Keyboard」を使っているときは物理ファンクションキーがあるので存在を完全に忘れていることはないと思うが、「Touch Bar」のある生活に慣れてしまったのか、左手の小指が「押し込む」という動作を忘れてしまっているようだ。

最悪だ。Appleはやはり直ちに「Touch Bar」を廃止するべきだ。

怖くなって「MacBook Pro 2018」でいくらかタイピングしてみたところ、全く問題なく「esc」キーをタップすることができた。もしかして、僕、「Touch Bar」に慣れてしまった?!

Retinaディスプレイは最高

「MacBook Pro 2018」から「MacBook Air」に変えてもRetinaディスプレイなのは重要。

厳密に言えば「MacBook Pro 2018」のようにTrue Toneに対応しなかったり、最大輝度が300ニト程度などの違いはあるものの、見比べて使うわけではないため特に違和感はない。

むしろ、旧「MacBook Air」から買い換える人はこのディスプレイを見てその美しさに一度気絶すると思う。Retinaになれると非Retinaになんて絶対戻ることはできない。

512GBで運用するのは個人的に厳しい

これは「MacBook Air 2018」の問題ではなく購入したスペックの問題ではあるが、個人的には512GBでメインマシーンとして運用するのは無理がある。最低でも1TBは欲しいので、もし1台で運用するのであれば僕だったら1.5TBを購入すると思う。

価格的に相当跳ね上がるため「MacBook Pro」も十分視野に入ってくる価格になることは事実だが、「MacBook Air 2018」が使いたいということであれば1.5TBという選択肢もあり得なくはない。

手に持った感じが好き

「MacBook Pro」よりも「MacBook Air」の方が、手に持った感じが好きだ。この感覚、何だろうか。

たった120gの重量差を感じているのか、それともウェッジ型ならではのフィット感が良いのか、いまいちよく分からないが、持ちたいと思えるのは「MacBook Air 2018」だ。

一方で、不思議なことに「MacBook Pro 2018」の方がコンパクトに感じる。縦横のサイズは全く同じだが、小さく感じる。謎だ。

「MacBook Air 2018」を使ってみた印象まとめ(1日目)

Using MacBook Air day one 01

普段は4コアCPUを搭載した13インチ型「MacBook Pro 2018」を使っている僕が2コアCPUの「MacBook Air 2018」を使ってみた印象としては、とても良い。

普段の仕事は十分にこなすことができ、ブラウジング、YouTube動画の視聴、Twitterのタイムラインチェック(「TweetBot」使用)、FacebookとInstagramのタイムラインチェック(Google Chrome使用)に関しては全く問題なし。

MacBookシリーズを比較してわかった「MacBook Air」の魅力でも書いた通り、やはり新モデルは多くの人が満足できる1台だと感じた。明日、引き続きモリモリ使ってみて使い勝手を試してみたいと思う。

あわせて読みたい